銀行からお金借りる その種類について

金融機関からお金を借りたい。
銀行では、目的がある◯◯ローンと目的が特定されない、フリーローンやカードローンがあります。

目的ローン

住宅ローン、教育ローン、マイカーローンなどお金の使いみちがはっきりとしているものを指します。
借入には審査があるのですが、金利が低いのが特徴です。
大半は、現金ではなく、銀行で支払いして、それに対して返済の形になります。

いずれも、物品の証拠、手続きなどの証拠がなければ、ローン契約ができないです。必ずその目的のための借入になります。
目的ローンに関しては、収入がなければ借入ができず、パートやアルバイトの方の審査通過は難しいでしょう。

フリーローン

例えば、リフォームローンやまとまったお金を借入する形です。
まとまった金額を受ける事ができます。
今回100万円が必要だから融資を受けたいと言うのが、フリーローンです。
事業者が、ローンを受けるイメージになります。

融資された金額に対して、返済をしていくのですが、目的がないため、自由な使いみちです。
継続的な融資ではなく、まだ借入がほしいときには、追加での申し込みになります。
融資金額は、審査通過後、口座に一括で振込されます。

カードローン

フリーローンと似ているのですが、こちらはそれぞれ限度額が設定されていて、自由に出し入れができます。
一般的に個人がお金借りるとなると、この銀行カードローンになります。
利用申込書で、信用情報などの審査で、年収から限度額が変わります。
フリーローンは、◯◯円借りたいと金額指定ですが、カードローンは◯◯円借入ができますと指定されることになります。

WEBなどで紹介されているのは

簡単申し込みで、すぐに借入ができるのが、銀行カードローンになります。
形態としては、消費者金融カードローンと同じです。
審査で、ローンカードで限度額が決まります。

銀行の場合、口座があれば、キャッシュカードと併用した形のものもあります。
目的ローンとフリーローンの特徴は、多額のお金を借りることができることです。
カードローンでは、それぞれの年収に応じて限度額が決まるのですが、最大でも年収の半分程度です。
消費者金融よりは多いですが、他に借入があったり、信用情報で金融事故があると、銀行カードローンでは借りられない場合が多いです。

また、専業主婦に関しては、大半が配偶者に一定の収入があれば借りられます。
無収入でもカードローンが作れるのは、銀行のメリットですが、審査は必要です。

専業主婦がお金かるのなら銀行カードローンしかない?

銀行からお金を借りるときに、便利な銀行カードローン。
審査対象が広範囲であり、申込ができる方は多いです。
20歳以上の点では消費者金融と同じですが、無職の専業主婦もカードローンを持つ事ができます。

消費者金融より融通が利く?

カードローンの点で消費者金融との共通点がありますが、審査でも似たようなものです。
信用情報で、金融事故の有無の確認と20歳以上。
しかし、大手消費者金融では専業主婦の申込ができません。

銀行カードローンでは、一部は無収入のまま申込ができるか、配偶者の収入が証明されるとそのままカードローン審査が受けられます。
無収入に対しての審査が甘いのは、銀行カードローンのみです。
ただし、これは専業主婦限定であり、生計をともにする配偶者の存在が必要なことが条件になります。

ネット銀行では

そのまま専業主婦でカードローンが手にできる、楽天銀行スーパーローンなどもあります。
50万円が限度額ですが、いわば無職でもカードローンを手にすることができます。
銀行ならではの対応です。

銀行法と貸金業法

銀行カードローンは、消費者金融の法律とは違います。
銀行法では、専業主婦の扱いが柔軟になっていますが、以前はほとんどのネット銀行のカードローンで専業主婦だけでの申込ができました。
現在は、配偶者の収入がなくては審査ができない状態になっていて、専業主婦には厳しい状態になっています。
パート程度の収入でもカードローンが持つことができるのですが、銀行法の内容も変わりつつあります。
専業主婦は前年的にNGの消費者金融では、貸金業法の法律です。

ただし、中小消費者金融などでは、配偶者貸付の形での借入ができます。
こちらは、配偶者の総量規制範囲内での借入になりますから、銀行カードローンの内容とは違います。

専業主婦はまずは銀行カードローン

ということで、気軽な銀行カードローンとしては、専業主婦はうってつけの存在です。
最初から大手消費者金融では対応していないので、信用情報で金融事故がない場合は、銀行カードローンの申込がおすすめです。
ネット銀行では、簡単に申込ができますが、即日融資と翌営業日の振込になるので、ここは確認をしてください。
在籍確認はないのですが、自宅や自分の携帯電話に直接電話がかかってきて、後日ローンカードの郵送になります。

銀行のその他の目的ローンやフリーローンに関しては、専業主婦の申込はできないです。
こちらは返済能力が高くなければ審査対象にはならないです。

銀行カードローンは審査が厳しいのは本当?

銀行カードローンの審査は、厳しいと言われています。
大手消費者金融と比較されることが多い審査ですが、実際はどうなのでしょう?

収入の基準が厳しい?

銀行カードローンも消費者金融カードローンも原則的に収入がなければ審査は通らないです。
ただし、専業主婦の扱いだけは、銀行カードローンだけカードローンを作ることができます。
ここは、審査が厳しいことはないでしょう。
このことは例外として、収入の審査を確認してみましょう。

銀行カードローンでは、原則的に一定の収入が必要です。
最近ではパートやアルバイトなどの低い収入でも審査に通る方は多いです。
限度額が少なくだけなのですが、借り入れ額の決定に関係します。
一定の収入で言えば、勤続年数が長い、会社が上場している、公務員などで有利になります。
ですから、長年パートとして働く主婦などは、審査に通りやすいです。
収入にこだわるのは返済能力の関係です。

限度額

消費者金融では総量規制と言って年収3分の一と決まっていますが、銀行カードローンでは、総量規制以上の借入が期待できます。
収入から決まるのですが、この点からも消費者金融より審査が厳しいのは納得でしょう。

金利

最高金利が消費者金融より必ず低いです。
12%から14%台になることで、返済額が大きく変わります。
収入、限度額、金利の点で、銀行カードローンの方が利用者には有利なカードになります。
お金借りるのなら消費者金融より銀行カードローンの方が良いのですから、厳しい審査になってしまうのも仕方のないことでしょう。

カードローン審査を有利にできる?

それは、口座を作るとか、メインバンクとして信頼を大きくしておくことです。
カードローンというと、ネット銀行が多いですが、近所の信用金庫や地銀などでもカードローンの存在はあるはずです。
知られていないだけですが、どれも消費者金融より低いネット銀行同様の商品が多いです。
銀行としては、顧客利用で業績も上がることから、お得意様がローンカードを作ってくれることでのメリットは大きいです。
マイカーローンなどの目的ローン契約のついでに営業上、カードローンが紹介されることもあります。

ローンサービスを確認してみて

フリーローン、カードローンとあるのですが、注目してほしいのがそれぞれの金利です。
銀行では、サービスによっては金利が低くなることがあり、消費者金融と違う金融機関の臨機応変なキャッシングがあります。
ネット銀行も同様ですが、借入対象として、大手消費者金融より前に銀行カードローンを考えるのはおすすめです。
安定した収入が有り、信用情報で金融事故がない場合は、低金利で限度額が少し多い銀行カードローンの申込が先でしょう。
条件が合えば、どのカードローンでもおすすめ、信用金庫ローンカードも使いやすいです。

目的ローンをたくさんある時のカードローン

マイカーローンと住宅ローンの契約をしていたとしても、銀行カードローンをもつことができます。
借入が多いのに大丈夫なの?

審査が違う

マイカーローンなどは目的ローンであり、カードローンとは違います。
銀行でお金借りると言うのは、基本的に低金利で利用ができます。
目的ローンの多くは、低金利になっていて使いやすいです。

カードローンでは10%以上の金利になることが多く、収入から限度額が決まります。
目的ローンも多くが多額の融資ですが、返済がしやすいです。
好きに使うことができない分、銀行としての安心感が大きいです。

そして、目的ローンとカードローンの審査は基本的に違うことで、借入ができます。
ただし、収入に見合う内容ではなかったり、目的ローンで延滞をしている場合は、カードローンの契約ができないことがあります。

今使いたいお金は何のため?

単にキャッシングであるのならカードローンが最適です。
ただ車、家電、ブライダルなどのモノがはっきりとしている場合は、目的ローンの低金利が絶対良いです。
金利が大きいです。カードローンはその後の審査で、金融事故がない限り借入ができます。

しかし、全てのローンの延滞がないようにすることが必要です。
目的ローンの場合は、担保や保証人が必要ですが、カードローンは無担保です。

銀行カードローンがダメなら消費者金融がある

目的ローンが多い場合は、審査は関係ないと言いたいのですが、銀行カードローンでNGなら、大手消費者金融でも厳しいことがあります。
順調に返済ができていれば、銀行カードローンの審査落ちもないはずです。
金融事故が原因とされる銀行カードローン審査の場合は、大手消費者金融での審査通過も難しいことがあります。

目的ローンもきちんと返済。
カードローンも申込にしても計画的にできるのなら、問題はないでしょう。

返済ができなくなったら?

目的ローンがあっても、カードローン契約ができた。
しかし、延滞してしまう、返済ができないことになると、目的ローンもカードローンも債務整理対象です。
ところが、住宅ローンのみ個人再生の形で、家だけを守ることができます。

教育ローンなどは、債務整理対象になります。
保証会社などの交渉、その他が複雑になることが多いので、弁護士に相談されることをおすすめします。
債務整理の種類の説明を受け、自身が納得される債務整理をしましょう。
原則的に目的ローンがあっても、銀行カードローンの申込は可能です。
返済が不能になってしまう恐れがあるのなら、無理におすすめはしないですが。

銀行のフリーローンでお金借りる

銀行には、目的を特定しないフリーローンがあります。
追加融資ができないのですが、カードローンと比較をすると低金利です。

金利面で考えて

フリーローンは多額の金額で、決まった年数で返済になります。
カードローンと違うのは、繰り返し利用できない点だけです。
1度の契約で融資を受けて、あとは返済です。
低金利で、目的も好きにできます。

この金利が低いことだけがメリットになります。
審査に通るのなら、カードローンよりもお得です。

使い勝手を考えて

カードローンでは必要な式に必要なお金を引き出す事ができます。
ただし金利が高いです。フリーローンでは、審査に時間がかかります。
そして、カードローンよりも審査が厳しいです。

すぐにお金か必要なときにはツライところですが、もし急を要さないお金なら、フリーローンで借りておく方法が良いでしょう。
同じ金額をカードローンで借入ができないことがあります。
収入によってですが、フリーローンの方がまとまった多額のキャッシングが可能になります。
手軽さはないのですが、金額と金利を考えると、メリットは大きいです。

まとめローンとしても

フリーローンの使途として、最初からまとめローンの借り換えとする場合もあります。
審査で言うと、消費者金融の借入があると難しいのですが、安定した収入があったり、現在金融事故のない多重債務。
審査過程で担当者の判断によっては、大手消費者金融の借入がある方の審査も通ることがあります。

少なくとも、消費者金融の金利よりはずっと低いフリーローンです。
返済額が楽になるだけではなく、消費者金融も完済の形になります。
審査は厳しいですが、申込はおすすめです。

まとまったお金を低金利で

フリーローンの良さは、低金利です。
カードローンにはない金利の良さでは、使うときだけではなく返済のときに大いにメリットが目立ちます。
借入額も大きいフリーローンも使い方は自由であり、信用金庫や地銀などでも個人向けローンとして提供しています。

フリーローンのデメリット

低金利のフリーローンですが、繰り上げ返済などでは手数料が高いです。
貸し方としては、100万円を1年間で返済という内容です。
それを途中6ヶ月で完済しますというときには、手数料が多く、金利が高いキャッシングになります。
カードローンでは、繰り上げ返済は大歓迎ですが、こんなところに落ち度があります。
一度契約をしたのなら、きちんと約束どおりに低金利で提供というのが、フリーローンになります。

事業用には使えない

事業資金としての使用ができないのですが、個人事業主の場合は、相談をしてみてくだい。
確実にカードローンよりお得なキャッシングになりますから、フリーローンにしたい方も多いでしょう。
審査内容などの確認も必要ですが、他のローン紹介も受けることで、銀行での低金利フリーローンの契約には相談が必要でしょう。