↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

パート主婦だけど、10万円借りれる?

大手消費者金融、銀行カードローンの申し込みができます。
主婦でも収入があれば、専業主婦枠ではなく、パートの職種でOKです。
ここでは、収入だけに注目して考えてみましょう。

パートでも借りれるの?

収入があればということですが、毎月一定というのが決め手です。
また、パートでも大手消費者金融や銀行カードローンでは、最低70万円程度の年収が必要です。

それをクリアできるパートなら、審査対象になります。同様にアルバイトもです。
20歳以上であって、一定のアルバイトの収入があればOKです。
カードローン審査では、申込者の収入があれば審査に続きます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

10万円は大丈夫でしょうか?

消費者金融では総量規制と言って年収3分の一が限度額になります。
10万円では、年収30万円あれば良い計算ですが、年収30万円では借入ができないです。

ですから、最低でも70万円程度で審査対象になりますから、パート主婦年収70万円では10万円のキャッシングはOKでしょう。収入だけで判断した場合です。

銀行カードローンはどうかな?

ほぼ大手消費者金融と同様の対応です。
70万円程度の収入でも良いのですが、総量規制対象外とされています。
ですから、大手消費者金融よりは多く借入ができるのですが、大差はないです。

よって、パート主婦は10万円のキャッシングができます。
収入だけの判断ですが。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

申込情報では収入がポイント

信用情報の審査も当然ですが、もし初めてのキャッシングなら、収入がポイントです。
パート主婦でも、信用情報で問題がない場合は借りれます。

申し込みでは、既婚かどうかの質問はありますが、本人も収入があれば良いです。
その場合は主婦ではなく、パートと言う属性になります。
主婦がクローズアップされるのは、専業主婦の場合だけです。

夫に内緒もOK

これが魅力です。
自分の収入で申し込みができますから、配偶者の存在も関係ないです。
自分だけのローン専用カードを手にすることができますから、夫に内緒、家族に内緒のキャッシングができます。10万円も大丈夫でしょう。契約もスマホや電話でできますから、カードローン利用ができます。

借入はできますから、あとは内緒で返済です。
しっかりと完済ができることが必要ですが、たいてい毎月一定の金額です。
ただ、任意で返済日以外の入金で、繰り上げ返済ができます。
その時には、元金がどんどん減っていくので、金利計算が少なくお得です。

内緒ついでに早く完済できると良いです。
パート主婦の10万円は、結構大きい借入ではないでしょうか?

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

専業主婦はローン専用カードを作れますか?

専業主婦がカードローンを作れるか?
契約はできますか?

銀行カードローンなら大丈夫

専業主婦とは、審査上では20歳以上の無職、無収入です。
本来なら、無収入であれば借入ができないですが、銀行カードローンは専業主婦であれば、お金借りる事ができます。

カードローン利用ができます。
銀行によって対応が違いますが、原則配偶者の収入証明書などがなくも借入ができます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

限度額は少ない

当然ながら、限度額は少ないです。
20~50万円になっていて、低収入のパート主婦よりも高い限度額が与えられることがあります。
総量規制がない銀行カードローンですから、収入ゼロでも借入ができます。
銀行系のキャッシングは貸金業法ではなく、銀行法のキャッシングになります。

ローンカードにしても、大手消費者金融は専業主婦が審査対象にもならないのですが、銀行での借入を期待しましょう。金融機関のキャッシングなら専業主婦もOKです。

大手消費者金融との違い

銀行カードローンではデメリットとしては、即日融資ができないだけです。
大手消費者金融より低金利のキャッシングですから、大したマイナスはないです。

30日間無利息期間がないとか、レディースローンはないですが、返済のことを考えると、銀行カードローンは便利です。特に、専業主婦に人気なのが、イオン銀行カードローンです。
お買い物ついでにATMが使えるので、入出金が楽です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

銀行口座は事前に契約を

銀行カードローンは口座がある方が便利です。
カードローンと同時の申し込みでは、時間がかかってしまいますが、できれば事前に1,000円程度でも口座があれば良いです。
また、銀行カードローンというと、大手の銀行カードローンだけではなく、ネット専業銀行カードローンもあります。

そして、地銀や信用金庫のカードローンも注目です。
地域限定ですが、大手の銀行カードローンよりも低金利の場合があります。
地域によって、ばらつきはありますが、地元のカードローンを持つにはおすすめです。
専業主婦でもOKという点では、審査は期待できます。

信用情報で金融事故がないのなら

限度額は最高で50万円ですが、しっかりと信用情報の審査でブラックではないことが必要です。
今まで借入をしたことがない、カードローンが作れるなんて知らなかったという方も、是非経験してみてください。お得カードローンが無職の専業主婦もカードローンが持てます。

ただし、完済目指して借り過ぎは要注意です。夫に内緒にもできます。
この点でも銀行カードローンはメリットが大きいでしょう。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

専業主婦キャッシングと配偶者貸付

主婦のキャッシング事情では、夫に内緒にしたい方も多いです。
配偶者を全く関係ないにしたいのなら、収入があることで完全に内緒にできます。
銀行カードローンも専業主婦は審査ができますが、夫に内緒ができます。

大手消費者金融ではどうして専業主婦が借りられないのか?

貸金業法では、あくまでも総量規制範囲内でのキャッシングになります。
消費者金融系のキャッシングでは、収入がなければならないです。
無職は収入がゼロですから、総量規制もゼロになってしまいます。
大手消費者金融ではこの点では絶対に対応しないことで徹底しています。

大手消費者金融と同じ対応としては、クレジットカードのキャッシングです。
ショッピングのクレジットカードは専業主婦もできますが、キャッシングはだめです。
ところが、中小消費者金融や街金は、専業主婦でも借りることができます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

貸金業法の配偶者貸付

配偶者貸付の正確な定義は、夫婦の収入を合算して、その総量規制分を2人で貸付ができるということです。
ですから、夫300万円、妻0円の場合、300万円の総量規制は100万円ですから、100万円を夫婦でキャッシングができるということです。

大手消費者金融では対応していないのですが、中小消費者金融や街金、クレジットカードのキャッシングでは対応している場合があります。
この時に、配偶者が多く借りていて、総量規制を使い切っていたり、余裕がないときには専業主婦のキャッシングができない場合があります。
中小消費者金融での専業主婦の限度額は、50万円程度が最高ですが、収入の額によります。

配偶者貸付について

配偶者貸付は、配偶者の同意が必要です。
また、夫婦の証明書類の提出も必要であり、多少面倒な対応になります。
ですから、なかなかできない、夫に打ち明けられない。

あるいは、夫が妻に内緒のキャッシングをしていて、総量規制を使っていたと言う事実があったり。実際に中小消費者金融で配偶者貸付をする場合が少ないのはこうした理由です。
夫に内緒のキャッシング、妻に内緒のキャッシング。そんなことで夫婦間がぎくしゃくしてしまうこともあります。

中小消費者金融では、ブラックの借入ができるのですが、配偶者貸付については、金融事故の借入では審査は通らないです。
妻も夫もブラックになった場合は、配偶者貸付は考えない方が良いでしょう。

専業主婦は銀行カードローンだけ

あとは配偶者貸付しかないのですが、ブラックではないのなら、普通に銀行カードローンにすることでしょう。
ブラック対応の中小消費者金融ですが、配偶者貸付だけはブラックは借りられないということですから、配偶者貸付があっても、ということです。
夫に内緒にできないのもちょっと不便かも。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

主婦におすすめ!レディースローン

女子の主婦は、レディースローンの利用がおすすめです。
銀行カードローンではないのですが、消費者金融では女性だけの特典として、レディースローンコーナーを設けていることがあります。

レディースローンとは?

レディースローンと普通のカードローンの違いは、女性スタッフが応対することだけです。
金利も普通のカードローンと同じです。
なあんだ、大したことがない?と感じられるのですが、女性ならレディースローンというのは、消費者金融の一押しの対応になります。
ひょっとしたら審査が多少甘い?という情報はないのですが、主婦デネもこの女性スタッフで良かったということもないわけではないです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

主婦だからこその事情

女性スタッフの対応で、直に感じられるのは、在籍確認です。
在籍確認は、どのカードローン利用でも行う審査です。
勤務先に、担当者が個人名で電話をかけるという古典的な方法です。
その時に、レディースローンなら必ず女性です。

ところが、普通に男性の電話だったら、事情がまずいということはありませんか?まさか勤務先で、消費者金融ですというわけには行かないので、適当にごまかすという結果は回避したい。
それなら、レディースローンに申し込みをすることで、必ず女性の在籍確認になります。
主婦だから、夫以外の私用電話というのは、勤務先の雰囲気から回避したい方におすすめです。

その他問い合わせでも

メールでの問い合わせなら男女差はないですが、電話にしてもレディースローンは、女性が担当してくれます。いきなり男性では緊張してしまう方も安心して話ができます。

そして、何かと相談をしたい時もすべて女性が担当してくれるので、主婦だからというより、女性にとってもレディースローンは安心です。
大手消費者金融でも中小消費者金融でもレディースローンはありますが、銀行カードローンではないのです。こちらは男性担当もありますが、仕方ないでしょう。

レディースローンならではの対応

これは一部の金融業者だけですが、レディースローンになると利用限度額が低くなることがあります。
これは、審査基準を少し下げ、パートやアルバイトの収入を対象に少額融資を推奨しているためです。
消費者金融の限度額は年収3分の一の総量規制ですが、レディースローンでは、一部利用限度額が50万円などと決まってしまっている場合があります。

女性のためにカードローンの敷居を下げることと、夫に内緒で少しだけ借りたい方むけのサービスでしょう。それと、金融業者としても、女性顧客獲得のための作戦とも言えます。
いずれにしても、主婦のレディースローンカード利用はおすすめです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

主婦のキャッシング事情

主婦がお金を借りる。収入があるのなら、何ら問題はないことです。
男女差は収入がある方なら、審査上でも大差はないです。
レディースローンが存在しているのは、金融業者の女性客の獲得のためです。

主婦も借りれるという宣伝方法

未だにありますね。主婦・学生でも借りれるという書き方です。
大手消費者金融などでは、良く確認をすると、専業主婦はNGでということがわかります。
主婦の扱いとしては、パートやアルバイトという位置づけが理解できます。

現在は、会社員の主婦も多いですが、やっとの扶養範囲内の収入の方は多いです。
大手消費者金融では、そのパート主婦は普通に自分専用のローン専用カードを持つ事ができます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

専業主婦の扱い

大手消費者金融では、貸金業法で収入がない方の審査は通らないです。
ですから、専業主婦は大手消費者金融での借入ができないです。

しかし、銀行カードローンなら専業主婦もカードローン利用ができます。
最初から限度額が最高でも50万円程度ですが、堂々と専業主婦という属性で申し込みができます。大手消費者金融とは法律が違います。

もちろんパート主婦なら、自分の収入で申し込みができます。
ということで、「主婦」のキャッシングは、何らかの方法で借りれるということになります。

夫に内緒が断然多い

これが、自分のローン専用カードであれば、専業主婦でも内緒にできます。
ただし、中小消費者金融などの配偶者貸付では、夫の収入から総量規制範囲内の借入になり、同意書が必要になったり、夫の総量規制が連動してしまいます。

夫婦で総量規制の共有になってしまうので、内緒はできないです。
どうしても、中小消費者金融での利用は、収入がないと、大手消費者金融同様の対応で、夫に内緒のキャッシングができないことになります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

不安な方はレディースローンの利用を

レディースローンは、金利優遇はないですが、すべての対応が女性です。
金利の話、家庭の状況等を説明する時には、女性スタッフが対応してくれます。

在籍確認も女性ですから、安心です。
特に主婦であれば、夫や家族に内緒にしたいということも話しやすいでしょう。
問い合わせも女性スタッフになります。

利用限度額の変化

一部のレディースローンでは、利用限度額が低く設定される場合があります。そのようなレディースローンの場合は、たいてい審査設定も甘いです。
ブラック主婦のキャッシング等に応援ができることがありますから、相談してみてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓