銀行カードローンの審査は厳しいが低金利

銀行でお金を借りるのは、手軽なカードローンがあります。
しかし、まとまったお金では、フリーローンやカーローンや教育ローンなどの金融商品は豊富です。カードローンの多くもキャッシュカードと一体型になるなど、消費者金融にはない魅力があります。

審査は多少厳しい?

消費者金融と銀行カードローンの比較では、銀行カードローンは低金利で審査が厳しいです。
しかし、無収入の専業主婦も借入ができたり、口座の利用に応じて利用限定額が増える、低金利になることも。住宅ローン利用者などには金利が低くなったりという口コミは多いです。

これは、消費者金融とは全く違う対応であり、自行に利益のある方のサービスは多いです。
専業主婦以外では、収入があることが必要です。

信用情報は厳しくチェック

専業主婦は収入なしで借入ができますが、金融事故者はNGです。
信用情報では、金融事故があったり、返済トラブルがある方の借入ができないです。
クレジットカードの支払いなどもチェックされることになります。

銀行カードローンの審査は保証会社が行います。
ですから、銀行では判断ができないことで、実際に信用情報で1つでもブラック要因があると、審査落ちになります。このあたりが、消費者金融よりも厳しい内容となっています。

保証人は不要

銀行カードローンの限度額は、消費者金融の総量規制と同等だと言われていますが、返済トラブルがなく利用していると、増額に対応しています。
カードローンは無担保、保証人不要であり、担当者と直接話すこともないです。
目的ローンと違い、高額な限度額ではないからです。

担当者と言えば

在籍確認はあります。
銀行カードローンでは、担当者の個人名ではなく、銀行名の場合もありますが、在籍確認だとはバレないことでしょう。そして、大手消費者金融カードローンとの最大の差が、即日融資ができないことです。

2018年からのことですが、以前はすぐにキャッシングができたのですが、現在は即日融資は絶対に無理です。契約は即日にできるのですが、実際にカードローンでキャッシングができるのは、翌営業日になってしまいます。低金利であるのは嬉しいのですが、すぐに借りれない点では、歯がゆい感じです。

急いでいないキャッシングなら、お得な銀行カードローンの利用がオススメになります。
住宅ローンなどの契約をしている銀行では、カードローンはお得になります。
このことを使わない手はないでしょう。