銀行カードローンの魅力は低い利子

銀行カードローンのメリットは、以前も現在も低金利です。
最高でも15%以上の利子は少なく、上限金利が14%台が多いです。
この利息は、大手消費者金融の上限金利17%台と比較をしても違いがあります。

利子は1%でも低いほうが良い

1万円で100円、10万円で1,000円の差ですが、金利は低いほうが良いです。
キャッシング利用者としては、多重債務になるほど、金利が低い方が返済額に大きく差が出ます。よって、キャッシングは銀行カードローンがベストとされる方も多いです。

利用限度額の差

銀行カードローンは、大手消費者金融より借入限度額が多いです。
大差が付くものではないのですが、銀行カードローンは総量規制対象外の商品です。
おおく借りたい、返済も抑えたいのなら、銀行カードローンの申込みが良いです。

キャッシングの基本としては、審査が厳しい商品からの申込みだと言われています。
現在なら、銀行カードローンからの大手消費者金融が妥当です。
金利と利用限度額が違います。

銀行カードローンの中でも比較

銀行カードローンというと、ネット銀行とメガバンクのカードローンが目を引きます。
しかし、必ず地銀や近所の信用金庫のカードローンも確認してみてください。
どちらも地域限定で営業区域内の申込みになります。

この地域性もあるのですが、ネット銀行よりも低い利子のカードローンが多いです。
その差は1~2%程度ですが、審査で取引があることで有利です。
そして、少しの金利安ですが、地元ATMで使えたり、コンビニATMも対応しています。

メガバンクのカードローンだけではなく、地元で低金利のカードローンがあれば、申込みの検討をしてみてください。ただし、審査には時間がすすることが多いです。

銀行カードローンより低金利の消費者金融ってある?

それが、J.Score(ジェイスコア)です。消費者金融で上限金利12%。
人によっては、少額キャッシングでも10%を切る場合もあります。

消費者金融ですが、ローンカードではなく、振込キャッシングの形でありながら、利子が大注目のキャッシングになります。総量規制範囲内のキャッシングになるのですが、審査に通れば、国内最低の金利でのキャッシングができます。銀行カードローンと合わせて考えてみてください。

銀行カードローンで審査落ちは大手消費者金融へ

金利が高いと感じられることですが、それで利息制限法20%以内になっています。
それだけ銀行カードローンが低金利ということです。