債務整理は早いほうが良い場合が多い

キャッシングは、審査があるものです。
審査では、申込者の現在の返済能力と過去の信用情報がポイントになります。

消費者金融と銀行の見方

信用情報で金融事故があると借りられないのが、大手消費者金融と銀行の審査です。
個人信用情報で、金融事故と言えば、多重債務、総量規制、債務整理などです。
どれがチェックされるかは、審査基準によるものですが、多重債務などは簡単に審査落ちになってしまうことが多いです。

そこで、甘い審査の中小消費者金融の提案もありますが、返済が大変になってしまうことで、債務整理をすることも提案します。

カードローンで自己破産

カードローンは、中小消費者金融ではほとんど発行されていないものです。
大手消費者金融や銀行で発行それるカードローンで、これ以上借りられない、その理由として返済ができないのであれば、債務整理も一つの手です。債務整理は、自己破産だけではなく、利息カットの任意整理、住宅ローン以外の債務整理の個人再生などがあります。

いずれもブラックリストの対象で、しばらくローン契約ができないのです。
しかし、自己破産をすることで、免責がおりれば、借金返済が法的にゼロになります。
最悪ではなく、リスタートと考えれば、早いうちの自己破産が良いです。

中小消費者金融にいく前に

借金で苦しいから、中小消費者金融にいく、最悪ヤミ金で少額の現金を手にしたい方も多いです。それは、やってはならないことであり、カードローンの段階で債務整理は是非考えてください。というのも、中小消費者金融では、任意整理返済中でも借入ができるブラック対応の金融業者です。

ですから、多重債務で中小消費者金融にいくのではなく、少し返済が楽にしてからの申込でも良いです。または、債務整理がイヤなら、カードローンの返済を楽にできるよう相談するのも一つの手です。

大手消費者金融や銀行カードローンで審査落ちなら、中小消費者金融にいくのではなく、自身の借金内容を確認されることをオススメします。個人信用情報で金融事故があり、それを債務整理で解決できることは、その後の借入にも影響を与えることになります。債務整理そのものは、金融事故が大きくなる前が良いです。

しかし、実際には、現実を真正面に受け止めることができない方が多いのが現状です。
多重債務で中小消費者金融にいく方も少なくないのですが、ヤミ金は絶対に阻止したいです。