母子家庭パート主婦でも審査は通る?

カードローンの審査では、母子家庭、父子家庭などの身上調査はないです。
母子家庭ではパート主婦の言い方はせず、世帯主になり、配偶者なしで子有りの状態です。
消費者金融カードローンも銀行系カードローンも家庭内の事情は無関係であり、申込者の収入の有無が審査対象になるだけです。

パートの収入は?

お金を借りるときにいくら必要なのかが問題になります。
カードローン会社では、収入に応じた限度額の設定で、ローンカードではその範囲内は自由に出し入れができます。ですから、問題になるのは現在の収入の額です。

事情があり正社員ではなく、アルバイトやパートで母子家庭の大黒柱になっている家庭もあります。そんな場合でも、収入の額と申込者の信用情報の審査になります。

だいたい借入できるのは収入の3分の一の程度。
消費者金融では総量規制となっていますが、銀行カードローンでも同等です。
審査では、返済能力の確認のため、借入状況を調べるだけです。

その際に、他社借入があるのなら、限度額が減る程度か借りられない。
そうではない、今回が初めてのカードローン申込なら、母子家庭のパート収入でも審査は通ります。ただし、勤続年数が1年未満だと、審査が通らない場合があります。
パート歴は長いけれど、今の職場で長く勤めていることが条件になります。

もちろん大手消費者金融でも大丈夫

プロミスなどの大手消費者金融でも、金融機関でも融資ができます。
審査で信用情報も大丈夫なら、パート先への在籍確認ができればOKです。

収入証明書は、50万円以下のキャッシングなら必要ないです。
身分証明書として、運転免許証、パスポート、健康保険証などの提示が必要です。
それだけあれば、あとは母子家庭であることは一切問われないですので、安心してください。

お金を借りる

パートの収入では、100万円程度の年収が必要です。
母子家庭の場合は、母子手当などが入ることで、働く以外にも収入が多い場合があります。
契約者の年収は、公的資金は無関係になります。事実ではない数字ですが、あくまでも自分が稼いだ分だけを収入としてください。

稀に収入証明書の提出が必要な場合、公的資金が含まれていると、その分借入限度額を差し引かれることになります。最初から会社からもらっている収入だけを申告するようにしてください。甘い審査の中小消費者金融などでは、公的資金の収入に組み入れることがあります。

こちらの母子家庭のパート主婦の利用については、あまりおすすめできないです。
大手消費者金融、銀行カードローンの利用者で留め、それ以上に甘い審査のキャッシングは受けない方が良いのではないかと思われるのですが。一応、中小消費者金融でも母子家庭、パートの収入での審査通過はできないことはないです。

収入があるパートのキャッシング 審査は普通

パートの方のキャッシング、カードローンの審査は、特別なことはないです。
消費者金融も銀行系カードローンも収入に合わせた借入限度額になります。

パート主婦でも借りれる

プロミスなどの大手消費者金融では、主婦でも借りれると宣伝をしています。
そこで専業主婦はNG、パート主婦はOKです。理由は本人に収入があり返済能力があるからです。

大手消費者金融で自分名義のカードローンを持てるのは、パート主婦、アルバイト主婦だけです。もちろん正社員の主婦は文句なく申込ができます。主婦が借りれるカードローンとしては、大手消費者金融ではとにかく収入があることが必要です。

専業主婦の最後の手段

専業主婦は収入がないけれど、配偶者に扶養されていることで、生活ができている方たちを指します。要するに働かなくても生きて行ける、それがある程度の返済能力を認める事になります。

大手消費者金融では、審査は通らないですが、銀行系カードローンでは専業主婦でも借りれます。また、甘い審査の中小消費者金融では配偶者貸付制度で、配偶者の総量規制範囲内でのキャッシングができることもあります。銀行カードローンにしても配偶者貸付制度にしても他力本願的な借り方ですが、パートの収入がある主婦は違います。

あくまでも自分が契約者であり、配偶者の収入は無関係です。
名義も自分であり、返済能力がないと審査落ちです。
ですから、配偶者にも内緒でのカードローンも持つことができます。

ローンカードをもつためには

収入の安定の証明としては、1年以上の勤続年数、在籍確認などです。
これはパートに限ったことではないのですが、長い勤続年数ほど、審査は通りやすいです。

消費者金融では総量規制範囲内の借入限度額になり、年収3分の一です。
原則多重債務も可能とされていますが、現実には2件目の消費者金融申込はパートの収入では厳しいようです。信用情報的にも、パートやアルバイトで収入が高くない方は、多重債務は考えない方が良いでしょう。

金融事故がある場合は、審査落ちになります。
収入証明書は必要ないですが、もし50万円を越える借入では提出が必要です。
その際には、給与明細などでも良いです。

契約者がパートだとしても、必ず収入が低いわけではなく、高い収入の方もいます。
年収で、一般より「高すぎる」年収の入力で、収入証明書の提出を求められた方もいます。
夜勤関係、ナイトワークスなどでは、パートとは言え、収入が高い方もいます。
その時には、収入証明書を提出してください。

パートだから低い収入とは限定できないですが、審査によっては、総量規制以下の限度額になる場合もあります。理由の公表はないですが、パートと言う属性の低さはどうしても審査には影響が出ます。

勤続年数が短いパートの収入では借りられない?

パートでも借りれるというのが、消費者金融カードローン、銀行系カードローンです。
ただし、勤続年数はポイントになります。

少なくとも1年以上の勤続年数が必要

実際の口コミでは、1年以下でも借りれたとの内容はあります。
しかし、一応パートやアルバイトでは、1年は同じ勤務先であることが必要なようです。
審査担当者としては、返済能力を確認することになります。その時に、週3日のパートの収入。
月に7万円で、まだ半年程度の勤続年数であれば、多分審査落ちです。

これは、1年という区切りの良い数字だけではなく、審査では今後の返済ができるかを確認するためです。ですから、本人的にはもう半年も続いているパートだからではなく、審査ではまだ半年ということは、すぐに辞めてしまう?と懸念があります。これが、数年間の勤続年数であれば、審査もスムーズになります。

パートやアルバイトに限定されたことではなく、正社員でも同様です。
個人事業主などは、確定申告書の提出があることから、1年以上の業績が不可欠です。
パートのカードローン、キャッシングの審査では、1年間の勤続年数というのは、一応のボーダーラインだとされています。

収入が低くても勤続年数が長い方が有利

カードローンの借入限度額は、収入によって決まります。
いくら借入ができるかは、収入の3分の一が目処です。ですから、勤続年数数ヶ月で100万円の月収の方は審査落ちですが、勤続年数10年で5万円程度の月収の方は審査通過ができます。

それほど、長く勤めていることが必要であり、パートでも収入が少ないから借りられないというよりは、勤続年数が少ないことで審査に通らないことがあります。

できれば1年程度で、本当に年収の計算ができる時点での申込が妥当でしょう。
同じパートの仕事でも勤務先が変われば、合算されないことになります。
系列会社であり、出向の形の勤務では、給与の出処が同じなら大丈夫です。

パートで借りれた口コミ

過去にパートでカードローン利用した方で、又新たな大手消費者金融の申込しました。
収入などは変わらないのですが、今の勤務先が違う営業所になっただけで、勤務先の会社名が同じだとします。この場合、その会社に勤めていることには違いないので、勤続年数は継続して数字でOKです。前の勤務先と在籍確認の電話番号が違うことで、指摘が受けることがありますが、会社名が同じなら問題ないでしょう。

会社名が変わることで、戸惑いもありますが、どうしても気になるのなら、申込の前に、カスタマーセンターに質問をしてみてください。ここは様々な質問を受けることができ、困ったときの対応がわかります。納得してから申込をしてみましょう。

夫に内緒でお金を借りたいパート主婦

パート主婦が夫に知られずにカードローンを持ちたい。もちろんOKです。
パートの収入があれば、夫の存在は配偶者ありだけの欄です。

銀行カードローンも対応できます。
どうしても心配なら、インターネットの申込ではなく、電話での申込がおすすめです。

インターネットでは夫にバレるの?

カードローン会社では、申込者以外に情報を漏らすことはないです。
お金を借りる本人だけに具体的な話しをするだけです。
ここで電話が良いのは、ローンカードの存在と在籍確認です。

インターネット申込後に自動契約機でカード発行を受けたり、アプリなどでカードレスのキャッシングなら良いです。しかし、自宅にローンカードの郵送がある場合は、予め家族に内緒と言えば、対応してくれる場合があります。

また、在籍確認にしても、電話で女性が良いと希望が言えたり、レディースローンにすることで、担当者が必ず女性になるようになっています。この点は、金融業者では心配りをしてくれるので、素直に甘えることで、夫に内緒のカードローン、キャッシングをされることです。

審査に落とされないために

パート主婦だからと、審査が特別なものはないです。
ただし、現在他社に借入がある場合は、借入限度額が下ること。
場合によっては、審査落ちになることは考えてください。

年収3分の一の総量規制の限度額は、多重債務でも合算した数字です。
1社で総量規制ではないので、勘違いしないことです。大手消費者金融などは、同時に申込をしたり、短期間で数社の申込をすることでブラックになってしまうことがあります。ここは要注意です。

パートの年収が少ないほど、多重債務などは考えないことです。
審査落ちでも夫にバレることはないですが、無駄な審査落ちはしないことです。

勤務先には絶対に在籍確認がある

パートの勤務先には電話があります。
少ない収入だと在籍確認がないとか、大手消費者金融でも在籍確認がないとの情報があります。
大手消費者金融でもモビットは、社会保険証があれば、在籍確認がないケースはあります。

ただし、夫の扶養の社会保険証ではNGです。あくまでも本人の社会保険証です。
そして、収入が少なかろうが在籍確認は存在しています。
どんな金融業者でも金融機関でも契約には在籍確認がなくてはならないものです。

審査担当者がカードローン会社名を告げずに個人名できます。
もし、勤務先が夫に近い存在なら、◯◯さんという方から奥さんに電話があったよ、なんて密告かがある場合も。一応、在籍確認の対策もしておくと良いかもしれません。

パート主婦が夫に内緒でカードローンの契約するのは難しい?
勤務先が、夫と関係がないのなら、そんなことはないですが。

パートでも審査次第でまとめローンだってOK

パートの収入では、教育ローン、住宅ローン、自動車ローンなどの契約はできないです。
高い収入だとしても審査での低い属性がネックになります。

ただし、カードローンに関しては、それほど審査が厳しくないので、消費者金融系、銀行系でのキャッシングができます。まとめローンもできますが、この点だけは多少審査が厳しくなりますが。

カードローンの審査

パートでも借りれるカードローンでは、信用情報と安定した収入が審査のポイントです。
大きな金額の借入の目的ローンでは、保証人が必要な場合もありますが、正社員などの継続的な安定した収入が必要です。パートにしても、家の母は20年も同じ勤務先という方もいます。

確かに、これだけの勤続年数があれば、安定していますが、カードローンの審査は通りますが、目的ローンは審査落ちになることでしょう。クレジットカード名義は、パートの収入でもできます。

キャッシングと目的ローンの審査は違う

カードローンは、収入に応じた限度額をカードローン会社などで決めることができます。
大方収入3分の一ですが、属性によっては、極端の少ない借入限度額にする場合もあります。
この範囲内で借りれるというものです。

目的ローンに関しては、まとまった金額に対しての審査になります。
そこで、最初に審査ポイントになるのが、完済できる返済能力です。
その時点で、継続的な収入の行方ではパートでは不安ということになります。
正社員の属性なら良いということですが、パートとしては、ここでいきなり審査の壁があるということです。

ただし、カードローンではあくまでも年収からの審査ですから、借りれる範囲が限定的です。
そこで年収が少ないのなら、少ない限度額になるだけです。
それで、消費者金融も銀行カードローンも借りれるという判断です。

消費者金融などのホームページTOPの簡易診断でも、極端に少ない年収でも、借入がない方は申込ができますと出ます。そこから実際に借りれるかどうかはわからないですが、間口としては広いと言えるでしょう。

パートでも審査に通る

カードローンもキャッシングもパートで安定した収入があるのなら、お金が借りられます。
条件としては、勤続年数、信用情報で金融事故がないなどの利用者の情報が必要になります。
審査基準でそれがマッチすることがキャッシングができます。

アルバイトでもパートでも高い収入ではなく安定した収入があることがカードローン会社では必要な審査要件です。まとまった目的ローンではなく、ちょっと必要なときのキャッシングは、パートの収入でも審査通過ができることでしょう。