会社連絡は在籍確認のため

消費者金融カードローン、銀行カードローン、クレジットカードの申込では必ず在籍確認があります。これは申込の時に勤務先を入力しなければならないのですが、金融業者、金融機関は会社に連絡をします。それは、申込者が本当に働いていることを確認するためです。

そんなことは困る

ご安心ください。在籍確認では、担当者が個人名で申込者が居るか聞くだけです。
担当者は、◯◯ですと会社を名乗るのではないので、私用電話的な内容です。
本人が居れば、電話を変わって簡単な質問だけです。

いない場合は、勤務先ででかけていますと言えば、働いていることが証明されることになります。クレジットカード会社では、会社名を言ったとしても、カードを作ったからと言い訳ができます。

異性からは困る

女性の申込者では、担当者が男性の個人名では困ってしまうことがあります。
その場合は、事前に同性の担当者の指名やレディースローンの申込で解決できます。
男性でも同様に男性担当者に依頼をしましょう。

レイクALSAの在籍確認

レイクALSAにカードローンの申込をすると、本人確認のために本人に電話がかかってきます。
そして、今か会社に在籍確認の連絡をしますと言われます。
この対応で、在籍確認が行われることを確認することができます。

また、金融業者では、指定時間を聞かれることがあります。
午前と午後のどちらが良いなどで、都合を聞いてくれるところもあります。

なんと在籍確認なし

モビットでは在籍確認はないです。
提出書類で在籍確認の代わりとしてくれるもので、会社名が入った給与明細などがあれば、在籍確認なしで審査完了です。セブン銀行のカードローンも原則在籍確認はないです。

しかし、こちらは限度額50万円の少額融資していないですし、銀行カードローンにしては金利が高めという内容です。それでも、勤務先での私用電話もちょっと困ってしまう場合は、在籍確認なしのキャッシングを選択すると良いでしょう。基本的に、在籍確認がないと、勤務先がダミー会社の疑いもあり、審査もできないことになります。

会社に取り立てもなし

返済していないと、本人には連絡がきます。
会社まで連絡をすることは、正規の金融業者では絶対にないです。

しかし、ヤミ金などの場合はその限りではなく、中小消費者金融の一部でも個人名ですが取り立てがある口コミもありました。返済しないほうが悪いのですが、ヤミ金だけは縁しないことです。