区役所でお金を貸してくれるの本当?

区役所や市役所、役所でもお金を借りる機関があります。
キャッシングできる?ということばは、軽すぎです。
あくまでも福祉資金としての借入になります。

生活保護

最終的にはこの生活保護で、返済不要のキャッシングでしょうか?
厳密にこのようなことばは不謹慎です。そして、生活保護をもらうには、制約も多く誰でも利用できる資金ではないです。

借金がかさんで、返済ができないから生活保護をもらいたい。
この場合、借金がある身分での生活保護は厳禁です。
仕事をしていないのが、できないから、身体的精神的名理由が必要です。

そして、生活保護を受けてからの借金は厳禁になっていて、なにかと不都合が多いのが生活保護です。人間が最低限の暮らしをするためのお金として支給されるのですから、借金返済という目的での生活保護の存在はないです。

支援資金の存在

例えば、教育支援資金、生活福祉資金、総合支援資金などは、返済ができる方限定の資金です。
こちらは生活保護とは違い、必ず完済画をしなければならないです。
または、然るべき項目でクリアすることで、返済なしで支給されるものもあります。

しかし、多重債務で返済ができないから頼るというのはできないことです。
というのも、福祉資金では、金融業者にはない審査体制があり、返済すべき借金が金融業者のものである場合、それだけで審査落ち、借りられないことになります。
要するに、区役所で借りるお金では、各種返済に充てる事ができないということです。

役所にお金を借りにいく

このときに、どうしてそんなにお金が必要なのかと言う話しから入ります。
途中で、借金の存在、病気のことなどの話しがでたり、今は実は持ち家であり、という内容では、あくまでも福祉の観点から、貸付制度の利用の可能性は模索してくれます。
どうしても返済ができない借金がある場合には、弁護士が入り、債務整理も検討されます。
普通借金をしていては、役所からの借金などはできないのですが、現在苦しい生活事情を話すことはできます。その上で、借金のこと、生活のことなどをきちんと説明してください。

多重債務なら迷いなく自己破産になることが多いです。
その上で、働けないのなら100%生活保護の可能性ですが、返済ができるのなら、生活福祉資金貸付制度の利用などもあります。なお、無利息ではない場合もありますが、低金利の設定になっています。返済ではない人には貸さないです。