収入がポイント パート主婦は借りられる


カードローンの中でも、収入のない専業主婦向けのものあります。収入がない場合は一切受付ていない消費者金融等もありますが、銀行カードローンは、利用限度額を低く設定することで、専業主婦も利用できます。

では、パートで一定の収入ある方は?というと、一応専業主婦と同等の扱いですが、銀行カードローンが利用できます。そして、消費者金融はというと、専業主婦ではダメでしたが、パート等の収入があることで、利用限度額は低いですが利用が可能です。

ということで、現在は、パートでも借りられるキャッシングが多いということになります。アルバイトもパートと同じ扱いですから、成人以上の学生でも、消費者金融も銀行カードローンも持つことができるようになりました。

パートと言っても、多種多様で、人によっては正社員並みの収入があります。勤続年数も長く、年収が高ければ、利用限度額も高いです。大手消費者金融でも、専業主婦とパート主婦の区別をはっきりと付けていて。この場合配偶者の所得に関係なく、本人に収入があることで、審査をします。

以前は、正社員等でしか借りられなかった消費者金融、カードローン。銀行カードローンは専業主婦でも借りられるのですから、パート主婦は当然借りられるのは当たり前のことでしょう。

総量規制内ならパートの利用はOK


専業主婦でもOKの銀行カードローンは、利用限度額が一律です。30万円から50万円程度が現在の限度額ですが、パートをしている場合は別です。収入に応じた総量規制が関係し、年収の3分の一程度の上限があります。

ですから、パート扱いで月に10万円の収入があれば、年収は120万円で40万円までの借入ができます。専業主婦利用限度額50万円の銀行カードローンでは、その限りではありませんが、もっと収入のあるパートやアルバイトの方にとっては、正社員並みの利用限度額での利用ができます。

金融業者にとっては、返済の見込みがつかめれば審査はOKなのです。ですから、パートやバイトの方の多重債務もありの話です。総量規制限度内なら、数社の消費者金融、銀行カードローンを駆使することもできます。

最近では、消費者金融も銀行カードローンもその店舗だけではなく、コンビニなどで簡単に借入ができるようになっています。同時に返済もできますから、計画的に使用することです。

ただ一つ、パートアルバイトの場合、勤務してすぐの利用は難しいです。また自営等で、所得証明(企業名等)ができない場合も、別途審査をした上での利用になります。そのあたりの取扱によっては金融業者によって違いがあります。

総量規制以下になってしまう理由


パートでも借りられる消費者金融ですが、もし高い年収を申告したとしても、総量規制以下の利用限度額になる場合もあります。

例えば、300万円の年収の方は、総量規制は年収の3分の一ですから、100万円の利用限度額になります。しかし、職種でパートやバイトとした場合、それ以下になってしまうことがあります。

これが、一応正社員とパートの線引の一つです。というのも、金融業者としては、不安定なパートやアルバイトの場合、返済に対する不安があります。

また、金融業者の規定により、パートは◯◯円までという限度がある場合もあります。審査内容については公表しないことですから、予想でしかないのですが、パートであるためのハードルは存在しているということです。

ですから、どうしてももっと借りたいというばあいがあったとしても、消費者金融などでの限度額がありますから、無理と諦めるしかないのです。金融業者にとっても収入に関しては、何よりも大切な審査内容で、不安定な収入に関しては、警戒してしまうというのも仕方のないことでしょう。

あちこちの金融業者に行っても同じことですから、ここは借りられないものだと思うしかありません。残酷なようですが、それが現実社会です。

パートは多重債務ができるか?

パートでも簡単に作ることができる銀行カードローンですが、すぐに数社のカードローンや消費者金融の利用がある場合は難しいです。もし、借入がない場合は別ですが、既に数十万円の借入がある場合の、パートの方は、多重債務が原因で、審査が通らない事もあります。

正社員並みの収入があったとしても、正社員なら総量規制いっぱいの借入ができることが多いですが、パートやアルバイトは、その審査が厳しいのが現実です。数万円程度の借入がある時点での銀行カードローンの新規申し込みに関しても、審査が通らないこともあります。ましてや、過去に債務整理や返済を滞納している場合、パートやアルバイト、専業主婦等の審査は通らないと思ってください。

パートでもお金が借りられるというメリットの側面には、厳しい審査の存在があります。最初から多重債務目的での申込みに関しては、できないと思うことが必要でしょう。パートだとしても、個人信用情報機関の照会を元に審査をします。

ブラックリスト経験者に関しては、10年間程度の空きが必要ですし、それがあるために正社員にならなくては、銀行カードローンが作れないこともあります。もちろんそんな理由で作れませんでしたという説明を受けることもなく、審査が通りませんでしたの一言で終わりです。

返済できない事態にならないように


消費者金融等では計画的な借入を推奨しているのですが、パート、専業主婦や正社員に関わらず、借入に対する利息の高さ、返済額の確認は必要なことです。1万円の借入に対しては、1万円の返済ではないのです、特に気をつけたいのが追加融資です。10万円の利用限度額の範囲内では、何度でも借りられるのですが、それだけ利息が付きます。

債務整理に陥る方の中で、利息部分だけを計算したら、元本を大きく上回る事が多いです。ですから、元本だけの返済にすることで、返済が楽になることが多いです。要するに、高い利息が常について回るカードローンや消費者金融に関しては、計画的な利用が賢明なのです。

パートの方の利用限度額はあまり高くないとは言え、それは元本部分です。当然使い方によっては、利息が大きくなってしまう事もあるのです。

そして、もし返済ができない場合には、金融業者に連絡をするとともに、債務整理も考えましょう。早めの対処が必要ですが、一回でも滞納をしてしまう前に行うことです。

一般的に債務整理というと、何百万円もの借金が対象と思っている方も多いですが、その方が返済できない時、その時が債務整理の対象です。ですから、パートやバイト、専業主婦の場合は、低額であったとしても、債務整理が必要なことが多いのです。