金利のお話 一番お得なのは?

キャッシングは金利が付き物です。
金利がなくお金を借りることはできないです。

金利の差

年利計算ですが、多額に借りるほど低金利になります。
銀行カードローンが一番低いとされていますが、最近は消費者金融なのに、銀行カードローン以下のキャッシングもあります。大手消費者金融では、即日融資ができますが、すべて銀行カードローンより高い金利です。

銀行カードローンでも、メガバンク、地銀、信用金庫などでも違います。ネット銀行も低いとされています。10万円以下の借入では銀行カードローンの平均金利が14%台。大手消費者金融では17%台。それだけでも3%ほどの差があります。

大手消費者金融のメリット

ただ大手消費者金融では金利も銀行カードローンよりは高いですが、3つのメリットがあります。まずは、即日融資ができることです。すぐに借りたい方は、多少の金利の高さはよしとする方も多いです。

2つ目は、30日間無利息期間が設定されているサービスが多いです。
初回のキャッシングのみですが、毎回違う大手消費者金融に申込、30日以内で完済をしたのなら、利息ゼロのキャッシングができます。

3つ目が女性に嬉しいレディースキャッシングがあることです。
審査では男女の差もないのですが、いざというときは、女性スタッフが必ず応対というのは嬉しいです。無利息期間の利用をしたいとき、次の大手消費者金融で行うためには、完済後の解約としばらく期間を空けることオススメします。

そして、最近注目の低金利消費者金融

それはJ.Score(ジェイスコア)です。
AIスコア・レンディングによる、今までにない審査で、最高金利でも12%と言う驚異の低金利です。これが最高であり、銀行カードローンの下です。

高い返済能力がある方は、10%以下の金利も期待ができます。
できたばかりの金融業者ですが、スマホで申込ができる店舗がない消費者金融です。
これは、即日融資可能の新しい金融業者として、注目されています。

審査が甘い

中小消費者金融は、ブラックリストでも借入ができる金融業者です。
金利では利息制限法ギリギリの20%になっていますが、債務整理者も契約が可能なメリットがあります。ブラック対応でいうと、この金利は仕方ないという判断ですが、返済ができるのなら、検討してみてください。金利は低いが良いに決まっています。中小消費者金融の無利息期間があります。こちらも注目です。