免許証だけでお金を借りられますか?

大手消費者金融ではカードローンの申し込みの時に、身分証明書として運転免許証だけで申込ができるところが多いです。よって、免許証だけで借りれる場合はあります。

本当に運転免許証だけで良い?

大丈夫でしょう。
運転免許証の提出、コピーですが、住所とその本人が存在していることだけを確認します。
大手消費者金融などでは、住所や勤務先の情報を入力しますが、その本人確認の裏付けとして、身分証明を求められます。その時に、運転免許証だけで対応することが可能です。

それに変わるものとしては、パスポートですが、ともに顔写真があることが決め手です。
大手消費者金融の借入申込では原則必要書類として免許証だけでOKです。

免許証だけで申し込みができる条件として

免許証だけで借りるためには、コツがあります。
1つは、50万円以下の借入にすることです。

カードローン会社だけではなく、金融業者では一回に50万円以上の借入に対しては、収入証明書が必要です。この時に社会保険料領収書や地方税領収書では対応しないです。

ただし、納税証明書ではOKです。住民基本台帳カードなどではなく、身分証明書以外の収入があることを証明する書類が必要になります。

もう1つは、多重債務者は100万円以上の借入では同じく収入証明書が必要になります。
ローンカードを作るため、あちこちに申し込みをしている方は、どうしても必要書類が増えます。そして、多額の借入では運転免許証だけでは借りられないと思ってください。

銀行カードローンではどう?

銀行系カードローンでも同様です。
大手消費者金融の審査とほぼ同じで、少額の借入なら免許証だけでも申し込みができます。
ただし、即日融資にはならないので、時間に余裕がある方にオススメです。

もし、口座がある銀行カードローンなら、話は早いです。
すでにある程度の情報がありますから、免許証一つで申し込みができます。

審査について

ここでは、大手消費者金融も銀行カードローンも免許証だけで申し込みができるだけの話です。
審査には関係なく、申し込み段階で必要なものです。
あくまでも本人確認の書類です。免許証と同等の身分証明書がパスポートです。

しかし、保険証各種の場合は、もう1つ身分証明書が必要になる場合があります。
住民票のコピーなどの公的書類がなくてはならない場合があります。

SMBCモビットの場合

免許証だけで申し込みができますが、社会保険証をお持ちなら、在籍確認がパスになります。
SMBCモビットのメリットとして、社会保険証がある勤務先であるのなら、勤務先への電話が不要になります。ただし、もう1つの証明書が必要であり、その時に免許証だけで十分対応できます。

金融会社では免許証だけで原則申込OK

消費者金融カードローンの申込条件では、20歳以上で収入がある方が対象です。
その時に必要なものは身分証明書です。場合によっては収入証明書のコピーが必要ですが、少ない金額の申込であれば、身分証明書、免許証だけで十分です。

住民基本台帳カード

こちらも免許証と同等の内容です。
免許証がない方で、簡単に大手消費者金融カードローンに申込したい方は、住民基本台帳カード、パスポートが対応できます。銀行系カードローンも同様ですが、顔写真があり、公的に認められた身分証明書として使用ができます。

ローンカードの申込では、本人確認が必須です。
その時には免許証があればOK。審査次第では、そのまま借入ができます。
住民票などは、多くの借入だったり、中小消費者金融などでは必要なことがあります。
しかし、大手消費者金融、銀行カードローンの申込では、50万円以下の申込では免許証だけで審査に突入することができます。

土日でも大丈夫?

主に大手消費者金融カードローンですが、土日の営業をしています。
ただし、審査の過程で在籍確認があります。

これは、勤務先に直接担当者が電話をして、在籍していることを確認します。
これができない場合、借りられないことがあります。それまでの審査は通ったとしても、在籍確認で怪しいことで、審査に通らなければ借りられないです。

ですが、社会保険証をお持ちの方は、SMBCモビットの大手消費者金融カードローンの申込であれば、最初から在籍確認は免除される内容になっています。

信用情報などで問題がなければ、SMBCモビットでは、免許証と社会保険証のコピーの提出で借入ができる方はいます。コピーも紙ではなく、スマホカメラの画像でOKです。

画像はキレイに

大手消費者金融カードローン一覧では、ほぼ免許証だけでの申込を受け付けています。
ですから、出先でお金が足りない、キャッシングの申込をしたい場合でも、免許証があればOKです。画像は鮮明にして、裏に何も書いていないとしても、表裏の画像を送ってください。
ここは表裏ないと再提出をしなくてはならないです。

土日でも審査ができます。
申込時間によっては、カードローンができない場合がありますが、指定銀行で24時間対応の大手消費者金融カードローンもあります。申込の前に是非チェックしてみてください。

審査の過程で、この免許証の存在はとても大きいです。
細かなことですが、免許証の住所と入力する住所は全く同じが良いです。
変に略して書いたり、違う場合は指摘を受けることがあります。

大手消費者金融では、審査通過では電話確認などはないので、スマートに申込をしたい方は気をつけてください。キレイな画像に間違いない情報がポイントです。

免許証の画像アップロードですぐに申込

免許証だけの本人確認でキャッシングができるカードローン会社では、必要書類の提出方法はいろいろです。

WEB完結にしたいのなら

インターネットで提出では、画像を送ります。
アプリが使用、添付等での対応ができます。
この時に気をつけたいのが、鮮明な画像で表裏のコピーが必要です。
裏には何も書いていない場合でも、そのままの形で画像を写してください。

WEB完結の申込では、入力して終わりではなく、この身分証明書の提出だけでFAXだった時代もありました。現在は、スマホカメラなどでそのままアップロード提出ができます。

勿論こんな方法でも

郵送、faxでも対応しています。
この方法では、免許証確認次第審査が進みます。
Faxでは即時対応ですが、郵送では時間がかかります。
それでもスマホは使えない、faxが不安な方は郵送でも大丈夫です。

店頭窓口や来社での審査では、そのまま見せる、コピー持参での申込になります。
たいていコピーを持ってきてくださいと言われるので、時間がない時等は、コンビニで表裏のコピーをすると良いでしょう。

免許証は持ち歩いている方は多いでしょう

キャッシングの時に免許証だけで申込ができるのは嬉しい対応です。
自動契約機などでも免許証だけで申込ができますが、セブン銀行ATMでスマートフォンを使ったアプリキャッシングもあります。

こちらも大手消費者金融の対応ですが、ローンカードはなく、スマホでの取扱になります。
振込依頼もできますが、セブン銀行ATMで スマホで入出金が可能です。

免許証も持ち歩いている方は多いですが、スマートフォンも同様です。
財布の中にローンカードはないけれど、スマートフォンはいつも手元にある方、免許証同様にキャッシングで使えるアイテムです。

この時、スマートフォンでの申込でも身分証明書は免許証になります。それをセブン銀行ATMに画像をアップロードする形でOKです。簡単に借りれるこの上ないのですが、大手消費者金融だけは気軽に借入ができる用になっています。

おすすめカードローンとしては、顔写真がある免許証だけで借りれる、スマートフォンがローンカード変わりになるアプリキャッシングなどです。若い利用者が多いようですが、出先でキャッシングしたい、ローンカードがないというときには便利な方法です。

セブン銀行ATMだけは、国内で必ず存在しています。
地方の小さな街でも必ず1店は確認できますが、24時間ではない場合があります。
身近なセブン銀行の店舗以外、特に地方では、下調べをしてからのお出かけでオススメです。

大手消費者金融の申し込みなのに、免許証だけではダメだった

カードローン契約では、50万円以下のキャッシングでは、免許証だけでOKです。
免許証だけで借りれるおすすめカードローン一覧では、大手消費者金融はすべてと言っても良いでしょう。

免許証だけでは申込ができなかった

中には、こんな例もありますが、収入証明書を求められることがあります。
免許証だけでは不備ではなく、審査の過程で収入証明書が必要な方もいます。

借入希望額が高い

消費者金融では50万円以上では、免許証等身分証明書だけでは審査は通らないです。
50万円というのは、借入額としては、少額の最高限度額です。
これ以上では、収入証明書がないと借入が困難と考えられています。
ですから、申込のときには、50万円以下にすると収入証明書は不要なはずです。

多重債務の場合

大手消費者金融では、多重債務者も申込ができます。
その時に、借入金額が100万円以上になる方も収入証明書の提出を求められることがあります。
100万円と言えば、多額な借入ですが、もし1000万円超の年収の方では大した金額ではないです。

しかし、消費者金融側としては、一応収入証明書がないと、多重債務に対応することができないです。ちなみに大手消費者金融の申込では、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローン等の銀行系カードローンは多重債務には入らないです。

ここでいう多重債務とは、他社消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠の借入になります。どんな借入をしているかは聞かれないですが、何社借りている?いくら借りている?の質問はあります。

個人事業主、自営業者

確定申告書が年収が決まっている方は、大手消費者金融では免許証だけではなく、確定申告書か所得証明書のコピーを求められることがあります。

属性で個人事業主とあれば、消費者金融側では、個人カードローンでは不安定な収入であり、適当な年収を書いてある?と勘ぐっています。

本当にそうしたいい加減な申込が少なくなく、年収とあるけれど、本当に申告していますか?の確認です。◯◯会社勤務なら、在籍確認がわかるのですが、個人事業主や自営業者では、本当に収入が存在しているかを確認するようです。

個人事業主にとっては、免許証だけでは申込が完了しない、多少面倒なことですが、確定申告書のコピーをご用意ください。それを提出することで審査が進みます。

ちなみに収入があったとしても

免許証だけで会社勤めでは申込ができます。
パートやアルバイトも大丈夫ですが、日雇い労働者、1年未満の勤続年数などでは、審査そのものが進まないです。免許証だけで申込はできるものの借りれるかどうかは審査次第です。

ちなみにブラックリストに関しては、大手消費者金融では金融事故情報がある申し込みは審査落ちになります。

他人の免許証でキャッシングができる?

顔写真がある免許証、パスポートでは消費者金融の身分証明書としては、1つで大丈夫です。
保険証の場合は、住民基本台帳カード、住民基本台帳カード、住民票等の提出が必要です。
顔写真があることで偽造ではない証明ですが。

他人の免許証でお金を借りる

犯罪記録として、この手の内容はとても多いです。
店舗や自動契約機での申し込みではない場合は、顔はどうでも良いです。
顔写真がある身分証明書としての保証はありますが、他人がそれを使ってもわからないからです。

ですから、免許証や保険証、住民票等もそうですが、消費者金融などで身分証明書となるものを紛失した場合は、すぐに届け出をすることが必要です。
顔写真のある免許証で、勝手に大手消費者金融の申し込みをされます。

簡単には借りられない仕組み

例えば、免許証を落としたとして、誰かが拾ってそれでお金を借りようとします。
現在、申し込みでは、氏名と住所だけではなく、在籍確認に必要な勤務情報も正確に必要です。

そして、信用情報ですが、申し込み入力のときにいい加減な内容の場合は、即審査落ちになります。間違えましたというのはNGであり、なりすましでの申し込みができない事になっています。

それでも、個人情報も筒抜けの関係で免許証の悪用がある場合は、まんまと自分の免許証でお金が借りられることがあります。犯人がルームシェアをしていた人だったという信じがたい事実もあります。住所も同じですから。

そのまま完済してくれれば

そんな甘いことは言えないですが、本人が知らないうちに大手消費者金融の借入をされている事件もあります。ある時、本当に自分で申し込みをしたときに、信用情報の金融事故がある。身の覚えのない情報があることも。

たいていこの手の詐欺では、途中で返済ができずに、免許証本人のところに連絡がきて事件発覚になります。被害届を出すことで警察が動きますが、最近ではATMのところに防犯カメラがあり、たいてい犯人もわかります。ただし、被害の内容では、どこまでの回復ができるかは不明です。

免許証で簡単に借りれるから

こうした事件が起こるのも書類提出が免許証だけという簡単にできるからでしょう。
本来は気軽にキャッシングができるメリットメリットですが、犯罪に使用されることでは、大変な被害を被ることになります。

犯罪ではなく、友達の免許証でお金を借りるブラックリストも存在しています。
こちらも犯罪になりますので、気をつけてください。