生活保護者は借金ができない

生活保護受給者は、いろいろな制限があります。
様々な事情で収入が得られない、生活ができない方のための最低限の支給です。
何もしていないのに国からお金をもらうのですから、約束ごとはしっかり守りましょう。

カードローン、消費者金融の利用はNG

生活保護はまとまった金額が毎月支給されます。
ですから、カードローンの申込で、生活保護を収入とすることができます。
しかし、生活保護はもらっている方が借金をすることはNGです。

また、消費者金融などでは、在籍確認があり、その収入が生活保護や年金等公的資金である場合、収入と見ないです。よって、貸付は審査落ちになります。
ただ、中小消費者金融などでは、生活保護でも借入ができることがあり、在籍確認なしで生活保護の書類だけで借入ができることがあります。

生活保護の借金は収入になる

生活保護を受給するときに、すべての借金の自己破産が前提になります。
生活保護からの借金返済はできないです。また、借入した場合収入となります。
バレないように借りたとしても、バレたときには、受給中止、減額等の処置になります。

生活保護でどうしても足りない

そんなときには、役所に相談をしてください。
貸付金や貸付資金に関しては、生活保護のときには、必ず役所の管理下で行うことになります。
民間のキャッシングなどは一切手を付けてはならないとされています。
それぞれの役所の対応はまちまちですが、原則的には借りない方が良いです。
消費者金融で借りて良いということは絶対にないですが。
生活保護はおとなしくもらっておいて、なるべく借金をしない生活をするようにしてください。

生活保護者歓迎の闇金もありますが、ここは絶対に申込はしないことです。
不正受給などの対象になったり、返済地獄になります。
役所としても、借金を繰り返す受給者に対しては、厳しい対応になることもあります。
恩恵が多い生活保護であり、借金ができるのは返済できる収入がある方の話しで、生活保護者の借金話しは論外です。

闇金などは、言葉巧みに借金を持ちかけてきます。
それはとても危険な行為ですから、お金がどうしてもほしいときには、借りるのではなく、相談をしてください。ある程度制限がある暮らしをしている身分、借金はとんでもないという立場を忘れないように。