知らない人からのキャッシング利用はオススメしない

人にお金を借りる場合、相手のことを信用できる、自分のことを信用してくれることが本当は必要です。親族や中の良い友人とのお金の貸し借りは、よくある話しです。

個人間融資の実態

ところが、最近では人にお金を借りる場合、掲示板で探すことがあります。
消費者金融カードローンの審査落ちで、どうしたって審査に通らない方が、知人や親にも借りられない。そんな方たちの相談の場として、個人間融資掲示板があちこちでサイト公開をしています。

そこで、借りたい方貸したい方も書き込みをしていて、金融業者には申し込みできない方にとっては救いの場となっています。というのは、大嘘でしょう。

信用情報は関係ない

確かに、日本貸金業協会にも、金融庁にも登録していない素人が、個人間融資の貸す側になっているはずです。利用者は知らない人たちです。借りたい方は、ブラックも超ブラックであり、審査をされないことで、信用情報も金融事故ばかりの方です。このような人たちの交流で、真面目なキャッシングができるか?というと、不安ではないでしょうか?

それでも、ブラックで消費者金融大手はもちろんですが、街金や金融機関からの借入ができない投稿者は多いです。そして、実際に連絡をしてみると、相手がヤミ金業者であることが100%です。

個人間融資でも

借りれた、善人だったという口コミもあります。しかし、それは信ぴょう性にかける情報です。
口コミもほとんどが闇金疑惑であり、利用しないことをオススメです。

特に、個人情報目的、口座買い取り目的、保証金詐欺などの犯罪も少なくなく、社会的問題にも発展しています。女性では性犯罪の報告もあり、相手がお金を貸す目的ではなく、書き込みをしている場合が多いです。

TwitterやLINEも同様

そして、Twitterなどの個人融資も同じです。
相手がわからないのに、お金だけを親切で貸すということはないです。
どこからも借入ができない、返済ができないのであれば、弁護士などに相談に行きましょう。
その多くが債務整理をすることで解決ができるはずです。

個人間融資利用で、弁護士に相談をしても、解決ではなく泣き寝入りがせいぜいです。
金融機関、金融業者以外からのキャッシングについては、互いに信頼できる相手しかしてはならないということです。他人からのキャッシングの個人間融資に関しては、あまりにも危険がいっぱいです。