未成年者のキャッシング事情

クレジットカードのライフカードでは、未成年の18,19歳では学生専用ライフカードで、キャッシングができます。まずは、ライフカードの審査に通ることですが、アルバイトなどの収入がある方限定です。ただし即日融資となると難しいようです

まだまだある?

一応、クレジットカードのキャッシング枠では、5万円~10万円の範囲内で、収入がある未成年者に限って、キャッシングができます。ショッピングだけなら、学生でも作れます。
そして、未成年者のこうした契約では、必ず親の承認が必要です。

すべての申し込み、契約、審査には親が出ます。
返済ができないときにはすべて親が責任持って返済しなければならないということです。

未成年者でも

18、19歳のことです。
高校生は不向きですが、中学卒業後社会人となっている方は要相談です。
中卒で収入を得ている方もいます。
大学生でアルバイト以上の収入がある17歳も存在しています。
キャッシングの審査対象の未成年者に当たるのですが、ここは要相談でしょう。

大方のクレジットカード会社では、未成年者は高校卒業の方を対象にしています。
大学生では、別扱いであり、収入があることでキャッシングができることになります。

意外な未成年キャッシング

それが既婚者です。専業主婦となった場合、クレジットカードのキャッシングでは配偶者の収入証明書があれば、審査対象になります。

既婚者では、未成年者でも保護者の手を離れた一社会人の扱いです。
既婚者でキャッシングができる未成年者は少なくなく、是非相談をしてみてください。
現在は男性18歳、女性は16歳で婚姻できます。

消費者金融、銀行カードローンは未成年者は対象外

ここでのキャッシングはクレジットカードのキャッシング枠の内容です。
キャッシングと言えば、消費者金融カードローンや銀行カードローンですが、ここでは未成年者は申し込みができないです。

既婚者だけは特別借入ができることがある場合がありますが、大手消費者金融では絶対にNGです。融資などの対象は、社会的責任が果たせない未成年者に対してはできるものではなく、20歳が一応の最低ラインになります。

銀行口座は開設ができる未成年者ですが、キャッシングなどに関しては、20歳までは何かと保護者がついて回ることになります。一応仕方のないことであり、キャッシングは20歳になってから堂々と、ということを提案したいです。学生ローンにしても、未成年者では親が出てきます。