↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

24時間は受付だけ、審査は営業時間に行われる

カードローンもキャッシングも24時間受け付けとあります。
これは、インターネットのみ対応のことで、留守番電話受付もあるかもしれませんが、たいていWEB完結のことを指します。

大手消費者金融では当たり前

プロミス、アコムなどの大手消費者金融では、申し込み方法としては、WEB、電話、自動契約機、無人契約機などです。どの方法も一朝一夕がありますが、24時間の対応はWEB完結だけです。ここで、気をつけたいのが、受付だけが24時間ということです。

審査そのものは、営業時間内に行われるので、夜中の2時に申し込みをして、審査してキャッシングができることはないです。銀行カードローンも原則大手消費者金融と同じです。こちらも審査は営業時間内に行われることになります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

受付と審査は違う?

違います。
申し込みが24時間できるWEB完結のカードローンでは、とりあえず申込で送信だけがいつでもできるということです。たいてい金融業者では、9時から営業をします。この時間から、多分先着順などで審査を開始するのだと思います。

ですから、今日借りたい時、朝に申し込みをするのではなく、前の夜にでもWEBで申し込みをしておくと、審査時間が早くなることでしょう。それが、24時間受付をしているということです。審査は夜中も行っていないのですが、コンピューターで解決できることは完了しているかもしれないです。

機械ではできないこと

それが在籍確認でしょう。
在籍確認は、担当者が勤務先の直接電話をして、働いていることを確認する行為です。
この部分が終了しないと、キャッシングに至ることはないです。

夜中の申し込みでは。担当者は出勤していないですし、勤務先も営業していないでしょう。
ということで、審査自体進まないので、夜中の申し込みはあくまでも受付だけで、営業時間での審査開始ということになります。

自動契約機にしても

ここも24時間対応はしていないです。
審査とローンカード発行までができる自動契約機や無人契約機ですが、結局は担当者が扱うことになりますから、朝9時からの審査開始ということになります。
あの宣伝では、24時間WEB完結でキャッシングがすぐに出来そうなのに、と考えている方も多いです。

しかし、現実には審査は9時からであり、借り入れができるのはそれ以降ということになります。自動契約機でカード発行を受けて、そのローンカードがあれば、ATMで24時間対応はありです。審査自体が時間限定であり、カードローンそのものは原則的に24時間対応になっています。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

自動契約機が良い理由

消費者金融では24時間借りられる。
これは、カードローンの場合でセブン銀行などのATM、スマホ取引でも可能です。
ATMを使うことができるようになれば、24時間も有効です。

振込キャッシングは?

振込キャッシングに関しては、依頼をしてからの入金まではすぐできないです。
特に、機械で自動キャッシングではなく、担当者が受付をする場合には、勤務時間になってしまいます。また振込は原則午後2時までの銀行業務です。ですから、その時まで受付でなければ、翌日の入金になってしまうことが多いです。

振込キャッシングの場合は、24時間とは程遠いキャッシングになってしまうことは否定しないです。これらは契約後の話であり、最初の審査になると、より限定的です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

一番良いのは?

消費者金融の申し込みをしたい。
その時に、すぐにお金が必要なら、現在は大手消費者金融しか対応していないです。
銀行カードローンも翌営業日が最短です。

大手消費者金融でも自動契約機などでカード発行がすぐにできる方が良いです。
振込キャッシングもありますが、自動契約機はすべてがリアルタイムです。
あの自動契約機では、1時間程度でカード発行までができます。
22時まで営業している所もあり、少なくとも20時くらいまでの受付で、キャッシングもすぐにできることがあります。

在籍確認は後回し?

アコムもプロミスも在籍確認がなくてはキャッシングはできません。
しかし、個人信用情報機関の内容で特別問題がないのなら、今少額融資で、在籍確認後満額の限度額になって借りれる場合があります。

契約書類も自動契約機で確認した上で、今回は10万円程度のキャッシングになって、在籍確認後はきちんと借りれますという内容です。多分24時間審査に一番近いのはこの方法です。

自動契約機の良さ

すべてネットを通じて担当者と対応できるからです。
スマホやパソコンの24時間受付は良いのですが、一方的な申し込みです。
自動契約機、無人契約機では開いている時間では、必ず担当者とともに対応することになりますので、キャッシングが早いです。

さすがに自動契約機も24時間はやっていないです。
22時まで開いている場合でも、新規申し込みは20時くらいになっています。
それでもWEB完結で待っているよりは、手続きが断然早いです。

カードがあれば、即キャッシングができますから、考えてみてください。
どのタイミングで借りたいか?審査をしなければならないことですから、24時間WEB完結も良いですが、自動契約機などがもっと早い結果が出ます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

WEBと無人契約機の申し込みの違い

消費者金融の申し込みの方法は多彩です。
現在は、WEB完結が多いですが、その売りは24時間対応です。
24時間というのは、送信して完了です。

自動契約機や無人契約機とは違う

WEB完結の申し込みと自動契約機の違いは、自動契約機では担当者が存在しています。
申し込み後の審査が開始されることになり、キャッシングまで早いです。

ところが、無人契約機では24時間対応はしていないです。
せいぜい12時間で、営業時間と同じです。
これは、WEBは申し込みだけで、自動契約機などは審査が行われるからです。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

消費者金融カードローンの使い方

一度契約ができれば、24時間使用できるローンカードです。
しかし、審査に至るまでの対応は、原則24時間はしていないです。

そのことについては、プロミスなどではWEB完結は営業時間内ですが、早く申込をした方が審査が早いと言います。朝に申込より前の日のWEB完結で申込をしておくと、先着順での審査ができるようです。

大手消費者金融は土日祝日も対応

審査は365日に近い営業です。
土日祝日もOKですが、審査の在籍確認が大変でしょう。
現在も、モビットだけが指定した書類があれば、在籍確認なしでキャッシングができます。
この場合、在籍確認がないのでモビットの審査時間の申込で対応できます。

しかし、他の大手消費者金融では、土日祝日の在籍確認について、原則なしで少額融資をしてくれる場合があります。信用度が高いことが必要ですが、借りれることが分かれば、嬉しい対応です。

在籍確認なし?

在籍確認はなくなったのではなく、勤務先できちんと在籍確認ができた上で、限度額のキャッシングができるということです。それまでは大手消費者金融で決めた少額融資で対応できる場合がります。信用情報で金融事故などがなく、借りれる方対象です。

カードローンの場合のみですが、大手消費者金融の対応は、即日融資に即した内容です。
それも機械が行うのではなく、営業時間内の担当者が行うものです。
土日祝日の出勤はあるものの、在籍確認についてし、いろいろな対応があります。
24時間審査はしないのですが、なんとか最短のキャッシングができる工夫はあります。

夜中にキャッシングをしたい時もあります。
その時にローンカードがあればATMで借りれますが、新規キャッシングであれば、とりあえずWEB完結の申込です。翌朝の審査になりますが、大手消費者金融なら審査通過で即日融資ができます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

今借りたいが夜中の時

今日借りたい。大手消費者金融の即日融資がお勧めです。
ただし、現在23時。これはない話です。

大手消費者金融の即日融資では、少なくとも20時までが即日融資ができる限界です。
24時間借りれることではないです。

申し込みだけは24時間できる

これは大きなメリットですが、インターネットで入力して送信するだけです。
もっと言うのなら、24時間365日です。

インターネット受付では、担当者がすぐに対応しないことから、機械で受付をしているだけです。入力行為だけが受付です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

23時にWEB完結で申し込みをした

そこで審査が始まると思ったら大きな間違いです。
とりあえず営業時間になるまでは、申し込みは入力したままです。
担当者がいなければ審査は始まらないです。
あとは翌朝に確認をすることです。

インターネットショッピングして、買い物をすると、自動送信で確認内容が送信されます。
しかし、それはショップの情報であり、実際の対応はあとからになります。
申し込みは受け付けました。キャッシングでも同じです。
消費者金融では営業時間外の受付に対しては、翌営業時間から始めることになります。

どうしたら良い?

WEB完結申し込み後は担当者の対応を待つだけです。
身分証明書などの提出がありますが、添付処理やアプリで送ります。
ただ、この行為は担当者からの依頼であることから、とにかく待つことです。

自分は前の晩に申し込みをしたから9時には審査が始まる。その保証はないです。
少なくても当日申し込みした方よりは早いですが、前の晩の方は必ず9時に借りれることはないです。ひょっとしたら同じような申込者が殺到していたら、混雑していることになります。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

審査は1つではない

消費者金融の審査の内容公表はないです。
機械と担当者が行ういくつかの工程があったり、本人の電話に確認の要件が入ることがあります。すべての対応ができないと、キャッシングに至ることがないので、簡単に借りれる大手消費者金融ではないのです。

確実なのは

無人契約機や自動契約機、店舗で直接借りに行くことです。
そうすることで、今の審査の状況を確認することができます。
WEB完結の申込は24時間できることは良いのですが、審査状況は確認することができないです。

即日融資はできる大手消費者金融ですが、前日の申込だったのに振込キャッシングが夕方になったとの口コミもあります。人によってだけではなく審査は必ず早いだけではないです。
少なくとも24時間で借りたい時に受付をしている大手消費者金融というのはありがたいですが。

最近では

中小消費者金融の多くも24時間のWEB申込ができます。
こちらは即日融資はあまりないので、審査がいつになるかは不透明ですが、電話や店舗以外でも困った時に申込はできます。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

受付だけが24時間のキャッシング

消費者金融では店頭受付だけではなく、電話やインターネットで申込ができるシステムになっています。24時間受付というのは、申し込みだけで実際の審査は、店舗が営業をしている間に行われることになります。

自動契約機、無人契約機も24時間稼働しているものではなく、せいぜい12時間程度、昼間を中心としています。ただし、一度契約をすると、カードローンは銀行ATMで24時間借り入れができます。

振込キャッシングの場合

例えば、アコムの場合ですが、新規申し込みで審査ができるのは21時までです。
この時間での勤務先の在籍確認できないですが、それまでの審査結果では、10万円以下のキャッシングができる人もいます。徹底した即日融資を売りにしていて借入限度額の範囲は在籍確認後であり、それまで入り用のお金の用意があります。

振込キャッシングでは、アコムが指定する金融機関なら、18時までの受付でキャッシングができます。この時の在籍確認の対応は同じです。また、楽天銀行の指定では、2回目以降23時50分までの振込キャッシングができます。ただし、新規キャッシングではこの限りではないです。アコムほどの大手消費者金融での最大限の対応といえるでしょう。

原則審査が必要な場合は、夜中の審査対応は中断されます。
即日融資とはいっても、営業時間外の場合は対応できないものとしています。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓

審査は担当者が行う

コンピュータースコアリングシステムの大手消費者金融の審査では、ある程度までの審査結果は機械です。ただし、肝心の在籍確認などは担当者が行う事になっています。
ですから、申し込みは24時間だとしても、審査は営業時間に行いシステムであり、厳密には、営業時間の受付なら即日融資が叶うという内容になっています。

中小消費者金融の対応

ローンカードを持たない中小消費者金融や街金では、即日融資の約束はしていない所が多いです。しかし、インターネットで申込ができるところは24時間受付をしています。
大手消費者金融同様の担当者が審査をしますから、営業時間に審査をして、振込キャッシングは必ず14時までの審査完了です。
大手消費者金融では土日祝日の営業もしていますが、中小消費者金融はほとんど土日祝日はお休みです。

もともと即日融資がないことで、一応平日の営業時間でなければ何も始まらないと思っていると良いでしょう。こちらも受付だけは24時間ですが、審査はいつになるかわからないです。

銀行カードローンは?

銀行カードローンは、最短翌営業日のキャッシングです。
ただし、営業時間に申込をすると、審査だけは即日結果になります。

そして、実際のキャッシングは翌営業日からという決まりになっています。
受付だけはインターネットで24時間対応です。

↓↓J.Score(ジェイスコア)はコチラ↓↓