親子関係と借金について

お金を借りるのは、親。反対に親には借りられないという方。
それぞれですが、親にお金を借りる事ができるのが、ベストです。

親子関係による

20歳になったのだから、何ごとも自分でしなさい。
借金もその一つですと言われたのなら、カードローンや消費者金融の利用は仕方がないでしょう。お金がある親かどうかも問題ですが、親子関係でお金のことをスムーズに言い出す事ができるかどうかです。

また、事件などで40代の犯人が無職で、年金暮らしの親と同居との事実もあります。
いろいろな家庭事情があります。

キャッシングをしていたなんて

親としては子供がキャッシングをしている事実をNGとする場合があります。
消費者金融で借りるくらいなら、貸してあげるから。ではなく、そのまま与えてしまう場合もあるでしょう。良いか悪い化か個人差がありますが、子供としては、自分の親の性格を見極めて、キャッシングや頼って見るのも良いことでしょう。

契約書がある関係

20歳になったら、きちんと契約書を交わして、この口座に振込なさいという場合もあります。
それまでは親の権利であり、その後は大人として付き合います。
その時に多額のお金である場合は、贈与税がかかることもあります。
とはいっても1000万円単位のお金のことですが。

友人に借りるくらいなら

これは親としては本望です。
他人に借金をするのなら、こちらに来なさい。または、金融業者から借りなさいということです。他人に迷惑をかけるのはNGの親は多いです。親の借金をして、きちんと返済をしないほうが多いかもしれないです。良い言い訳が通じる親子関係なら、仕方ないわで解決してしまうことが多いです。

金融業者とは違う

金融業者とは違い、親子間の借金では審査もなければ、世間的な公表もない。
借金だとしても、それぞれの親子関係での内輪の出来事です。
親にしても子にしてみれば借金として受け止めていない場合もあります。
借りたい理由も返せない言い訳にしても、その家庭での許容範囲です。

60歳も近いのに親の年金でパチンコに明け暮れるような人もいます。
親の多額の借金をコツコツと返済している18歳もいる世の中です。
それぞれの家庭での、親からの借金の可能性については、金融業者のような決まりはないです。

あなたの家庭では親に借金が出来ますか?
もし返済が出来ないと、きちんとした言い訳を言わなくてはならないですか?