大手消費者金融で審査に通らないときには

お金を借りるためには、審査通過が絶対条件です。
消費者金融カードローンも銀行カードローンもWEB完結で簡単にキャッシングができる仕組みですが、その中にはしっかりと審査が存在しています。

審査基準はそれぞれ違う

銀行カードローンの審査が厳しいとされていますが、これは返済能力が高くなければ借り入れができないからです。審査能力は、金融事故の有無、収入に対する借り入れの現状などが確認されます。信用情報は、過去にさかのぼって調べるので、返済トラブルなどがあると、銀行カードローンでは審査落ちになります。

大手消費者金融カードローンでは、銀行カードローンほどではないのですが、金融事故があると審査に通らないです。銀行カードローンも大手消費者金融カードローンも、信用情報の内容は厳しく判定します。

カードローンは借りれない

そうなると、ネームバリューのある金融業者からのキャッシングができないことになります。
しかし、ローンカードはないのですが、申込金額だけを仮寝事ができる中小消費者金融のキャッシングなら、審査基準が甘くなります。

ブラックリストでも借りれる

金融事故と判断されると、俗称ですがブラックリストとなります。
中小消費者金融では、ブラックリストでも審査対象になり、収入が安定している返済能力があるのなら、借りれることがあります。

借りれる金額は、限度額が大きく下がります。
年収3分の一の総量規制範囲内で、数万円単位の申込が借りやすいです。

ブラックリストではずっとキャッシングができないことではない

大手消費者金融などでは5年以上の借りれない期間ですが、中小消費者金融では1年程度でキャッシングができます。審査基準の低さですが、収入がないとか、総量規制いっぱい借り入れをしていない限り、借りれる方がいます。

利用者がブラックが多い中小消費者金融では、返済可能名1万円程度から審査通過の報告があります。利用限度額は少ないですが、大手消費者金融や銀行で審査落ちでも、どうしても今お金を借りるところを探している方にオススメです。

ブラックリストで5年またなくても中小消費者金融ではキャッシングができる、これは口コミでも言われていることです。また、中小消費者金融の中でも審査基準が違うので、口コミ情報の記事などを参考にしてみてください。