親と借金 迷惑をかけたくないのはわかるけれど

お金を借りる方法として、一番良いのが親でしょう。
家庭の事情はいろいろですが、家族内のキャッシングに関しては、最大の信頼関係がある上での借金事情になります。もちろん親子関係がうまく行っていないとその限りではないのですが。親にとってみれば、子供が借金地獄になっているのなら、と救いの手は差し伸ばす、そんな親がほとんどです。

カードローンの利用

ただし、審査落ちで超ブラックになってから、親に救ってもらうというのは、最悪のパターンです。親としては黙って返済をしてくれる場合も多いですが、大手消費者金融や銀行カードローンの使いみちについては、きちんと理由を説明してください。借金している子供、お金がある親ならなんとかしたいところでしょう。

ただ、消費者金融で完済できる自信があれば、なんとかしますか?
親には借りられない事情も当然あるでしょう。

闇金から借りてしまった

原則的に借金は借りた本人の問題です。そういうのは、正規の金融業者、金融機関です。
同居している夫婦でも、夫の借金を妻が弁済しなければならないことは絶対にないです。

しかし、闇金は違います。
審査はないのですが、キャッシングの申し込みの時に、実家の連絡先を必ず聞いてきます。
返済ができないときには、親に必ず連絡が行きます。その時に親が初めて知ってしまったのなら、怒りもありますが、なんとかしなくてはという気持ちになります。この事態はない話しではないです。

返済能力がない借金は

親などに頼る事ができれば、頭を下げましょう。
金融機関や金融業者のような審査なしの借金になりますが、多額のお金では贈与税の対象になることもあります。何百万、例えば住宅ローンの手助けでは、別の話しも入ってきて、税制上の問題も発生します。

そうではなく、数万円、数十万円の借金で、消費者金融なのか親なのかと言う時には、親が良いです。闇金?親?というときも親ですが、離れて暮らしている場合は、きちんと親のことを知った上で相談をしてください。

親の心情

子供が困っている姿は見たくないです。オレオレ詐欺などで騙される高齢者が親の姿です。
借金の前に、良く考えることですが、理由がきちんとあり、親でも返済ができるのであれば、毎月少なくとも返済はしていきましょう。無償の愛とは言え、子供からの返済は本当のことを言って助かるという場合もあります。