大学生でもお金は借りられる

大学生の借入先は、いくつかあります。学生ローンと収入があればカードローンです。

学生ローン

大学生を対象のキャッシングです。奨学金の支払いで生活が大変とか、親には言えないキャッシングをしたい方で、収入がある方が対象です。

金利が大手消費者金融などと違い低く設定されていて、信用情報で多重債務や借入がなければ、10万円程度の借入ができます。学生専用であり、借入は比較的カンタンです。ただし、借入は少ないです。

消費者金融から借りる

消費者金融は20歳以上で、収入に応じた限度額で借入ができます。
信用情報などが関係しますが、こちらは一般の人と同様の審査内容で、学生のメリットはないです。保護者も関係なく、自分が主体のキャッシングになります。

保証人が親

学生ならでのキャッシングで、保護者が保証人となるキャッシングです。
返済が親になることが多いですが、自分のバイトで返済をするときに、少し多額の借金をしたいときに、親同意で借入ができます。

また、奨学金制度では、相談によって借入を上げることが可能です。
返済は卒業後に行うものですから、消費者金融などの審査よりはラクラクです。
消費者金融よりもずっと金利が低く、計画的に自分の責任においてキャッシングをするのなら、日本学生支援機構の奨学金借入が妥当です。

すでに奨学金を借りている

返済のことを考えてキャッシングをしてください。
必ず返済をしなければならないことであり、アルバイト=しても追いつかないことがあります。

消費者金融などでは、20歳をすぎれば学生でも自己責任です。
払えなかったら債務整理?学生からそんなことにならないよう気をつけましょう。

返済サポートもある

最初の学生ローンでは、融資相談にも乗ってくれます。
ここのメリットは、親身になって返済を応援してくれることです。
消費者金融などは、学生でも大人扱いですが、学生ローンでは一応心配はしてくれます。
ですから、限度額も少ないですが、今はどんなことで必要なのかはわからないですが、返済可能金額で頑張ることをオススメします。

卒業前に債務整理をしてしまうというのは、あまり良くない行動の一つと言えます。
親と別居での生活ならバレないのですが、当分クレジットカードなども使えないことになります。その方がなにかと不便ではないかと思われますが、学生のキャッシングはあまりオススメできないことです。