銀行でお金を借りる方法 どこで借りるかも注目

銀行でお金を借りると言えば、カードローンとフリーローン、目的ローンなどがあります。
銀行カードローンは、収入に合わせたキャッシングです。フリーローンは、多額のまとまったキャッシングであり、目的ローンは、教育ローン、マイカーローン、住宅ローンなどです。ローンサービスの種類が多いので、目的に応じて申し込みができます。

いずれも審査あり

銀行のローンの審査は、銀行で行うだけではなく、必ず保証会社が行います。
住宅ローンの場合、仮審査と本審査の2段階になります。

その他銀行カードローンも、必ず保証会社が行うのですが、保証会社が大手消費者金融の場合も多いです。いずれも厳正審査があり、銀行カードローンでは大手消費者金融以上の厳しさがありますが、金利は低めです。

口座の必要性

銀行カードローンの特徴として、銀行口座を作らなくてはならない場合があります。
このときに注意したいのが、口座があってカードローンの存在です。

銀行口座は1日ではできないので、必要書類提出などで1週間以上はかかります。
口座のない銀行カードローン利用では、カードローン審査は即日結果がでたとしても、カードローンそのものは口座開設後の対応になり、ローンカードの利用が遅くなります。

ですから、口座がない銀行カードローンの申込に関しては、金融機関の口座がなくてもすぐに使用できるものを選択することが肝要です。そして、常に使用している銀行口座のカードローンの方が、審査が通りやすいというのも覚えておくと良いでしょう。

借入はメガバンク以外でも

オススメなのが、ネット銀行や信用金庫カードローンなどです。
ネット銀行では、借入や振込がインターネットで簡単にできます。
カードローンと口座が連動していることが使い勝手が良いです。
信用金庫カードローンは、地銀も含め地域限定です。

そして、メガバンクのカードローンよりも低金利の場合が多く、給与振替などで使用している場合は、審査も通りやすいとの評判です。地元の銀行のカードローンがあれば、オススメです。
最近では、ネットバンキングになっている場合が多いので、申し込みもラクラクです。

住宅ローンで利用している銀行口座があれば、金利優遇などもあります。
キャッシング限度額、ローン商品が豊富、消費者金融カードローンより低金利など、銀行カードローンのメリットは大きいです。ただし、即日融資だけはできないので注意です。