↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

メガバンクのカードローンで高いステイタス

どうせお金を借りるのなら、1%でも低金利が良いです。
カードローンは紹介されていますが、消費者金融カードローンより銀行カードローンが低金利です。

やっぱりメガバンクの銀行系カードローンが魅力?

その代表で言えば、みずほ銀行カードローン、三井住友銀行カードローンでしょう。
超ビッグでネームバリューのあるカードローンは、ステイタスも高いです。
高い限度額も魅力ですが、ローンカードを持っているだけでも嬉しいでしょう。

既に口座がある金融機関なら、すぐにカードローン申し込みができます。
最高金利でも14%台と良心的です。返済額が消費者金融とは大きく違います。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

消費者金融とは違うよね?

それは審査の厳しさもあります。
銀行カードローンの方が審査は難しいので、その審査に通ったというだけでも、気持ちが違います。
消費者金融なら誰でも審査に通るけれど、私は銀行カードローンが持てたという事実は嬉しいことです。実際に、安定収入であったり、返済能力が高い方ほど審査は通りやすいです。

しかも、地銀や信用金庫よりビッグネームの銀行系カードローンは魅力です。
自慢ですが、私のカードローンはメガバンクというのもステイタス的には嬉しいでしょう。
お財布から除くローンカードが自慢の方もいます。

低金利だけど、即日融資ではない

ここはガンです。
すぐに使えないのが、臨機応変ではないです。

審査の過程で、警察データベースの照会が加わった事、以前よりも審査が厳しさを増したことで、銀行カードローンの即日融資が不可能になりました。しかし、低金利だから良いか、という妥協点とステイタスは大きいです。
1%でも低い金利で、という方には銀行カードローンがオススメです。

なかなか審査に通らないというのが魅力

自慢が続く方であれば、すごいね、審査落ちしなかったというのも。
年収が高いほど余裕の低金利であり、みずほ銀行のカードローンはキャッシュカードでローンが完了します。スマートなキャッシュカード、ローンカードが不必要なのも魅力です。

銀行カードローンの場合、口座がなければならない方は、事前に口座開設をしてからの申し込みをしてください。でなければ、審査が遅くなります。
口座がなくてもカードローンの申し込みができますが、審査過程では口座があり、預金をしていたほうが断然有利です。

メインバンクですから、という申込者には有利になるとの口コミも多いです。
メガバンクのカードローンにあこがれている方は、口座開設が先決です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

限度額が大きく低金利ならオリックス銀行カードローンがオススメ

やっぱり低金利は、銀行系カードローンの方でしょう。
現在、1万円借りたとしても、15%超える金利はないです。

そして、普段からインターネットを使っている方は、ネット銀行のカードローンが便利です。
その中で低金利というと、オリックス銀行カードローンです。

何がお得?

100万円未満のキャッシングをしたい方は、あまりお得感はないです。
低金利は、100万円以上の借入をしたい方です。

オリックス銀行はネット銀行ですが、金融機関として年収が高い方向けのサービスが充実しています。カードローンもその一つで、利用限度額が800万円です。
誰でもこの金額にはならないのですが、その高い金額の時の金利が1%台です。
ということは、より多くのキャッシングができる方は、低金利でのお金を借りることができます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

そこで提案

銀行系カードローンは、総量規制がないです。
消費者金融と大きく違うのは、限度額の設定が銀行任せです。

最近では、銀行カードローンの事情が悪いというのですが、それでも審査の段階で、人をしっかりと見ます。
高い年収、安定した収入、勤務内容、勤務先などの判断から銀行にとって有益な客に対しては、有利な審査になります。
ただし、これは好評されるものではないので、確かではないです。

それなりの収入がある方にとっては、利息なんて高くても良いということはないでしょう。
たくさん借りられて、低金利であるほど得は大きいです。
そんな方たちには、オリックス銀行カードローンの高い限度額を実感してほしいですし、驚異の低金利は魅力です。

ブラックリストはNG

銀行カードローンすべてそうですが、個人信用情報の金融事故がある方は借入ができないでしょう。
多重債務は否定はしないのですが、返済能力がどこまで認められるかが大きな問題です。

面白い口コミとして、過去には多額のキャッシングをしたけれど、すぐに完済をしたとか、何回かキャッシング経験がある方は信用が高くなるとも言います。借りたことが金融事故ではないです。
完済実績が高いことが評価されるのですが、それが何回も続けて行うことは逆効果です。
少なくとも延滞したことは1度もなく、というのは最低条件です。

収入が高くないから

低金利でいつも100万円以下のキャッシングをしたい方は、オリックス銀行カードローンはオススメしないです。
低金利は限度額が高い方なので、数万円のキャッシングをしたいのなら、他の銀行系カードローンがオススメです。

消費者金融より低金利の銀行系カードローンはたくさんあります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

専業主婦の低金利カードローン あの銀行でカードローンが作れる

主婦に人気の低金利カードローンと言えば、イオン銀行カードローンと楽天銀行スーパーローンでしょう。
イオンでよく買い物をする方などは、イオン銀行口座を持ち、そのままカードローンも使っている方は多いです。
楽天会員なら、審査も少し甘くなるというのですから、魅力です。

専業主婦が持てる

ここが魅力です。
配偶者の安定収入があれば良いのですが、配偶者の在籍確認はしないです。

専業主婦は50万円までで、イオン銀行カードローンは13.8%、楽天銀行スーパーローンなら14.5%の低金利で自分のローンカードを持つことができます。
イオン銀行カードローンは買い物ついでのキャッシングと返済がATMでできたり、普段からイオンでショッピングをする方にとってはなくてはならない1枚です。
楽天銀行スーパーローンでも、楽天銀行と完全リンクをしていることで、マイページの移動が簡単です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

貴重な専業主婦可能のカード

口座がなくてもカードローンは申込ができるのも魅力ですが、この2つのカードでは、口座開設はオススメです。
イオン銀行カードローンでは、オート貸付の体制で引き落としで不足した分の補填ができます。
これはうっかり引き落としができない、困ったという急場を凌ぐ事ができます。
楽天銀行スーパーローンでは、楽天銀行との連動で返済もラクラクです。

そして、多くの銀行系カードローンでは、専業主婦が持つのが配偶者の収入証明書が必要だったり、30万円程度だったりと不満が多いです。
返済額も共に数千円からできます。自分の収入ではないので、少しずつ返済ができるのか嬉しいです。

ブラックリストではない専業主婦だけの特典

大手消費者金融では、どんなことをしても専業主婦のカードローンの申し込みができません。
銀行系カードローンだけの特典ですが、個人信用情報機関に金融事故がある方は、銀行系カードローンの審査は絶対に通りません。
低金利もそうですが、最初から数十万円の限度額しかないので、多重債務も不可能です。
債務整理なども簡単には借入ができないので、金融事故があるブラック専業主婦に関しては、申し込みそのものもできないと思ってください。

ただ、債務整理者にしても金融事故があったにしても、10年程度経てばまた申し込みができます。はたらくことをしない、パートにも出ないというのなら、じっと待つことです。
これで、パート主婦になった場合は、大手消費者金融カードローンなど選択肢は増えますが、銀行系カードローンの専業主婦枠のキャッシングはできないです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

低金利カードローンと無利息期間カードローン その先の話しもあり

低金利と無利息期間の間で、悩んでいる方もいます。

キャッシングとしては、銀行系カードローンの方が低金利ですが、大手消費者金融には無利息期間があります。
低金利と金利なしでは、返済額が変わりますが、無利息期間は1回きりのサービスです。
継続的なカードローンの利用なら、銀行系カードローンがよいのですが…。

そこで提案

銀行系カードローンと大手消費者金融カードローンの審査では、銀行系カードローンの方が審査は通らないです。審査が厳しいです。
絶対ではないのですが、口コミサイトでも銀行系カードローンの方を先に申し込みをするとよいとされています。
ですから、低金利の銀行系カードローンを申し込みをしてから、大手消費者金融の無利息期間サービスのあるカードローンで1回だけキャッシングをすると良いでしょう。

その大手消費者金融では、次回からは銀行系カードローンより高い金利になります。
継続的なキャッシングは銀行系カードローンが良いです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

どちらの審査にも通過できる人限定

銀行系カードローンと、大手消費者金融カードローンのどちらにもOKの方の贅沢な悩みです。
大手消費者金融では、無利息期間が終わったのなら、解約してしまう事もオススメです。
この大手消費者金融とは、二度と契約ができないかもしれません。

それでも、無利息期間が終わった時点で用無しなら、ダラダラと付き合う必要はないです。
その方が、銀行系カードローンの限度額にも良い影響を与えることになります。

解約って?

大手消費者金融の返済が終われば、解約と考えている方もいます。
しかし、完済後もそのまま契約は続いています。
ローンカードで、そのままキャッシングができるのですから。
個人信用情報機関的にも、借入可能額が残ったままです。

そこで、他社の大手消費者金融の申し込みをすると、大手消費者金融の借入がないとしても多重債務になります。
審査に直接影響はないのですが、実質数社の大手消費者金融の契約になります。

ところが解約をしてしまうと、個人信用情報では、多重債務にならないです。
無利息期間だけで新規契約してしまった場合、それが完済したら、解約。
電話1本でOKです。

使っていないカードローンは持っていない事

クレジットカードにしても、カードローンにしても普段から使わないものはさっさと解約がオススメです。
個人信用情報機関の内容で、あちこちに申し込みをしているだけでも審査に多少の影響があります。
借りました。完済しました、解約しましたがあれば、きちんとした返済ができる人との評価が得られます。

そして、低金利の銀行系カードローンだけ、できれば1社だけのカードローンライフを行うことを提案したいです。
延滞なしで返済できる金額のキャッシングをしてください。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

結局は、J.Score(ジェイスコア)の一人勝ち?

銀行系カードローンも消費者金融カードローンも、一長一短です。
それぞれにメリットとデメリットがありますが、金利で言えば銀行系カードローンが低金利です。

10%も違う?と言われたら、せいぜい3%が最高。
それを聞いて、3%程度ならという方、3%も?という方に分かれます。

金利は高いけれど

大手消費者金融カードローンは即日融資です。すぐに借入ができます。
キャッシングって、ここっと言う時にほしいよね?という方も少なくないです。

銀行カードローンでは、翌営業日のキャッシングが開始ですが、もし今日が金曜日で月曜日がハッピーマンデーなら?その時にすぐにキャッシングができる。
3%程度の金利よりも、今すぐお金が入手できる大手消費者金融カードローンの方が良い方もいることでしょう。
銀行カードローンを契約ができた、低金利で返済額が少ないとしても今お金が手元に入らなければならない時には、銀行カードローンは使えない事になります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

以前は使えたよね?

金曜日の申し込みでも、銀行系カードローンは即日融資ができたのは2017年までの話しです。
銀行カードローン利用者は、あれ?という感じでしょう。

現在は早くて翌営業日であり、審査によっては数日かかってしまう事もあります。
金利は低いのですが、使い勝手から行くとどうかな?
大手消費者金融でも無利息期間サービスを使えば、低金利銀行カードローンよりもお得キャッシングができるという結果も興味深いことです。

長い目でみると

銀行カードローンも大手消費者金融カードローンも、両方審査通過ができるのであれば、銀行カードローンの利用がオススメです。
金利も低く、返済が楽ですが、信用情報的にも厳しい審査に通ったことで評価は高いです。

同じカードローン利用ですが、金融機関と金融業者の違いはあります。
口座と連動してカードローンの利用や口座の取引関係で、増額が簡単にできたり、銀行としては顧客としての待遇はあります。
ただし、即日融資をしたい時には、金利は無視でしょう。

と、ここで紹介したいのが

J.Score(ジェイスコア)のキャッシングです。
銀行カードローンでもない消費者金融カードローンでもない、J.Score(ジェイスコア)の審査は、一応貸金業法の内容です。
消費者金融と同じ総量規制範囲内でのキャッシングですが、最高金利でも12%と銀行カードローンよりも低金利です。

しかも、ブラックリストではないこと、収入が安定している事が前提で、この金利をどんどんと下げるAIスコア・レンディングです。
10%以下で数万円のキャッシングができる方もいるという、驚異のキャッシングが実現しています。

みずほ銀行とソフトバンクの共同出資の新しいキャッシングの方法ですが、銀行カードローンも大手消費者金融カードローンも審査に通るのなら、J.Score(ジェイスコア)の審査を受ける事をオススメします。
ちなみに、うまく行けば即日融資、国内で最低金利のキャッシングができるかも?

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓