浪人だけどお金を借りたい

浪人の身でありながら、キャッシングができますか?
答えは、アルバイトなどで収入があればできます。

学生ローンが使えないだけ

浪人とは、大学受験を目指して勉強をしている方です。
職業欄では、学生でもなく、無職になりますが、これではカードローン審査には通らないです。

まず20歳以上であることが条件です。
その上で、金融機関にしても金融業者にしても、収入があることが必要です。
それが正社員であることは必要なく、アルバイトやパートで良いです。

ポイントは勤続年数

ただアルバイトも1年程度が必要。
浪人でも生活費がなく、アルバイトをしながらという方限定で20歳以上でも、お金を借りることができます。

また、学生ローンも大手消費者金融とほぼ内容は同じであり、やはり収入がなければ、保護者の同意が必要です。浪人では、学生ローンは無理であり、親がでてきても無職の方はどうにもならないことです。

入学金がほしい

この場合は、キャッシングではなく奨学金になります。
合格しないと手続きもできないのですが、もし入学したらの段階で、早くから申し込みができます。しかし、浪人の今、そのお金を手にすることができません。

浪人でキャッシングでは、収入のためにアルバイトをして、借りることしかできないので、学生ローンも消費者金融もイマイチ借りられないのが現状です。身分的には、浪人という言葉はなく、単に勉強している青年です。アルバイトをすることで、浪人という身分が消えます。その上でキャッシングができる審査になりますが、数日や数ヶ月のアルバイトでは、キャッシングができないです。

中小消費者金融などでは半年程度のアルバイトで借入ができます。
ブラックではない、カードローンもないのですが、事情を話せば、キャッシングの相談に乗ってくれます。

どうしてもお金が必要

日払いバイトなどがオススメです。
長期的な働くことは浪人生としてはできないことです。
短期的でもテストなどがあると、日程調整ができないこともあります。

それなら、日雇労働などがオススメです。
働くことではなく、浪人でキャッシングをしたいのはできないことであり、返済能力がないキャッシングは無理です。学生でもなく、無職扱いの浪人は、アルバイトをすることで、審査対象になるということです。中途半端な身分ですが、勉学に支障がない程度に働いてキャッシングというのが理想です。