お金を借りる方法は1つではない

お金を借りる方法は、カードローンを基準にみていきましょう。
現在、簡単に借りれるカードローンは、銀行と消費者金融です。
そして、申込はインターネットでできます。

申込と審査

お金を借りるためには、申込だけではダメです。
要審査の文字がありますが、最低でも1時間程度金融機関や金融業者で審査を行います。
銀行カードローンの中で、公式サイトで即日対応であれば、早いですが、地銀や信用金庫のカードローンでは、数日かかったりすることが多いです。

最近では、ネット銀行カードローンが主流です。
審査が早いのは、大手消費者金融であり、審査通過で契約とキャッシングがすぐにかないます。
申込だけでは借り入れができないので、あまりにも簡単に考えることは危険です。

審査内容はそれぞれ

大手消費者金融のキャッシングの情報はサイト記事がたくさん公開されています。
総合してみると、金融事故があったり、収入がない方の借り入れができないようです。

金融事故とは、お金の貸し借りの情報が記録されている信用情報の中で、延滞や借り過ぎ等もNG条件です。大手消費者金融では1つでも金融事故があることで借り入れができない、審査に通らないとされています。このことは銀行カードローンでも同様です。金融事故に関しては、お金を借りるときに不利になりますので、注意が必要です。

信用が第一

信用情報では、過去の借り入れ記録もあり、債務整理をしていた方も厳しいです。
債務整理は返済できない方の救済策ですが、金融業者や金融機関にとっては、返してもらえない?という不安感があります。この場合も金融事故として審査落ちになってしまうことでしょう。

収入の問題

お金を借りる条件としては、収入があることは必要です。
銀行カードローンのみ専業主婦や年金受給者等で借りれるのですが、それでも収入かの有無は限度額にも大きく影響します。消費者金融では、絶対に収入がない方は借り入れができないです。無担保のカードローンでは、収入が唯一の担保となります。

審査に落ちどうしても借り入れができない方で、生命保険がある方は、契約者貸付制度でキャッシングができることがあります。信用情報機関等は無関係で、審査なしで借り入れができます。掛け捨て保険ではなく、解約返戻金がある生命保険が条件ですが、完済することで、契約内容はそのままになります。金利が消費者金融よりも低いので金融事故がない方もオススメです。