お金を借りたいとき

お金を借りたい。その動機はいろいろです。
たまたま手持ちがなく、数日後には給料日。まとまった資金を調達したい。
そして、最悪なのが返済の目処がないのにとりあえずお金を借りたい方。

返済できれば借りれるというものではない

お金を借りる方法で手っ取り早いのが消費者金融や銀行のカードローンです。
ローンと言っても、住宅ローンのような面倒な手続きではなく、インターネットで簡単にできます。消費者金融ではものの1時間程度でキャッシングができる場合があります。
申し込みだけで良いのではなく、審査がありますが、大手消費者金融などではそれも早いです。

カードローン審査は、返済能力と現在と過去の借り入れ状況をデータとして確認をします。
大手消費者金融の借り入れが早くできるのは、機械的なデータから確認をするからです。
そこで、簡単に借りれる・借りられないの判定ができ、審査完了します。
ですから、インターネットで簡単に申し込みができても、審査でどうなるかがそれぞれの状況によります。

どんな人が借りれるのか?

消費者金融、銀行で審査基準が違います。
ただ、共通しているのは、収入があり、今まで延滞や遅滞がない方です。
また、多重債務といって、すでに借り入れをしている方が新たにキャッシングしたい場合、限度額で余裕があるかを審査をします。

審査基準でいうと、銀行ローンが一番厳しく、その後大手消費者金融が借りやすいです。
普通は、ここまでの消費者金融の利用になることでしょう。
大手消費者金融で審査に通らないと、残念でしたと諦める方も少なくないです。

中小消費者金融の選択は?

大手消費者金融で審査に通らなかったら、借りられないでしょう。多くの方はそう思います。
それでも良いのですが、審査基準が甘い中小消費者金融や街金もインターネット申し込みで借りられることがあります。

ただし、どんな理由で大手消費者金融の審査に通らなかった化を考えて、中小消費者金融等に行くときには、返済が可能な場合だけ申し込みを考えてください。

借りると言えば

生命保険に加入している方で、契約者貸付、年金などからも借り入れができます。
こちらは審査なしで借りる事ができる内容ですから、消費者金融で借金よりは、借りやすいです。すぐにカードローンではなく、信用情報で大丈夫でもこちらの内容は確認してみてください。
返済時の金利が大幅に低いです。