延滞は絶対にNG

お金を借りるときには、必ず審査があります。
消費者金融も銀行などでは、審査なしのキャッシングはありえないです。

審査の内容

申し込み情報では、職業や収入の有無、年齢、住所などです。
そして、申し込みの時に、多重債務などは借入情報も申告することになっています。
信用情報は、申し込みの時の申告内容が一致しているか?
多重債務では、申し込みした金融業者での許容範囲なのかなどの審査になります。

信用情報は、それぞれの金融業者で情報を共用している記録です。
金融機関、金融会社で過去の借金や返済の状況を確認して審査をします。

審査基準の差

大手消費者金融や銀行カードローンでは、金融事故があれば借入ができないです。
いわゆるブラックリストです。多重債務も借入件数が多い、債務整理から年数経っていないなどです。

しかし、街金や中小消費者金融などの甘い審査では、債務整理者、多重債務者も総量規制範囲内のキャッシングができるとされています。この審査基準の差で、中小消費者金融などはブラック対応の金融業者として口コミも多いです。借入が多い方は、消費者金融のまとめローンの提案もありますが、信用情報の内容は重要です。

甘い審査でも弾かれる金融事故

どんなキャッシングでも、延滞については厳しい判断です。
大手消費者金融や銀行カードローンではもちろんですが、ブラック対応の中小消費者金融と街金でも、延滞をしている方の借入ができないです。例えば、返済のためのキャッシングを中小消費者金融で間に合わそうという魂胆は見破られています。

個人信用情報機関では、延滞、遅滞記録はすべて記載されていますから、信用がガタ落ちの延滞は、相手にされない内容です。どんな場合でも、延滞をしている状態でキャッシングの申し込みは絶対にしないことです。金融事故のなかでも、過去に延滞していたという場合も、信用情報の中でも、不審感が出ます。大手消費者金融などでは、延滞があると、それだけで一括返済の請求が来ることがあります。

延滞をしないこと

返済日前に今月は返済ができないのなら、事前に申し出てください。
そこでは返済の約束日が設定されます。それが返済日後だとしたら、遅滞にはなりますが延滞にはならないです。

どんな場合でも、信用情報の中に延滞の文字は絶対に記録させないことが、今後のキャッシングのためにも必要なことです。中小消費者金融でも、関心の高いことです。