キャッシングは家族に言う?言わない?

キャッシングと家族の関係は2つの話題があります。
1つはキャッシングの事実を家族に伝えても良い場合、もう1つは伝えてはならない場合です。

家族からお金を借りる

大部分は親に頼ることになります。
未成年の場合、学生ローンなどは親が保証人になって借入ができます。
ローンカードなどは20歳からで収入があることが必要です。

親に直接借りるときには、上手に言い訳をしてください。
家賃が払えないとか、遊びすぎてというような理由では、10万円程度です。
それ以上の借金では、きちんと理由を話してください。

そして、できれば返済をすることをきちんと伝えてください。
親によっては、返済もしなくても良い場合もあります。
この対応ができるのは親子だけでしょう。

家族にはバレたくない

夫婦であっても、配偶者にはキャッシングの事実を知られたくない場合があります。
カードローンでは、夫婦が関係するのは、中小消費者金融の配偶者貸付の場合です。
あとは、配偶者の存在はなくても借りれます。

問題は、キャッシングと返済の中で、相手にバレないことです。
自分の連絡先を家の電話番号にして、返済しないと電話連絡先がきます。
ここは携帯電話にするとか、在籍確認などでは、自宅で働いて居る場合は、個人名ですから、セールスとごまかすことです。

そして、キャッシングの審査が通り、自動契約機などでカード発行をしないと、自宅に郵便物が届きます。大手消費者金融などではバレてしまうのですが、スマホのアプリを使ったローンカードなしのキャッシングなら、家に郵便物が来ることはないです。

バレないために

カードローン会社からの連絡をしないようにするには、延滞遅滞をしないことです。
それ以外は、郵便物もこないですから、使い方の問題です。楽天銀行カードローンなどの銀行カードローンでは、キャッシングではなく口座開設をしたのとごまかす事ができます。

キャッシングと家族

家族の中には、キャッシングしていることがバレると、なぜそんなことをしたのだという喧嘩の原因になることもあります。特に夫婦では内緒のキャッシングで、痛くない腹を探られることもあり、コソコソとカードローン利用は慎重に行ってください。

会社の在籍確認で、担当者が異性で不審電話ということもありますから、ここは金融業者に相談をしましょう。きちんと配慮はしてくれるはずです。万全を期すことでバレることは少ないですが、どうかカードローン離婚だけはしませんように。