パートも大手消費者金融のフリーローン申込はOK

パートでも安定収入があればフリーローンの申し込みができます。
カードローンもその一つですが、審査対象になります。

フリーローンとは?

フリーローンは、借入限度額の範囲内では自由な使いみちができるキャッシングを言います。
住宅ローン、自動車ローンのようにその目的に使用するのではありません。
◯◯に使うためではない内容になります。

消費者金融系ではカードローンタイプになり、年収3分の一の総量規制範囲内が設定されます。
銀行もカードローンは同様ですが、別にフリーローンとしての商品があります。
こちらにしても、限度額ではなく、銀行審査で年収に合わせた審査でまとまった金額の借入ができます。

一度に借入であり、カードローンのように出し入れができるものではありません。
パートの収入でも安定していたり、審査要件に合えば、金額が小さければ審査に通過できます。
ただし、カードローンよりは厳しい審査になります。

消費者金融カードローンが無難

フリーローンとして年収3分の一以内の消費者金融カードローンの申し込みが簡単でしょう。
パートもアルバイトも20歳以上であれば借入ができます。
提出書類も身分証明書だけの場合が多いです。

大手消費者金融のカードローンでは、金融事故がないことで借入できることが多いです。
多重債務者でなければ、50万円以上の借入ではないとしたら、身分証明書だけで即日融資も可能です。

金融機関は即日融資ができない

銀行カードローンでも、大手消費者金融同様に金融事故がないパート収入でも申し込みが可能です。しかし、即日融資はできないことがデメリットですが、消費者金融よりは低金利での借入ができます。

大手の銀行だけではなく、信用金庫などでもカードローンがあり、金利面で優遇もあります。
信用金庫などでは、収入証明書が必要な場合もありますが、低金利であり身近なカードローンとして使い勝手も良いでしょう。口座があれば、なお好都合です。

パートと言っても、様々な形態があり、審査では安定収入であることを重視します。
ですから、高い収入だけではなく、勤続年数が長いなどの条件で、正社員などと変わらない審査になります。

アルバイトやパートでもカードローン、フリーローンの審査は受けられるので、WEBで簡単に申し込みができます。審査は大手消費者金融は即日融資になりますので、行動を始めるとすぐに結果がわかります。

多重債務に関しては、収入が低いとやはり不利なので、申し込みは気をつけるようにしてください。ただし、総量規制範囲内では借入ができないことはないでしょう。

パートでも借りれる銀行のフリーローン

お金を借りるのなら銀行にこだわっている方も多いです。銀行のフリーローンと言えば、パートでも借りれる商品はありますが、無難なのがカードローンです。

◯◯銀行のフリーローン

まとまった金額のフリーローンでは、正社員などの安定収入が必要です。
審査条件としては、返済能力が高くなければ、100万円以上の借入ができないです。
パートの職業では、安定さでは不十分との判断がされてしまうのが現状です。
金融機関の審査では、正社員、公務員、上場企業などの属性が高いのは仕方のないことです。

パートでも10年以上のキャリアがあるとしても、属性は低いことが多いですが、カードローンでは審査通過もできます。フリーローンであったとしても、数十万円単位の商品であれば、パートの属性で借りられる場合があります。

銀行のフリーローンにこだわっている方は相談をしてみてください。

銀行カードローンについて

パート、アルバイトもOKです。三菱UFJ銀行、オリックス銀行、三井住友銀行などのメガバンクでも、ネット銀行でも大丈夫です。

決め手になるのは、年収です。
100万円程度あれば、銀行カードローンの審査対象になるとされています。
消費者金融のように総量規制はないですが、だいたい年収3分の一程度が借入限度額になっているようです。

信用情報で金融事故がなく、口座があれば、審査は早いです。
銀行口座があるカードローンでは、自身の情報が把握されています。
取引があるほど審査には有利です。

また、銀行カードローンでは口座がなければ申し込みができない場合があります。
このときには、口座開設から始めるので、フリーローンの申し込みはずいぶん後になってしまうことがあります。ここは確認が必要な部分です。

必要書類は身分証明書だけです。
一定金額以上だったり、多重債務者では収入証明書が必要です。
パートの収入では、あまり多くの借入はできないでしょう。
また、銀行カードローンの多重債務は審査は難しいとされています。

在籍確認はあり

パートの職場に担当者が直接電話をします。
このときに、銀行名を名乗る場合もあるらしいです。

消費者金融などでは担当者の個人名ですが、銀行では対応がいろいろです。
カードローンの申し込みでは、個人名が多いと聞きますが、一応申し込みのときにホームページなどで確認されると良いです。

職場に銀行からの電話はちょっと、という方は個人名での在籍確認を行うカードローンが良いでしょう。在籍確認ではその場に居なくても良いので、電話で働いていることが分かれば、それだけで完了です。余計なことは一切言わないので、安心してください。

銀行のフリーローンはパートでは厳しいかも?

フリーローンとカードローンの違いは、借り方にあります。
フリーローンは一度に希望金額を借りて、あとは返済のみです。
カードローンは文字通りカードを使って出し入れが自由です。

金利も違う場合も

フリーローンの言い方では、カードローンでもそのような言い方をする場合もあります。
要は、どちらも使用目的が自由であるからです。使い勝手が良いのは断然カードローンですが、フリーローンの方が金利が低いこともあります。

また、消費者金融などではフリーローンの取扱をしていない、カードローンのみの対応になっています。

銀行のフリーローン

低金利でまとまったお金を借りるときに便利です。
パートでは借りられる?という点については、年収次第ですが、多額の借入ができないことが多いです。条件としては、安定収入ですが、正社員とパートでは銀行の属性の扱い方が極端に違うと言います。ですから、パートでも借りられるという表記がなければ、フリーローンそのものの申し込みは難しいと言えます。

安定収入では、会社がある程度の保証があり、簡単に退職はしないという前提での属性です。
パートやアルバイトでは、その保証がない。それだけの理由ですが、フリーローンによっては、勤続年数の設定と正社員のみの取扱になっています。

低金利では魅力のフリーローンですが、もともと年収が低いことでも審査に通らないことがあります。社会保険ではない、主婦などでは扶養されている身分などで、本人の低い返済能力で審査落ちになることがあります。フリーローン、キャッシングに関しては、あくまでも本人の返済能力が審査のポイントになります。

私はパートだけど高い収入証明書を出せる。
それでも属性が低いことで信用も低くなってしまうことが現状です。
銀行によりますが、一応パートでも借りれるフリーローンなのかを確認してみてください。
一応パートでも借りれる銀行フリーローンでは、年収200万円以上が条件になっています。
これはアルバイトでも同様の条件であり、申込ができるかを確認してみてください。

パートと正社員の差

審査では、安定収入でどうしても差があります。
最近でこそカードローンもパートやアルバイトでも借入ができますが、以前は申し込みもできない属性でした。大手消費者金融などでは、このあたり審査も緩やかであり、銀行よりは借りやすいです。

ただし、銀行フリーローンでは、低金利ですが、カードローンではどれも高い金利です。
その点だけはどうしても妥協ですが、パートが気軽に借りれるのは、カードローンになってしまうのが現状です。

パート主婦で銀行フリーローンの申し込みができますか?

主婦でパートで働いている方で、旦那の扶養に入っている方は多いです。
そのときに年収が200万円を越えていると、銀行フリーローンは、審査条件に達しています。

扶養に入るには、200万円の収入では入れないので、実質銀行フリーローンの申し込みができないことが多いです。130万円がパート主婦の限界であり、200万円以上では扶養には入れないことになります。

扶養に入っていなければ

フリーローンと扶養は無関係ですが、銀行の低金利のフリーローンではたいてい年収200万円が審査基準になっています。ですから、扶養とフリーローンは難しい選択であることがわかります。

低金利のローンですが、扶養に入っている主婦では、簡単に申し込みができないことになります。

パート主婦のカードローンはOK

カードローンでは、単に主婦に収入があれば大丈夫です。
銀行の一部では専業主婦でも借入ができますが、パートで収入がある主婦は、大手消費者金融、銀行カードローンも自分の収入で借入ができます。

カードローンでは、年収の基準はないですが、100万円あれば借入ができると言います。
130万円の年収で抑えて、旦那の扶養に入っているパート主婦も普通に審査をうけることができます。

フリーローンは厳しい?

カードローンと違い、金利が低く審査が厳しいです。金額が大きいことも年収と関係します。
これは、カードローンでは、年収に応じた借入限度額になりますが、フリーローンは借入額からそれに返済ができる年収の審査になります。

始めから、最低金額などは決まっていますが、まとまった金額の借入で、きちんと返済能力があることが確認できないと簡単に審査は通さないです。

カードローンは身近な存在ですが、フリーローンはそんなに簡単ではないと言っても良いでしょう。ですから、パート主婦の場合、年収が低い場合のフリーローンの申し込みは難しい。
収入が低い場合は、フリーローンは簡単に借入ができないと言えます。

フリーローンと言っても

金額が低く、キャッシングの名称でフリーローンとなっているものは別です。
10万円20万円という低い金額のフリーローンであれば、パート主婦でも申し込みができる商品もあります。

金融機関によって種類がありますが、パートだからではなく、収入が安定していると認められた場合は借りれるフリーローンもあります。

提出書類が揃っていて、特に収入証明書などがあることで、審査が通るものもあります。
当たり前ですが、金額が低いと金利は高めになります。

しかし、カードローンよりは低い設定がありますので、検索をしてみると良いでしょう。
扶養収入範囲のパート主婦でも借りれるフリーローンはあるかもしれないです。

フリーローンの審査は難しい?

フリーローンは多目的ローンとも呼ばれています。
使いみちは自由で、一括の振込になる場合が多いです。
あとは返すだけの内容です。

審査が厳しい

パートでも借りれるかどうかですが、内容によって違います。
フリーローンの多くは銀行の商品であり、勤続年数1年以上、年収200万円の場合がほとんどです。パートでこの条件に合うのなら、申し込みはできます。

審査では、返済能力を重点にカードローンよりは厳しいと言います。カードローンより利息が低いことでは注目したい商品ですが、年収に応じた借入限度額になります。

銀行のフリーローンの申込条件では、正社員でなくてはならないとはあまり表記していないです。ただし、安定収入とある場合が多く、パートはその部類に入るかは疑問です。

銀行の審査では、最終的には保証会社が行うことで、銀行ではノータッチになります。
大手消費者金融にはないこの審査体制に、フリーローンの審査も混沌とするのは確かです。

パートではカードローンが妥当

カードローンでは、銀行も大手消費者金融も普通に申込が可能です。
安定収入とあるのはフリーローンと同じですが、パートやアルバイトでも借りれるとされています。フリーローンのようにまとまった金額ではないのですが、借入限度額の範囲内であれば、自由に出し入れができるので、オススメです。

金利と審査

金利はフリーローンの方が低いのですが、審査は厳しいです。
その点でも正社員では同じ年収なのに借入ができるという属性の差があります。
年収200万円以上のパートという条件では、パート主婦などでは、扶養に入っていれば申込もできないことになります。

カードローンは高い審査ですが、借りやすさ、申し込みのしやすさがあります。
多目的ローンの一種であり、自由に借入ができる点ではオススメです。

パートアルバイトは不安定収入

フリーローンでいう安定収入とは、多額の借入をする目的でそう言われることになります。
パートやアルバイトの属性の判断ですが、金融業界では、どうしても不安定な収入になってしまうようです。

杓子定規の審査内容ですが、正社員である、パートであるでは、その時点から審査基準が変わってきます。パートでフリーローンは、年収200万円以上であれば申し込みができると思ってください。

それ以下の年収では、銀行のいわゆるフリーローンの審査は難しいのでカードローンをオススメします。金融事故がなく、多重債務者ではないパートでは、銀行カードローンは審査は通ることが多いです。