リフォームローン落ちたら不動産担保ローンで|不動産担保ローンとは?

リフォームを行う際にリフォームローンをご利用される方が多くいらっしゃいますが、残念ながら審査通過しない方もいらっしゃいます。

リフォームには多くの費用がかかってしまうので、ローンを組めないと資金調達が厳しくなってしまいます。そんな方にオススメしたいローンといえば、不動産担保ローンです。

不動産担保ローンとはどのようなローンなのか、ご紹介していきます。

不動産担保ローンとは

不動産担保ローンは、個人や法人が持っている不動産を担保にして融資を受けるローンです。不動産をお持ちの場合は、不動産を担保にして融資を受けることができます。

個人でも法人でもご利用がOKであり、使途用途に制限はありません。不動産を担保にするので金利が低く、不動産の評価次第では高額の融資を受けることもできます。そのため、長期間での返済も可能となります。

不動産を担保にするので融資の際に事務手数料などの諸費用がかかってしまいますので、この部分は難点といえます。また、不動産を担保としているので、ローンの返済の滞納や返済ができなくなった場合は、担保不動産を処分されてしまうこともあります。

しかし、不動産を所有している人がご利用できる便利なローンですので、是非目を向けてほしい便利なローンといえます。

住宅ローンとの違い

不動産を担保としてお金を借りるといえは、住宅ローンがあります。住宅ローンと不動産担保ローンの違いは、住宅ローンはマイホーム購入に限定されており、これから物件を購入する際にご利用するローンです。

不動産担保ローンは利用目的に制限は原則としてなく、マイホームの購入やリフォーム資金、事業資金、教育費用など、様々な目的にご利用することができ、既に所有している不動産を担保にして融資を受けることができるローンです。

住宅を不動産担保ローンの担保にする場合、既に住宅ローンで担保となっている場合があります。その場合、仮に第一抵当権の設定となっている場合でも、担保に余力がある場合は金融機関の基準に適合することにより、第2順位の抵当権で不動産担保ローンの担保とすることも可能です。住宅に担保の余力が無い場合は、住宅ローンと不動産担保ローンの併用はできません。

不動産担保ローンはどのような審査基準なのか

不動産を担保として融資を受けるので、このような不動産に対する審査基準もプラスされます。

担保の価値

担保とする不動産にどの程度の価値があるのかを、審査されます。

金融機関の評価基準により不動産の価値が算出され、担保に十分な価値があると判断された場合融資の可能性が高くなります。利用者の属性が悪くなってしまった場合でも、不動産を売却することで融資額を回収できると判断されるからです。

利用者の既存の借入れや延滞・滞納の有無

他社に借入がある場合、借入れ状況も審査の項目となります。他社で多額の借入があったり滞納や延滞・遅延の履歴がある場合は、審査通過しない場合があります。

税金の未納や滞納

税金の未納や滞納は一見関係ないように思われがちですが、大きな影響を与えます。

税金を支払っていない場合、もし不動産担保ローンの融資額を滞納した場合に不動産売買をした場合、優先順位として先に国や致富自治体の税金回収が優先されてしまいます。融資額を全て回収できないリスクとなってしまうので、税金の未納状態は審査されます。

返済負担率を超えないか

返済負担率とは収入に対する返済額の割合であり、一定基準以上の割合となった場合は審査通過しない場合があります。返済負担率のボーダーラインは、35%を超えるかどうかです。超えた場合、審査通過は難しくなります。

勤続年数や雇用形態などの職場の属性

勤続年数が短い、転職を繰り返している、事業年数が短い法人や個人事業主は、残念ながら審査通過は厳しくなってしまいます。個人の場合は勤続年数2年以上、法人や個人事業主の場合は事業開始から3年以上が目安となっています。

不動産を担保とすると審査は甘くなるのか

リフォームローンの審査に落ちた人に不動産担保ローンはオススメですが、そもそも審査は甘いのでしょうか。

不動産担保ローンは担保を使った融資となるので、無担保のローンと比べると審査通過しやすいローンといえます。無担保のローンの場合は融資した金額をしっかりと返済してもらわないと困りますが、有担保ローンの場合は返済がとどこおっても担保の売却で返済をすることができます。

そのため、申し込みご本人認よほどの事故歴が無い場合、審査通過する可能性が高くなります。不動産担保ローンの場合、希望の金額の融資を受けることができたという声も多く挙がっています。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォームローンの審査に落ちてしまっても、不動産をお持ちであれば諦めてはいけません。不動産担保ローンで、リフォーム資金を捻出しましょう。

リフォームローン落ちたら不動産担保ローンで|審査落ちした際の対処法

リフォームローンの審査に落ちた方は不動産担保ローンをご利用される方も居ますが、不動産担保ローンも審査落ちとなってしまう場合もあります。不動産担保ローンの審査落ちとなってしまう場合、このようなポイントに目を向けて再度申し込みをしてみませんか。

不動産担保ローンの審査に落ちてしまった方の対処方法を、ご紹介していきます。

不動産担保ローンの審査に落ちてしまう方の対処方法

不動産担保ローンの審査に落ちてしまう理由と対処方法を、詳しくご紹介していきます。

書類の不備

そもそも書類に不備があるようでは、審査通過するわけがありません。

不動産担保ローンというのはご利用者の情報を記入すればいいだけではなく、担保となる物件の登記書類など普段扱いが慣れていない書類の用意や記入が必要となります。不動産はご自分名義以外の親名義の不動産の担保も可能ですので、その場合は細かい内容がわからないという場合もあります。

書類に必要な情報は、万度に正確に金融機関側に伝えないといけません。そのため、少しでも不備があると審査通過は難しくなってしまいます。自分以外の不動産の名義人の場合は、どの不動産の名義人に内容をしっかりと聞いて、間違いのない内容で申込みをするようにしましょう。

税金の未納がある

担保もご自身の属性も全く問題が無いのに審査落ちとなってしまうケースに、税金の未納があります。該当する税金は、担保としている不動産の税金が未納となっていることです。建物や土地を所有している場合は、固定資産税という税金を支払わないといけません。

固定資産税が未納の場合、万が一支払いが滞って不動産を売却した際に税金を先に差し引かれてしまい、融資残金の全てを回収できない場合があります。それでは金融機関側が損をしてしまうので、固定資産税の未納や滞納がある場合は審査通過が厳しくなってしまいます。

担保とした不動産の価値が低い

不動産を担保として融資を受けるローンですので、担保の不動産には価値を要求されます。後に売却して融資額を回収する際、売却ができないような不動産であれば資金回収ができません。それでは、担保としている意味が全くありません。

例えば、広い土地だったり新しく大きな建物であっても、山間部や物凄い田舎にある物件の場合は不動産価値が低くなってしまい売却が難しくなってしまいます。あまりにも低すぎる価値の担保の場合は、担保としてご利用することはできません。

逆に、古い不動産でも繁華街にある不動産であれば価値は高くなります。古い建物を壊しても、土地だけでも十分な価値があるからです。できるだけ高い価値となりそうな不動産を担保とすることで、スムーズな審査通過とすることができます。

住宅ローンが残っている不動産を担保とした場合

お住まいの住宅を担保としたい場合、まだその建物には住宅ローンが残っている場合があります。この場合、第1抵当権や第2抵当権の問題により、担保と出来ない場合があります。

ローンが残っている住宅を担保としたい場合の考えは、各金融機関によって異なります。事前に相談をして、利用可能なのかどうかを確認しておくと良いでしょう。

本人の属性や信用情報に傷がある

不動産担保ローンは担保とする不動産を中心としたローンですが、申し込むご本人の属性や信用問題も審査の対象となります。

申し込みご本人の属性や信用情報が良くなく、審査落ちとなってしまう場合もあります。担保とする不動産の価値が物凄く高くても、他社の延滞や遅延、事故情報がある場合は審査通過が難しくなってしまいます。

良くない属性はなるべく改善して、審査通過しやすい状態にしましょう。事故情報がある場合は一定の年数が過ぎないと審査の対象となりませんので、気になる場合はご自分の個人信用情報を閲覧してみると良いでしょう。

嘘の内容を申込書に記載する

ローンの申し込みには、嘘の情報を記載して申し込んでしまう方もいるようです。

例えば、他社の借入状況や延滞や遅延など、そうじゃないと書けばバレ無いと思っているみたいです。しかし、ローンの審査では必ず個人信用情報機関の内容をチェックするので、他社のご利用内容は直ぐに把握することができます。

そこで申し込み内容と違うと判断されると、審査落ちとなってしまいます。また、嘘をついた情報は他社の金融機関と情報共有されてしまい、他社のローンの審査も通らなくなってしまいます。絶対にバレますので、嘘は記載してはいけません。

多くの融資金額で申し込んでしまう

せっかく融資を受けるなら多くの資金を得たいと思い、多くの融資金額で申し込んでしまう方もいます。

しかし、融資というのは融資金額が高くなればなるほど審査基準が高くなります。そのため、希望融資金額が多いと審査落ちしてしまう可能性も高くなってしまいます。審査落ちとしないためには、必要最低限の融資額で申込みをするようにしましょう。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンの審査値となった場合は、これらの項目に目を向けてみましょう。心当たりの部分は修正して、再度不動産担保ローンに申し込んでみましょう。改善して申し込むことにより、次は審査通過する可能性が高くなります。

リフォームローン落ちたら不動産担保ローンで|どんなメリットがあるの?

リフォームローンの審査に落ちたら、不動産担保ローンがオススメです。不動産担保ローンには、どのようなメリットがあるのでしょうか。

不動産担保ローンのオススメできるメリットを、ご紹介していきます。

不動産担保ローンのメリット

不動産担保ローンには、このようなメリットがあります。

多くのまとまった融資を受けることができる

不動産を担保として審査して融資を受けることができるので、割とまとまった資金の融資を受けることができます。もちろん担保とする不動産の価値にもよりますが、大がかりなリフォームが可能となる融資金額を得ることも可能です。

低金利

不動産を担保とした安定した融資となるので、無担保ローンと比べると低金利での融資受けることができます。

長期でのご利用が可能

多くの資金の融資が可能なので、長期間での返済が可能となります。金融機関により異なりますが、長い金融機関は30年の返済期間の場合もあります。そのため、多くの融資金額となっても毎月少ない金額での返済が可能となります。

連帯保証人が不要の場合もある

無担保融資の場合は非承認を設定しないといけない場合もありますが、不動産担保ローンの場合は不動産という最終的な売却資産を担保としているので、連帯保証人なしで融資を受けることができます。

審査通過しやすい

不動産を担保としているので、よほど価値のない不動産やご本人の属性が良くない場合以外は、審査通過しやすいローンと言われています。

リフォームローンよりは審査通過率が高いので、リフォームローンの審査に通過しなくても不動産担保ローンであればご利用できる可能性が高くなります。

使用用途は原則として自由

不動産担保ローンはフリーローンに分類されるので、ローンで受けた融資金額の使用用途に制限は一切ありません。そのため、原則自由に融資金額を使うことができます。

リフォームに使うことはもちろん可能であり、事業資金や教育資金、車の購入などなんにでも使うことができます。金利が低いので、企業のつなぎ融資としてご利用されている場合も多くあります。

不動産担保ローンのデメリット

不動産担保ローンは大変便利な融資ですが、残念ながらデメリットもあります。デメリットも把握した上で、ご利用を検討しましょう。

不動産担保ローンのデメリットは、これらが挙げられます。

融資まで時間がかかってしまう

不動産を担保としているので、不動産の審査に大きな時間がかかってしまいます。そのため、融資までは最低でも1~2週間ほどかかってしまいます。すぐに資金を得たい場合は、残念ながら適しておりません。

諸費用がかかる

不動産を担保とすることにより、利用の際に手数料がかかります。

金融機関により異なりますが、融資額の1~3%ほどかかるのが一般的です。その他、抵当権の登記費用や不動産の鑑定費用なども掛かる場合もあります。金利が低くてもこれらの諸費用が高い金融機関もありますので、諸費用を細かくチェックしてご利用の検討をしましょう。

解約の際に違約金が発生してしまう場合がある

金融機関によりますが、他社への借り換えなどにより中途解約する際、違約金が発生してしまう場合があります。

一般的に残債金額の数%程度の違約金となり、想像以上に高い違約金の支払いとなってしまう場合もあります。違約金の金額は金融機関により大きく異なるので、損をしないように必ずチェックしておきましょう。

返済不能の場合は不動産を失ってしまう

不動産を担保とした融資ですので、返済が不可能となった場合は不動産を失ってしまいます。もちろん、毎月きちんと返済していけば、担保とした不動産を失うことはありません。

追加担保を要求されてしまうこともある

不動産担保ローンの担保として設定した不動産の価値が下がってしまった場合、他の担保を追加して差し出さないといけないことがあります。そのような担保を、追加担保といいます。

不動産というのは日々価値が変動しており、担保とした不動産が査定時の価値のままで居続ける保証はありません。非常にまれなケースですので、万が一ということで覚えておくと良いでしょう。

ノンバンクの不動産担保ローンは金利が高い場合がある

不動産担保ローンは様々な金融機関で取り扱っていますが、ノンバンクの場合は金利が高い場合があります。

銀行系よりも審査基準が低いのでどなたでもご利用しやすいですが、高金利の場合が大半です。高金利でも融資を受けることができれば良いという方もいるので、それでも良い場合は多くの利息を支払う覚悟でご利用することも1つの選択肢といえます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンは、ご利用しやすいメリットがたくさんあります。リフォームローンよりはご利用しやすい要素が満載ですので、どなたでもご利用しやすいローンといえます。

ただし、便利な分デメリットも多くあります。これらのデメリットもきちんと把握して、便利にご利用しましょう。

リフォームローン落ちたら不動産担保ローンで|様々な比較で検討してみよう

リフォームローンを落ちた際不動産担保ローンをご利用される方が多くいらっしゃいますが、どのように不動産担保ローンを選ぶと良いのかわかりにくいと思います。様々な比較から、ご利用しやすい金融機関の不動産担保ローンを選択しましょう。

不動産担保ローンを選ぶ際に目を向けてほしい、様々な比較方法をご紹介いたします。

不動産担保ローンは様々な金融機関や種類がある

不動産担保ローンは、大変多くの金融機関にて取り扱っています。金融機関により、どれだけの借入ができるか、審査の厳しさ、審査機関などは異なります。

ご自分の目的に合った不動産担保ローンを選択しないと、使いにくい融資となってしまいます。様々な不動産担保ローンの商品を比較して、1番ベストな不動産担保ローンのご利用としましょう。

銀行とノンバンクとの違い

不動産担保ローンを取り扱っている金融機関は、大きく分けて銀行系とノンバンク系の2つがあります。

それぞれの特徴は、このような内容となります。

銀行系

都市銀行や信用金庫などの金融機関が取り扱っている不動産担保ローンであり、楽天銀行などで取り扱っています。

1番のメリットは、金利が低いことです。デメリットは、審査が厳しく融資まで時間がかかってしまうことです。また、資金の使途に制限が発生してしまう場合もあります。保険会社との契約が義務付けられている場合もあり、金利が低い分で目メリットも多くあるといえます。

ノンバンク系

ノンバンク系の場合は、銀行系ノンバンクと独立系ノンバンクの2つの種類があります。

銀行系のノンバンンクは経営母体が銀行であり、安心感があります。銀行の影響を受けているので、審査が厳しめで融資まで時間がかかってしまう場合があります。独立系のノンバンクは消費者金融などの企業が取り扱っており、独自の審査で独自の判断基準で審査を行います。

審査項目が少ないので審査は早めですが、万人に融資することにより金利は高めです。早い場合は2~3日で融資となることもあり、すぐ融資金額を手に入れたい方にオススメです。

安心を得たいなら銀行系の不動産担保ローンがオススメであり、審査基準が低く早く融資を受けたい場合はノンバンク系の不動産担保ローンがオススメです。

不動産担保ローンの商品選びのポイント

不動産担保ローンは、このようなポイントで選んでみましょう。

金利

不動産担保ローンの融資金額は多くの費用となるので、金利の高さは非常に重要となります。金利が低ければ低いほど審査基準は高く、高いほど審査基準は緩めとなります。

金利は低い方が良いですが、審査通過を考えると高い金利の金融機関も魅力といえます。ご自分がどちらの特徴を優先するのかを考えて、選択をしましょう。

融資金額

いくらまで融資が可能なのかも重要であり、リフォーム内容に適した融資金額となる不動産担保ローンを選ぶことが大事となります。

また、せっかく不動産担保ローンをご利用するなら、リフォーム資金だけではなくマイカー購入や教育資金など、様々な資金に使うために多めに借入れするという考えもあります。

銀行系は融資金額の上限が高いですが、ノンバンク系は融資金額の上限が低めです。どれだけ融資額が必要なのかをよく考えて、不動産担保ローンを選びましょう。

融資までのスピード

融資までにかかる時間も、とても大事となります。不動産を担保とするので、不動産担保ローンは一般的な融資と比べると審査に時間がかかってしまいがちです。

銀行の場合は1ヶ月ほどかかり、ノンバンク系の場合は数日で融資とすることができます。最短3日というノンバンク系もあり、資金を急いで調達したい場合は非常に適しています。

手数料の多さのチェック

不動産担保ローンは不動産を担保とするので、他の融資商品には無い手数料の設定があります。

手数料の種類や高さは金融機関により異なり、高い手数料の金融機関もあります。金利が低くても手数料が膨大な金融機関もありますので、きちんとチェックして選ぶようにしましょう。

担保の設定

担保はどのような不動産であれば可能なのか、金融機関によって様々な規約があります。

既に担保を付けている物件を担保とすることができる第2抵当権は可能なのかなど、金融機関により担保設定の考え方は様々です。住宅ローン支払い中の住宅を担保としたい場合は、不動産担保ローンの金融機関に事前にご相談をすると良いでしょう。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
不動産担保ローンの選択は、これらの様々な比較により決めるようにしましょう。複数の商品を比較することで特徴が見えてくるので、どの金融機関が良いのかの判断が付きます。時間をかけて比較して判断して、最高の不動産担保ローンに決めてリフォーム資金の捻出をしましょう。

リフォームローン落ちたら不動産担保ローンで|審査基準が低い商品選択ポイント

リフォームローンの審査に落ちてしまったら、不動産担保ローンがオススメです。

しかし、不動産担保ローンも申し込んだ全員が審査通過するわけではなく、残念ながら審査落ちとなってしまう場合もあります。リフォーム資金を手に入れるためには、不動産担保ローンの審査は確実に通過するようにしないといけません。

不動産担保ローンの審査通過しやすい金融機関選びのポイントを、まとめてみました。

不動産担保ローンの審査通過しやすい金融機関選びのポイント

不動産担保ローンの審査通過しやすい金融機関選びのポイントを、ご紹介いたします。

中小ノンバンク

中小ノンバンクは、審査通過しやすい傾向があります。その理由は、中小ノンバンクは融資しか商品がないので、融資しないと顧客を得ることができないからです。

大手消費者金融は人気も知名度もあるので顧客がたくさん募りますが、中小ノンバンクは知名度も人気もないのでなかなか顧客が集まりません。そのため、審査基準を低くして顧客を集める方法を取ります。

金利が高い

金利が高い場合は、貸し倒れリスクが高い顧客も受け入れるという意味になります。そのため、審査基準が低いといえます。

許容の貸倒率が高く、多少属性が悪くても審査の対象とします。金利が高ければ高いほど、審査通過しやすいということになります。

不動産ローン専門会社

ノンバンクの不動産担保ローンを扱っている業者の中には、不動産担保ローンを専門に扱っている業者もいます。

不動産担保ローンのみの商品取り扱いですので、審査の制度が高い傾向があります。そのため、ギリギリの貸し倒れ率の見極めが可能であり、審査を最低限のところまで低い基準とすることができます。

そもそも不動産担保ローンしか取り扱っていないので、不動産担保ローンの顧客を集めないと商売になりません。そのため、多少属性が悪くても取り入れようとするのです。

属性が良くなくても審査通過できるとうたっている

近年は甘い審査の不動産担保も多くなり、中には「ブラックでも審査通過可能」とホームページ上でうたっている金融機関もあります。

不動産を担保とするので、属性が良くなくても問題ないと思う考えの様です。その様なうたい文句の場合は審査は絶対に甘いので、審査通過を期待することができます。

他人名義の不動産でも審査の対象となる

ほとんどの不動産担保ローンの担保は、本人名義か同居家族名義の不動産しか担保として取り扱うことはできません。

しかし、中には他人名義の不動産でも担保としてご利用が可能な金融機関もあります。このような金融機関は顧客を取り入れることを目先としているので、低い審査基準といえます。

地方の不動産でも審査の対象となる

担保とすることができる不動産というのは、どんな不動産でも対象となるわけではありません。流動性が低い不動産では、取り扱いしない金融機関も多くあります。

審査基準が甘い不動産担保ローンは、流動性が高くない不動産でも担保とすることができる商品もあります。この場合、不動産であればどんなものでも融資の対象とする傾向があり、多額の利息を得ることができるのだから何の問題はないと捉えます。

事務手数料が高い

事務手数料が高い不動産担保ローンも、審査が甘めです。利息とは違い契約時に発生する費用であり、非常に重要度が高い手数料となります。

審査基準が低い不動産担保ローンを選ぶ際の注意点

審査基準が低い不動産担保ローンを選ぶ際に目を向けてほしいポイントといえば、闇金業者も潜んでいるということです。不動産担保ローンの中には、残念ながら闇金業者も潜んでいます。闇金業者は不動産担保の査定能力が無いので存在自体は少ないのですが、存在はしています。

闇金業者かどうかを見極めるためには、登録番号のチェックをしましょう。登録番号の中のカッコにある数字が大きければ大きいほど、何度も監督官庁に更新をしてチェックを受けている優良な金融機関という証拠となります。1などの小さな数字のカッコの登録番号の場合は、更新審査形跡がないという証拠となります。

ただし、営業を始めたばかりの一般的な金融業者もいるので、カッコ内の数字の1というだけで闇金業者とは断定はできません。少しでも気になる場合は、カッコ内が1の登録番号の業者は選ばないようにすると良いでしょう。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
審査基準が低い不動産担保ローンの選択ポイントは、これらが挙げられます。しっかりと把握して、どのような条件なら納得して利用できるのかなど、考えると良いでしょう。

ただし、審査が甘い業者の中には闇金業者も含まれているので、注意が必要となります。