お金を借りる理由、返せない言い訳

消費者金融カードローン、銀行カードローンの利用は、口実は要らないです。
フリーローンも同様ですが、カーローン、住宅ローンのような目的ローンではないので、自由に使うことができます。理由を述べなくてはならないものではないです。

ただし審査に通るためには

銀行カードローンの場合、低金利キャッシングであるため、多重債務者がまとめローンとして利用することがあります。この時には、一時的に多額のキャッシングに審査になりますので、銀行カードローンで借り換えやおまとめローンにしたいことを告げてください。これがないと、多重債務なのにまだ借りるの?と審査に振りになってしまいます。

金融機関などでは、理由がわかると審査もしやすいです。
基本的に多重債務は返済リスクが非常に高くなっています。その時に何かしらの理由や言い訳があることで、審査がスムーズに進むことは多いです。

フリーローンの理由は要らない

こちらも審査の途中で聞かれたら回答することで印象は違います。
インターネット申込ではないのですが、店頭などで話しとしての目的があれば、審査に多少影響があることでしょう。カードローンなどでは、その必要がなく金融業者や金融機関にしたら、とにかく完済ができれば文句はないです。

友人の借金

言い訳として多いのは返済のときのことです。
自分が友人からお金を借りようというときには、返済ができないときには、借りないことです。
返せそうもないお金は借りない。途中で事情が変わったときにも、理由をきちんと話し、借用書も用意してください。

いくら親しい間柄でも、礼儀はあります。完済するのは当然ですが、途中経過と返せない時の理由と対処はすべきです。

審査がある借金

カードローンにしてもキャッシングにしても同じです。
審査であなたには貸せますということですが、これは返してもらえるからです。友人も同じであなたを信用しているからです。それを裏切ることはしないことですが、どうしても返済ができない時には、金融業者にしても友人にしても礼儀をきちんとします。それが返せないからどうしようということです。

金融業者では債務整理ができますが、友人には親にでもお金を借りて、カードローンでお金を作ってでも返済しなければならないこともあるでしょう。そんな大変なら友人からはお金は借りない。それが正解でしょう。借りたお金の完済は、絶対にできるとは限らないですから、