今、一番の低金利キャッシングとは?

お金を借りたい時に気になるのが金利です。
大手消費者金融、銀行カードローンでは、銀行カードローンの方が低いです。

インターネットで簡単申し込み

大手の銀行のみずほ銀行簡単、三井住友銀行カードローンなどはバナーなどでもおなじみです。
また、ネット銀行では、イオン銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、楽天銀行カードローンもあります。加えて、地銀や信用金庫のカードローンも低金利が揃っています。

ただし、銀行カードローンでは消費者金融より審査が厳しいこともあり、借りにくい、審査に通らないというデメリットがあります。低金利だから仕方ないという見方もあります。
審査と金利では、天秤にかけられると辛いことです。

大手消費者金融の良さ

即日融資です。
金利も多額でなければ銀行カードローンでなくても良い方もいますし、無利息期間もあります。
そして、最近ではセブン銀行でカードレスでのキャッシングもできます。

最近ではお財布を持たない方が多く、すべてスマホで解決している方も少なくないです。
いよいよキャッシングも?という時代です。
利用者は、このカードレス大手消費者金融の方法は注目されています。

もっと低金利なのは

銀行カードローンほどの厳しい審査でもないし、ローンカードもない。
振込でのキャッシングですが、最高12%で自身の総量規制範囲内のキャッシングがあります。

どこの消費者金融?消費者金融ではありません。
J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングです。
店舗を持たないネットキャッシングですが、スマホで申し込み後は、そのまま入出金ができます。

消費者金融と同じ貸金業法でのキャッシングです。
しかしながら、AIスコア・レンディングで低金利にすることができます。
スマホでのチャット形式の審査によって、さまざまな質問を受けることで、キャッシングの限度額と利息が決まります。金利が人によって違う、AIが判断をする新しいキャッシングになります。

銀行カードローンよりもお得

AIスコア・レンディングで判断をしても、銀行カードローンよりも低金利は約束されています。
金融機関以下の金利設定であり、銀行カードローン利用者以上のお得になります。
審査が厳しいのか?というと、大手消費者金融並と口コミがありますが、さまざまな質問に回答、それがJ.Score(ジェイスコア)にとってプラスになることが必要です。
ちょっとしたコツがあるのですが、真面目に取り組むことで、10%以下の金利でキャッシングもできます。

国内では、ここまでの低金利キャッシングはないですよ。
J.Score(ジェイスコア)は絶対にスマホからしか申し込みできないですから、ガラケー愛用者は、借りれないかな。

消費者金融系キャッシングでの最低金利は12%

消費者金融のキャッシングは簡単です。
インターネットで申し込みができるのですが、スマホからもラクラクです。
1分間ほどの入力で、審査も最速1時間程度です。

キャッシングは、カード発行も無人契約機や自動契約機ですぐに対応。
そして、振込も即日融資ができます。
金利は17~18%程度ですが、消費者金融では低いほうです。

消費者金融では低い大手消費者金融の金利

大手消費者金融以外の消費者金融と言えば、中小消費者金融や街金です。
これは、大手消費者金融で借入ができない方でも借りれるという評判の金融業者です。
ローンカードがない振込キャッシングです。

ブラック対応という点においては、金利が気になるところです。
中小消費者金融は18~20%と言う金利です。
大手消費者金融より高いとされていますが、中小消費者金融での18%はありがたい存在です。
金融事故者でも借りれるのですから、金利の高さは多少は仕方ないと思うしかないでしょう。
中小消費者金融でも、20%を超えることがないです。
返済額が多いと、この金利の高さが気になります。

消費者金融の限界を越えたJ.Score(ジェイスコア)

今まで、貸金業法でのキャッシングは大手消費者金融が金利が低い方でした。
ところが、貸金業法を利用するJ.Score(ジェイスコア)が登場しました。

注目が最高金利であり、12%です。
低金利の決定版として満を持して出てきたのですが、これから大手消費者金融の利用を考えている方は、J.Score(ジェイスコア)に行くことをオススメしたいです。
審査基準は大手消費者金融と同様であり、大手消費者金融で借りれるのなら、J.Score(ジェイスコア)が良いでしょう。

貸金業法のキャッシング

大手消費者金融、中小消費者金融、J.Score(ジェイスコア)は貸金業法のキャッシングであり、年収3分の一以内の限度額になります。利用者は、これ以上の借入ができないのですが、金利だけはそれぞれの金融業者で決めることです。

そこで、最初から低金利のJ.Score(ジェイスコア)が良いのです。
申込者の情報がAIスコア・レンディングによって診断されることから、自分の金利が申し込みをするまでわからないというお楽しみもあります。
それも先月と今月でも金利を下げる事ができる、そんな裏ワザもあり。これからもますます注目のキャッシングです。低金利というだけではなく、話題は豊富です。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングが最低金利のキャッシングができそうですね。最高金利で12%ですから、銀行カードローン以下はすごいことです。

今、一番の低金利キャッシングを探してみよう

お金を借りたい時には、安い金利だけど即日で借りられない。
即日融資ができるけれど、金利が高い。
即日融資もできないし金利も高いという3パターンの借り方ができます。

キャッシングにも種類がある

この中で、銀行カードローンが最初のパターンです。
昨年までは、銀行カードローンは低金利で即日融資ができて最適キャッシングでした。

ところが、2018年に入って即日融資がなくなりました。
即日融資ができる大手消費者金融では、高い金利ですが、17%程度です。多分、世間的にはカードローンというと、大手消費者金融がポピュラーです。
借りやすいのもありますが、即日融資なのが魅力です。

即日融資と高い金利は、大手消費者金融も銀行カードローンも借りられない方が利用できる中小消費者金融です。とはいっても、高い金利と言っても大手消費者金融と変わらない場合もあり、午後2時までの審査完了では、即日融資ができることもあります。

ということで

単純に金利が低いキャッシングでいうと、銀行カードローンになります。
持ってみたいネームバリューのあるみずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンなどは、通帳もあるし、ネットバンキングについてに申し込みも可能です。
銀行系カードローンと言って、大手銀行が良いのならオススメです。

また、ネット銀行のイオン銀行カードローン、楽天銀行スーパーローンなども、楽天IDがあると、審査も早いでしょう。

いずれも、銀行カードローンでは14%台の低金利の利用は嬉しいです。
消費者金融にある無利息期間は銀行カードローンが少ないですが、キャンペーンなどで、無利息サービスや金利半額などもあります。上手に利用ができれば、額面よりずっと低い金利で借入ができます。

金利ゼロが半年間の新生銀行のレイクALSA

現在ホームページで5万円まで無利息期間180日間というのが、レイクALSAです。
利用限度額ではなく、自身の借入が5万なら180日間が利息がなくなります。
カードローン商品としては、もっともお得です。ただし、一回きりの利用です。
これは、新生銀行とは言いますが、レイクALSAは消費者金融系のカードローンです。

大手消費者金融同様の総量規制範囲内の借入しかできない、多重債務は許容範囲ですが、返済能力がある範囲内での審査になります。たいていの無利息期間は30日ですから、お得内容になります。5万円以上のキャッシングだとしても、総返済額はとても少なくなります。

今回の低金利キャッシングはどれにする?

もし、少しの金額で30日間で完済ができるのなら、無利息サービスがあるカードローンが良いです。しかし、5万円までならレイクALSAが良いでしょう。
ゆっくりと返済ができますが、計画的な借入をオススメします。

信用情報が審査基準になる 審査が甘いと金利が高くなる?

審査が難しい。
金融事故がある方が、お金を借りる場合、安い金利よりあまい審査の選択になります。

中小消費者金融、街金のキャッシング

金融事故者のキャッシングは、中小消費者金融や街金など、審査基準が甘い所を探してみましょう。大手消費者金融で借りられない理由が、返済能力がないことではないことが必要です。

具体的には、多重債務で4社まである。延滞をしている、遅滞気味。
総量規制以上の借入をしようとしている場合は、中小消費者金融でも借入ができないです。
大手消費者金融でも中小消費者金融でも借りられないこともあります。

中小消費者金融でも金利18%!

18%というと、大手消費者金融と大した変わらないです。
多くの中小消費者金融が20%になっているのですが、18%や17.9%での借入ができることがあります。

中小消費者金融の融資はもともと少額融資になっていて、高い金利も気にならない方もいますが、金利は低い方が良いです。全国対応のインターネット申し込みができる中小消費者金融も多いですので、検索をしてみてください。

中小消費者金融の申し込み方法

インターネット申し込み後は、必ず電話があります。
申し込みの確認ということですが、大手消費者金融で借りられない審査落ちの理由、返済能力を確認する質問が続きます。この電話がなければ審査が進まないので、正直に回答してください。
きっと返済ができるということを訴えることが必要です。

信用情報や申込情報で審査基準に合っていることでの審査ですが、金融事故者でも借入ができるチャンスがあります。18%の低金利中小消費者金融での借入がベストですが、利息制限法20%以上になることはないので、そこは安心でしょう。

審査が甘いと金利は高い

これは、消費者金融が銀行カードローンより甘い審査になっていて、高い金利になっていることでも当たり前のことです。

しかし、2016年ですが、大手消費者金融並の審査なのに、銀行カードローンよりも低いJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングがでてきました。
消費者金融ではなく、AIが審査をするキャッシングです。銀行よりも低い上限金利12%の低金利で借りれます。無利息サービスではなく、もともと低金利の商品のサービス提供をしています。
魅力のあるサービスですが、条件としてスマホでの申込になります。
パソコンや電話、来店では店舗がないキャッシングです。

また基本の審査は、消費者金融などの金融事故や信用情報の内容によるのですが、金融事故者は最初から審査落ちになります。その後の審査内容として、多くの質問に回答をしていくのですが、日の回答によって、金利が下がります。今までにない審査方法に、興味本位の申込もできますが、それでこの低金利というのは、魅力の商品です。

とにかく低金利のキャッシングなら、最初は無利息サービスを使う

お金を借りるのなら、1%でも低いものを選択しましょう。
一般的に銀行系のカードローンが低いでしょう。
借入が多いほど、返済額に大きく影響が出ます。
ただお金を借りる時に、返済期間が短いと金利差があまり関係ないこともあります。

金利だけで考えてみる

大手消費者金融と銀行カードローンでは約2%程度の金利差があります。
ただし、大手消費者金融では30日間無利息期間があるところが多いです。
初回だけの無利息サービスです。普通に借りると銀行カードローンの方がお得です。

しかし、すぐに返せるキャッシングで、30日以内に完済できるのなら、金利ゼロの利用ができることになります。このことに気がつくと、今借りたいお金の完済見込みが30日でできるのなら、初回だけの大手消費者金融の利用が良いです。

これから利用したいのなら

銀行カードローンの低金利が良いですが、せっかくの大手消費者金融の利用をしたいのなら方法があります。最初に大手消費者金融の無利息期間でお金を借ります。
5万円まででしたら、新生銀行レイクALSAが180日間無利息になります。
これもお得であり、とにかく今のキャッシングは無利息で借ります。

その次に、低金利のキャッシングの申込をしたいのなら、銀行カードローンに申込をします。
この時に注意したいのが、前に申込をした大手消費者金融の解約をすることです。
返済額がない消費者金融契約などは持っていないことです。

いつかは使うではなく、使いたい時に申込をします。
このことが、審査の際の信用情報で有利になると言えます。

銀行カードローンより低金利のJ.Score(ジェイスコア)

銀行カードローンではなく、J.Score(ジェイスコア)は、ローンカードのない貸金業法のキャッシングです。みずほ銀行とソフトバンクの共同出資のキャッシング機関であり、スマホからの申込になります。キャッシングは、振込で行われるのですが、「みずほ銀行の口座」があり、申込しているスマホのキャリアがソフトバンクであるだけでも金利が下がります。

消費者金融系カードローンと同等の審査の内容になっていますが、低金利のキャッシングが約束されます。無利息期間のある大手消費者金融の利用後は、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングが良いです。契約していた大手消費者金融の解約後なら、金利を自分で下げることもできますので、注目してみてください。

返済方法は引き落としだけではなく、Pay-easyでも対応しています。
ローンカードがないキャッシングですが、カードローンがなくても不自由がないです。