専業主婦でも借りれる銀行カードローンと総量規制とは


毎月家計の中でしっかりやり繰りしていても、時期によってはどうしてもお金が足りないときがあります。専業主婦の場合、本人が直接得ている収入がないということから、借り入れができるところは銀行カードローンに限られています。

金融機関から借金をするといえば、消費者金融や信販会社(クレジットカード会社)がありますが、専業主婦はこれらから法律によって融資を受けることができないことになっています。専業主婦はどうして、銀行カードローンからのみ借り入れができることになっているのでしょう。

銀行とクレジットカード会社や消費者金融では、施行される法律の種類が異なるためです。銀行や銀行カードローンは銀行法、クレジットカード会社や消費者金融は貸金業法という法律であり、貸金業法では借り入れをする人を守る目的で総量規制というものが制定されています。

部分的に例外や除外になる借り入れもあるのですが、総量規制は借り入れの合計金額が、原則として融資を希望する人の年収などの3分の1までという制限です。例外や除外の対象になっているのは、マイカーローンや住宅ローン、入院費用などといった緊急事態の出費の融資などです。

総量規制の中身はこれだけではないのですが、専業主婦が直接関わるのはほとんどこれだけです。専業主婦というからには、本人は年収が存在しないことになります。年収などの3分の1にあたる金額がないことから、総量規制の対象外になるのです。

総量規制を守らなければならないクレジットカード会社や消費者金融は、こうした理由から専業主婦への貸し付けができないことにいなります。融資を依頼できる場所ということで、一見銀行カードローンも似たところのようなイメージを持たれがちですが、適用される法律の種類が違いますので、専業主婦は銀行カードローンに申し込むことができます。

銀行カードローンを利用できるようになったとしたら、総量規制というお金を借りられる金額の上限がないので、使い過ぎてしまうのではと心配になるかもしれません。しかし、最大30万~50万円などの上限が設けられていますので、借り過ぎを制限する仕組みがありますから、安心して利用することができるでしょう。

配偶者貸付制度なら専業主婦も融資を受けられる!


総量規制があることにより、専業主婦は銀行カードローンからは融資を受けることができますが、クレジットカード会社や消費者金融からは借り入れができない法律になっています。

銀行カードローンは母体が銀行ですから安心して借り入れをすることができるのですが、専業主婦は消費者金融から全く融資を受ける方法がないというわけではありません。配偶者貸付制度という、総量規制の例外の申し込み条件にあてはまる場合は、専業主婦であっても借り入れが可能になります。

配偶者貸付制度を適用できるのは、夫と妻の二人のうち一方のみが収入を得ている場合です。妻が専業主婦で年収が全くないとしても、夫が働いていてどこからも借り入れをしていないなら、年収の3分の1の金額を上限として妻の名義で融資を受けることができます。

とはいっても、専業主婦でも銀行カードローンから借り入れができますので、わざわざ配偶者貸付制度を利用する必要はないといえるでしょう。借り入れをしたら、返済をするときに金利を上乗せして支払いをします。配偶者貸付制度の消費者金融よりも銀行カードローンの方が低金利で借りられますので、あえて高い金利で融資を受けるメリットは見当たりません。

それでも配偶者貸付制度を利用したい場合は、提出書類を準備して申請をしてください。夫の婚姻関係があることを証明するため住民票など公的機関が発行する書類と、配偶者である旦那さんの合意書を提出します。

消費者金融によって規模に違いがありますが、規模によって対応が異なります。中小規模の消費者金融は配偶者貸付制度の申し込みを受け付けてくれますが、大手は最初から断られることが多いようです。配偶者貸付制度の手続きは、確認しなければならない書類に多大な時間や労力がかかるからです。

配偶者貸付制度の利用をやめて、銀行カードローンを利用するところを探す場合、誤って銀行系カードローンに申し込んでしまわないよう気を付けてください。名称では銀行とカードローンの間に「系」の1文字が入るか入らないかだけなの違いなですが、銀行系カードローンは銀行グループの大手消費者金融です。具体的には、三菱東京UFJ銀行の傘下にある大手消費者金融はアコム、三井住友銀行はプロミスなどが代表的です。

家族の誰にも知られることなく専業主婦でも借りれる?


銀行カードローンなら、専業主婦でも借りれることがわかりました。金融機関から融資を受ける場合は人それぞれ事情がありますので、ご家族の誰にも知られることなく借り入れをしたいというケースもあるでしょう。銀行カードローンから借り入れを行うことになったら、そのことを家族に知られないでいられるものなのでしょうか。

銀行カードローンの借り入れの手続きをスタートさせたら、例えばご主人の勤務先にローン会社から電話がかかってくることはありません。ご主人の収入証明や同意書が欲しいと迫られることもないので、安心して申し込むことができます。

その理由としてまずあげられるのは、銀行カードローンというのは連帯保証人や担保がなくても利用できる融資だからです。申込者がご本人様であるということは大変重要なことなので、ご本人確認はなされるのですが、カードローン会社としては配偶者であるご主人はこの契約に無関係なので連絡をされることはありません。

専業主婦が銀行カードローンを利用することに夫が同意していようがいまいが、確認されることはありません。申し込み時だけでなく、融資を受けている最中も借り入れをした資金を全て支払い終えるまでも、ずっと家族に知られずに利用できます。

申込者がご本人様であることが重要ということは、本人確認の連絡があることになります。しかし、このときも銀行カードローンとやり取りを行っていることが周囲に知られないよう配慮してくれていますので、心配は無用です。

あなたが本人確認の連絡先にご実家の固定電話を指定したとしても、連絡を入れる担当者は自分の指名を名乗り、カードローン会社の名前は名乗りませんので、家族が電話を取ってしまっても知られずにすみます。そのような心配をしなくてもすむよう、あなた個人が所有するスマホや携帯電話を連絡に指定すれば不安がなくなります。郵便物が届くことになっても発送先は銀行名が書かれ、カードローン会社の名前ではありません。

ただし、もし返済が期日より遅れてしまったり滞納などをしていると、はがきで督促が送られてくる可能性はあります。遅延しないのが一番ですが、遅れそうになったら銀行カードローンの会社に連絡をするようにしましょう。

申し込み時に銀行カードローン側は何を確認するの?


専業主婦が銀行カードローンの申し込みを行ったら、どんなポイントを相手側は確認するものなのでしょうか。金融業者には、借り入れの申し込みを受けたときに閲覧することができる個人信用情報というものがあります。これは信用情報機関が管理を行っており、申込書類の内容が一致するか照会がなされます。融資にまつわる情報からご本人の氏名、生年月日、運転免許証番号などを確認します。

この個人信用情報と申し込んだ内容に食い違いがあれば審査に落ちて、本来であれば希望額の融資を受けられたはずのところを、審査に通らず断られてしまうことも考えられますので、間違えがないように申請しましょう。

例えば、他の誰かの名義で申し込みをしたり、他社からも借り入れをしている場合に件数や借入合計額を少なく伝えるなどということは、絶対にあってはなりません。個人信用情報に載っていますので、簡単にバレてしまうことです。

カードローンが連帯保証人や担保を用意しなくても借り入れできるのは、本人の信用に対して融資をされるからです。誤った内容の申請をしてしまえば、信用できないと判断されてしまうだけですから、間違えを伝えてしまわないように気を付けてください。

カードローン会社側としては、融資をした以上はしっかり全額返済されないと損をするだけになってしまいます。そのような事態にならないよう、完済できる能力がある人か判断されます。専業主婦でまだ一度も金融機関からお金を借りたことがないという場合でも、携帯電話料金を滞納していたことがないかなど確認されるとのことです。

申し込みの必要事項には、氏名や住所などの他に借入希望額の欄があります。その金が高くなるほど、審査は厳しさを増していきます。自動車ローンや住宅ローンなどは融資されたお金を他の使途に用いることが禁じられていますが、カードローンはどんな使い方をしてもその内容を問われることはありません。

審査では、スコアリングという方法でポイントを加算して行われます。例えば、勤務先の欄では、中小企業よりも大手企業に勤めている方が高ポイントが入ります。賃貸の住まいで暮らしているより、持ち家の方が高い点数がつくといった具合です。これらのことが確認された上で、審査の結果が知らされます。

専業主婦も銀行カードローンで即日借入が可能?


銀行カードローンに申し込みをする場合それぞれの事情がありますので、即日借入を希望されることもあるでしょう。専業主婦であるかどうかに関わらず、誰が申し込みしてもどこの銀行カードローンを選ぶかによって異なります。あらかじめ即日借入を行っているところを選べば、専業主婦の方が即日借入を受けることは可能です。

銀行に口座がなくてもカードローンを利用できるところはあるのですが、そうでないところもあります。カードローン会社によってはその銀行に普通預金口座を持ち、返済は口座引き落としというところがあります。最初に借入の申し込み、次に口座を開いて、最後に融資が受けられるという流れになります。即日借入どころか何日もかかってしまう可能性がありますので、しっかり確認してから申し込むかを決めましょう。

ローン専用に利用するキャッシュカード(ローンカード)を発行してもらうことで、借り入れや返済の手続きを近所のコンビニ内に設置されたATMや、その銀行のATMなどでスムーズにできるところもあります。このローンカードが発行されて受け取ることができれば、その時点からすぐにATMなどで借り入れが可能です。

即日借入をしたい場合は、無人契約機にローンカードを受け取りに出向くなどの方法があります。カードローン会社によって詳細は異なるでしょうし、お近くに無人契約機があるかの場所の確認も行ってみてください。

家族や知人などに銀行カードローンを利用していることを知られたくない場合、ローンカードがお財布に入っていると知られるリスクが高まってしまいます。カードローン会社の銀行の普通預金口座に振り込んでもらうという、融資の受け方もあります。

銀行の振り込み時間は、一般的にも15時までという金融機関が多いですよね。この方法で銀行カードローンを利用したい場合は平日の14時までが申し込みのリミットのところが多いですから、間に合わせられるように確認しておきましょう。

カードローンは、申し込み手続きをしたら審査があり、通ると融資を受けられるようになります。14時までに申し込めばいいカードローン会社だとしても、14時寸前に手続きを始めたら、即日借入に間に合わないことも考えられます。申し込む人が多い時期は、早く手続きをした人から順番になりますので、余裕を持って早めを心掛けた方が無難です。