パートでの収入があれば、カードローン契約はOK

パートの方がお金を借りることはできます。
パート主婦だけではなく、アルバイトとして時間で働く方も対応しています。
消費者金融系だけではなく、銀行系でもカードローンの契約ができます。

間口は広い

以前は、カードローンもキャッシングも正社員だけしか借りられないときがありました。
しかし、現在のカードローンもキャッシングも審査要件としては、20歳以上で安定した収入があることが必要です。パートで働く方は、たいてい週3日とか5日などと安定した働き方をしていることで、審査対象になります。

パートはいくら借りられる?

これは、あくまでも収入の金額に反映されることです。
消費者金融なら総量規制で収入の3分の一程度であり、銀行でもほぼ同額だとされています。

パートだから◯円、正社員だから◯円という借り方ではなく、年収が◯円だから、限度額が決まる計算になります。ですから、パートでも収入が多ければ、それだけ多くのお金を借りることができます。

パートでも申込ができるという事実

金融機関、金融業者ではパートは安定した収入があると認められていることが肝心なことでしょう。一般的に正社員とは違うパートでは、働き方によっては年収が100万円未満の方も少なくないです。

カードローンでは、一応の目安としては100万円程度の年収が理想としていますが、現状では70万円程度のパートでも借入ができるとされています。それだけ安定収入があるとして、カードローンが持てます。ですから、パート主婦が自分だけのカードローン利用をしたり、夫に内緒のキャッシングをすることも可能です。

専業主婦は?

パート主婦の話しが出ると、専業主婦との比較が気になります。
専業主婦は、銀行系カードローンの申込はできます。
パート主婦と違い無収入でも、銀行が決めた限度額の借入ができます。

ただし、大手消費者金融では専業主婦は審査に通らないです。
しかし、中小消費者金融などで、配偶者貸付制度があれば、配偶者の総量規制範囲内での借入ができます。とはいっても、限度額は少なく、配偶者の同意が必要な貸付です。
ですから、内緒でカードローンを持つことは、銀行カードローンでしかかなわないです。

大手消費者金融ではどうして借りられない?

大手消費者金融の審査要件では、安定した収入がある方です。
銀行でも同様ですが、専業主婦は例外です。

又、配偶者貸付制度も中小消費者金融での例外措置になります。
しかし、大手消費者金融では、あくまでも本人の返済能力がないと申込もできないという態度を崩していないため、パート主婦はOKですが、専業主婦はNGという審査になっています。

パートとカードローン 収入について

消費者金融も銀行も20歳以上が絶対条件でカードローンの審査を受けることができます。
借りるのですから、返すためには収入があることが必要です。

そこで、パートで働く方の審査は受けられるか?というと、大丈夫です。
ほぼネームバリューのある大手消費者金融でも銀行カードローンでもパートの収入での審査を受けることができます。審査通過に関しては、それぞれの信用情報などが大きく関係することになります。

借入限度額は収入によって違う

パートの審査は、収入確認などがあります。
これは正社員なら、少なくとも100万円以上の数字ですが、パートでは年収50万円程度では、借入ができないかもしれないです。

一応確認のためですが、年収50万円でのカードローンやキャッシングは厳しいと言っても良いでしょう。せめて大手消費者金融では年収70万円程度がボーダーラインだと言われていますが、あくまでも口コミによる情報です。

借入限度額は年収3分の一です。
消費者金融では総量規制でそう決まっていますが、銀行でも同等だと言われています。

働いているのに借りれない?

年収のことですが、あまりにも低いことでは、返済能力が乏しいと判断されます。
消費者金融系でも信用情報で金融事故がないにしても、少ない収入の審査では通過しないことが多いとされています。利用者の多くが、年収では100万円程度があると借りやすいということのようです。多重債務者に関しては、別問題ですが。

働いている返済ができるといっても、金融業者も金融機関もそんなに甘くないというのが見解です。一応は、それなりの収入がある方でなければ、カードローンの利用ができないということです。

総量規制以下の限度額だった

年収によっては、総量規制も認められない限度額になる場合もあります。
消費者金融などの審査内容は公表がないです。ですが、安定して収入がある程度の金額だったり、勤続年数なども関係した審査になるようです。ですから、短期間のパートの働きで、10万円程度の月収があったとしても、限度額で10万円程度の数字しか与えられないこともあります。

学生のアルバイトもこのような対応が口コミでありました。
これは、最初だけであり、完済をし続けて行くことで、総量規制範囲内まで引き上がることがあります。カードローンの申込に関しては、収入が安定していることが必要ですが、過去のクレジットカードの支払い状況などの確認もします。

クレジットカードも使っていない、キャッシング経験もなしのパートのカードローンの申込でも限度額が最初は低い場合があります。それは一応様子見ということであり、信用情報的には悪いことではないです。借りられただけでOKと思うことです。

どうしてもパートという職業、少ない収入、不安定な収入などでは、いくつかペナルティ的な要因が加わります。しかし、それは金融事故ではなく、消費者金融の手段としての方法ですから、あまり気にしないことです。

銀行カードローンの場合は、あまりに低い収入では、審査落ちしてしまうことが多いと言います。こちらの方が、年収に対する審査はシビアです。

パートのカードローン申込は簡単 入金までの流れ

大手消費者金融のカードローンの申込は、最近WEB完結が多いです。
必要書類は、身分証明書だけ。

50万円以下のキャッシング、100万円以下の多重債務者なら、それだけでOKです。
アプリで借りれる場合もあります。

パートが申込む場合も

少ない金額のカードローンの申込なら、身分証明書だけで本当に借りることができます。
収入証明書も必要なく、です。

スマホでもパソコンでも、電話でレディースローンの方法もいろいろです。
本当に簡単に申込だけができます。あとは審査回答を待つだけです。

審査では何をする?

申込内容の確認と信用情報の確認です。
20歳以上で収入がある。その上で、現在の借入内容、過去の延滞や遅滞、債務整理の有無など確認をします。パートであれば、収入があまり高くないでしょう。

多重債務はしないことですが、もし他社に借入があるとしても、それがすぐに返せる場合の少額であれば、審査通過もあります。しかし、できればパートの収入では、多重債務はしないほうが良いです。だって、無利息期間だから。これも納得ですが。

最終段階の審査は在籍確認

在籍確認は、勤務先に直接電話をする審査です。
パートでも、必ず勤務先と電話番号の記載をしなければならないです。
そこに、審査担当者が「個人名」で電話をします。
金融業者の名前は出さないので、在籍確認とはばれないです。

ただし、パート主婦で、男性担当者がNGなら、レディースローンに申込をすると在籍確認は絶対に女性です。この時間に電話が良いという要望も聞いてくれるようです。この場合は、インターネットの申込ではなく、電話での申込がよりきちんと伝えることができます。

在籍確認では、申込者がそこにいる必要はないです。
勤務先で電話にでた方が、◯◯さんは今いません、今日は出社していない、もう帰宅しました。
この返答だけでOKです。要するに、この会社に勤めていることが分かれば良いだけの電話です。

在籍確認が完了すると

返済方法などを確認して、自動契約機にいけばカード発行ができ、振込なら入金されて、カードは後で自宅に届きます。このとき、家族にばれないようにしたいという要望も聞いてくれます。
あまりわからない形の郵便物ですが、それでもドキドキするのはイヤです。

最近では、スマホで申込をしてカードレスだったり、カード発行なしの大手消費者金融もあります。パートで借りるカードローンですが、比較的簡単にできるものです。
身分証明書だけがあれば、気軽に申込もでき、大手消費者金融なら即日融資です。
振込の際には、自分の銀行口座が必要になります。

銀行カードローンの場合には、事前に口座がなければ申込ができないこともあります。
このときには、実際のキャッシングが先延ばしになりますから、注意が必要です。

パートはお金を借りられる、カードローンだって作ることが可能

パートの収入ではカードローンの申込ができる?
キャッシングの審査に通る?そんな不安も多いことでしょう。
カードローンの審査について考えてみましょう。

年収

高いに越したことはないのですが、カードローン審査で求めるものは、安定性です。
借入できる金額は、消費者金融では総量規制で年収3分の一と決まりきっています。
少ない収入の方に多くの借入ができることは絶対にないです。
銀行系カードローンは消費者金融より借りれると言いますが、現在はあまり変わりはないです。

パートで働く方が、毎月決まった収入がある。それが審査通過の最大のポイントです。
ですから、パート歴が長いほど、審査には有利であり、収入安定が、審査では重視されます。
年収100万円程度が良いとされていますが、70万円程度でも大手消費者金融カードローンの審査通過している方はいます。

正社員より勝る部分

それが勤続年数です。少ない収入でも長く勤めている方が有利です。
パートやアルバイトを10年続けている方と正社員1年では、信用度が違うと言います。
勤続年数が長いことは辞めない安心感があります。

転職したての方は、いくら高い収入であっても審査落ちすると言います。
パートで長く働いている方が審査には断然有利であることは納得でしょう。
そして、パートも独身より主婦が良いとされています。

これは、審査で世帯がある方が、勤務にも安定していると見られているからです。
独身ではすぐに引っ越しをしたり、転職してしまう?自由な暮らしぶりで浪費?
そんなことまで、審査要件に関係するとされています。

社会保険証

カードローン、キャッシングの審査では社会保険証が絶対的な信用になります。
大手消費者金融では、これだけで在籍確認がパスできる審査もあります。
パートではなかなか社会保険証がなかったり、配偶者の扶養に入っていることで直接的な関係はないです。

しかし、あなたの家庭の保険証が社会保険証である。これが1つの審査のポイントになります。
国民保険証では、自営業者などもいますが、配偶者がいる場合正社員であれば、なお良いとされています。実際にはパート週の審査には配偶者の情報は関係ないとされていますが、社会保険証の存在はカードローン審査にはかなり重要であることは確認しておいてください。

そして、自分がパートでありながら社会保険証を持っている。
これだけでも審査通過が高くなるとされています。

ということで、パートでもお金は借りられる

限度額が、収入に対応していることで、少なければ少なく、多ければ多く借りれるのがカードローンです。年収が、審査基準に合えば、毎月安定した収入があるパートはお金を借りる事ができます。

カードローンも自分名義のものを使うことができます。
消費者金融系、銀行系、信販系、物流系でも申込はOKです。

パートの方は銀行カードローンがおすすめ もしブラックになったら?

銀行系カードローンでは専業主婦でも借りれるところが多いです。
ですから、パートでも審査次第では、キャッシングできる機会があるということです。

例えば、現在お持ちの銀行口座で、カードローンがあるのなら、申込をしてみると良いでしょう。銀行口座がある場合、審査は早いと言います。しかし、現在銀行カードローンの即日融資はないです。

消費者金融系カードローンと比較をすると

金融機関のカードローンでは消費者金融よりも低金利です。
借りやすい環境だけではなく、返済がとにかく楽になります。
信用情報的にも、総量規制対象外の銀行カードローンでは、あとで大手消費者金融の借入したいときにも、審査通過率は高いです。

消費者金融からの銀行カードローンの審査は通らないですが、銀行カードローンを先に申込しておくことで、あとでも借りやすいことは確かです。

パートだけではなく、アルバイトも銀行カードローンがおすすめです。
ただし、学生は対応していない場合がありますので、注意してください。

パートの収入が足りない

パート主婦なら、専業主婦の借入にシフトチェンジが可能です。
配偶者が安定した収入であることを証明することができるのなら、専業主婦で最大50万円程度の借入限度額でのカードローンを持つことができます。

専業主婦専用のカードローンが存在していますから、パートで少ない収入での審査落ちになるよりは、50万円の限度額があれば、専業主婦枠がおすすめです。主婦の場合は、こうしたシフトチェンジができますから、それぞれのパートの収入に合わせて、申込内容を検討してみてください。消費者金融では専業主婦の借入も申込もできないです。

中小消費者金融の配偶者貸付制度

パートで働く方で、多重債務になってしまう方。
審査が通らないけれど、あとどうしてもお金が必要なら中小消費者金融の利用もあります。
総量規制範囲内ですが、ギリギリまでのキャッシングができる場合があります。

カードローンではなく、振込キャッシングであり、パートでも本人の収入があれば、申込ができます。専業主婦でも、配偶者の同意があれば、配偶者貸付制度で配偶者の総量規制範囲内で借入ができます。

しかし、この場合、ブラックになってしまっている場合は、中小消費者金融の借入も難しいでしょう。本来は、ブラック対応の中小消費者金融ですが、パートや専業主婦などは返済能力が低いと判断されることが多いので、ブラックになったら、借りられないことがあります。配偶者貸付制度では、配偶者がブラックでは審査落ちになってしまうとされています。

パートの収入が低いことで、多重債務者や債務整理者になってしまう、ブラックで総量規制以上の借入と言う内容はねキャッシングができないことになります。大手消費者金融にしても銀行カードローンにしても、パートでは多重債務そのものを考えないことです。