銀行カードローンでは即日融資はできない

お金を借りるために大手消費者金融か銀行カードローンか迷うことがあります。
比較対象としては、銀行カードローンは低金利だからです。

審査は銀行カードローンは厳しい

その代わりに、金利が低く、総量規制以上の限度額などの魅力がありました。
大手消費者金融との比較では、即日融資できることでも、できれば、審査が厳しいけれど、低金利のキャッシングで、得をしたいが、迷う原因でした。「でした」というのは、現在銀行カードローンの即日融資がなくなったからです。

即日融資ができない銀行カードローン

ローンサービスの中で、審査結果が即日だけで、審査の中で警視庁データベースの照会の必要がでてきました。これが数時間で完了せず、最低1日はかかってしまう審査です。
ですから、銀行カードローン審査だけはすぐに完了しますが、その後の照会でキャッシングまでの時間がかかります。

カードローン利用まで、最短1日ということです。
データベースでチェックが入ると、審査はもっと長引きます。
これは、2018年からの対応になっていますから、即日融資の銀行カードローンは1つもないです。

それでも銀行カードローン

審査の厳しさでは大手消費者金融の上です。
総量規制も対象外になっていますから、総量規制よりは借入ができます。
ただ、こちらも以前ほど借りられないとされています。

こちらも自主規制ですが、総量規制対象外として、かなり高額のキャッシングができ、魅力ある内容でした。今は大手消費者金融とは変わらない限度額になっていますが、低金利はメリットとして大きいです。即日融資はできないのですが、増資のチャンスも多く、後に大手消費者金融のキャッシングの申込みも信用情報で金融事故がなければ借入ができます。

即日融資をどうしてもしたいのなら、今回は大手消費者金融です。
しかし、金利で、限度額で決めたいのなら、銀行カードローンが良いです。
即日融資ではなく、明日が平日なら、借りることができます。
ローンカードだけではなく、口座があれば振込もすぐに対応。
自行の口座であれば大歓迎であり、口座開設しているカードローンであれば、審査も有利です。
金融機関のキャッシングに関しては、即日融資ができないだけがデメリットといえるでしょう。

ただ、そこが肝心という方は、大手消費者金融の利用をオススメします。
審査通過で1時間程度で現金がゲットできることも。
即日融資したいのなら、大手消費者金融です。