金利の安いキャッシングはどれ?

お金を借りるのなら、金利は安い方が良い。
当たり前のことですが、キャッシングの金利は審査と大きな関係があります。

銀行カードローンが低金利

現在カードローンで言えば、銀行カードローンでしょう。
金利は15%にいかないものが多く、信用金庫カードローンなどでは12%程度の商品もあります。

しかし、地域限定です。
イオン銀行カードローン、楽天銀行スーパーローン等ネット銀行でも最高金利は14%台でお得な方です。大手の三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンなど、普段使っている口座があれば、金利優遇になります。住宅ローン等の契約をしていると、金利は低くなる傾向になります。

銀行では、顧客獲得のためのカードローンとして、各種サービスが充実しています。
消費者金融と違い総量規制対象外で、借入限度額も高く設定できるなどのメリットもあります。

消費者金融は17%台

大手消費者金融では、銀行カードローンで審査落ちでも借りれる審査ですが、利便性は高いものの金利は高めです。ただし、30日無利息期間等のサービスがあり、初回の利用だけですが、返済期間が30日なら無利子と言うキャッシングが可能です。

そして、2016年に登場した、J.Score(ジェイスコア)なら、消費者金融ですが、AIレンディングの診断で、最高10%程度の低金利のキャッシングができます。
最高でも12%という注目のキャッシングです。消費者金融ですが店舗がなく、スマホがなければ申込ができないのですが、現在金利安い、それでいて簡単に借入したいのなら、オススメです。大手消費者金融なら、簡単に手にできるローンカードです。

審査の問題

銀行カードローン、無利息期間のある大手消費者金融、J.Score(ジェイスコア)にしても、信用情報で金融事故がない方の話しです。多重債務だったり、ブラックリストなどは、こうした金利の安いキャッシングができないです。

ブラック対応の金融業者では、数万円の総量規制範囲内のキャッシングに対応していますが、金利は20%等高い内容です。どうしても資金が必要でブラックでも借りれるという場合は、安い金利は望めないことになります。

審査通過できない方で、生命保険の契約者貸付ができるのなら、実はここが最低の金利です。
2~3%程度の金利の安さは、金融業者ではない数字です。
原資が自分の生命保険ですから、当然ですが。