個人事業主のキャッシング事情

カードローンの審査では、収入の安定さがポイントになります。
ですから、個人融資のカードローンで個人事業主の立場は、アルバイトやパートの属性と同等です。確定申告書の提出で限度額は決まりますが、審査の段階ではなかなか厳しいものがあります。

銀行融資もあり

個人事業主では、事業のためにお金を借りるのに、銀行にかりることもできます。
審査が厳しく、必要書類も多いですが、できないことではないです。
個人融資としての属性は低い個人事業主ですが、事業としてお金をかりる事ができます。

また、銀行ビジネスローンの対象にもなります。
ただし銀行融資と銀行ビジネスローンでは金利が違います。
ビジネスローンの方が審査は甘いですが、金利は高いです。

さらに、銀行融資と同等なのが日本政策金融公庫の融資です。
事業計画などで、小規模事業に資金提供をしている日本政策金融公庫では、低金利の資金調達ができます。使わない手はないでしょう。

消費者金融の自営者カード

大手消費者金融の自営者カードでは事業用、生活用の用途は問わないです。
カードローンなどは、事業性資金では使えないです。ビジネスローンの申し込みになります。
個人事業主が使いたい用途によって、カードローンとビジネスローンの使い分けが必要ですが、自営者ローンだけは用途は自由です。

融資額にもよりますが、消費者金融のローンは比較的金利が高いです。
返済ができる範囲であり、事業用であれば回収などもきちんと考えて、キャッシングを考えましょう。

事業用には使わない

それなら、銀行カードローン、消費者金融カードローンでは個人事業主として申し込みができます。確定申告書の年収に応じた限度額になります。運転資金ではなく、私的に使いカードとしては、属性が安定しないアルバイトの審査で、信用情報で問題がなければ借入ができます。

キャッシングでは、事業と分けることで、返済計画をたてる事ができます。
カードローン会社、銀行のキャッシングでは、金利もさることながら、個人事業主では使いみちによって、申し込みは検討されることをオススメです。

最近多い在宅ワークの借入に関しては、個人事業主としてキャッシングができます。
事業に関係なく、確定申告書があれば、消費者金融なら年収3分の一の総量規制範囲内で審査通過ができます。在宅ワークでも事業用ならビジネスローンがオススメです。
書類が揃えば、在宅ワークでも個人事業主として審査は通ります。