市役所では簡単にお金は借りられない?

お金を借りる。いろいろなケースがありますが、生活が逼迫している場合、消費者金融等の金融業者では借入ができないけれど、急を要する場合は、市役所等の公的機関でのキャッシングも検討してみましょう。

正確には市役所ではなく社会福祉協議会からのキャッシング

生活福祉資金貸付制度は、その自治体に住む生活費のために貸付をする金融制度です。
市役所ではなく、社会福祉協議会の管轄であり、生活福祉資金貸付制度には審査があります。
ですから、即日融資ができるものではなく、キャッシングという軽い感じの内容ではないことは確認してください。

大手消費者金融等のカードローンでキャッシングできるものではなく、原則的に借金返済のために使用できるものでないです。

資金貸付の条件

審査では、借金がないことを確認します。
信用情報で総量規制範囲内というのではなく、金融業者の借金返済目的で借りれるものではないです。

生活困窮者の中には、借金返済では生活ができない方もいます。このときには、生活福祉資金貸付制度で対応ではなく、まず弁護士の紹介で、借入があるのなら自己破産などで無借金になってから、改めて生活福祉資金貸付制度の申し込みになります。また、収入がない方も審査対象外です。

消費者金融で審査落ちで市役所に行っても

キャッシングの意味としては、消費者金融などで借入ができるものと種類が違います、
福祉の観点で貸付をすることから、借金返済とか、贅沢のために借りれるものではないです。
審査では生活の内部も詳細に調べられることに。

そして、生活福祉資金貸付制度を受けて、消費者金融等の借金を作ることも禁止行為です。
高齢世帯、母子家庭等の収入が限定的な方への福祉資金です。
市役所の貸付制度は、借金で生活の立て直しを目的とするもので、遊びのための資金提供は一切しないです。

市役所に行ってみた

審査の中では、消費者金融よりも厳しい。
特に、ごちゃごちゃと生活態度の話しもされて、借金が見つかって審査落ちです。
保証人がいれば無利子になる場合もありますが、借金返済のために借りたいと言うのはNG何だとか、緊急小口資金にしても、審査は消費者金融以上の厳しさと見た。当然借りられなかった、という方も多いです。

福祉という点で言うと、消費者金融等で借りれる方は審査対象外ということです。
普通の生活ができない方の目の貸付制度です。