ジャックスのリフォームローン厳しい?審査基準はどんな感じなのか

ジャックスのリフォームローンは、ご利用しやすい信販会社リフォームローンとして人気があります。審査の難易度は、どのような感じなのでしょうか。

ジャックスのリフォームローンの審査難易度など、審査基準についてご紹介いたします。

ジャックスはどのような信販会社なのか

まずは、ジャックスがどのような信販会社なのかをご紹介していきます。

ジャックスはクレジットカードの会社というイメージがありますが、クレジットカードの発行以外にも様々な目的別ローンを取り扱っています。自動車ローンや教育ローン、デンタルローン、ブライダルローンなど、様々なローンの取り扱いを行っています。その中に、リフォームローンもあります。

ジャックスは審査が厳しい信販会社なのか

ジャックスは大手信販会社であり、有名な企業です。ご利用しやすい感じに思えますが、審査落ちしたという声も挙がっています。

ジャックスは、残念ながら審査基準は公表されておりません。審査が通った人、通らなかった人を分析してみると、一定の基準が見えてきます。

ジャックスのカードローンの申し込み条件は、このような内容となっています。

  • 20歳以上65歳未満の方
  • 仕事をされている方
  • 勤続年数1年以上
  • 毎月安定した収入がある方

このよう内容となっており、リフォームローンもこの要件が最低限の条件と捉えておくと良いでしょう。

この属性から考えると、アルバイトやパートの方は不安定な収入とみなされて審査通過しない場合が考えられます。仕事をされている有職者とは、正社員を前提にしているからです。

銀行よりは審査難易度は低い

ジャックスは信販会社ですので、銀行よりは審査難易度が低いです。銀行のリフォームローンの審査通過しなかった場合は、ジャックスのリフォームローンに申し込んでみると良いでしょう。

ジャックスのリフォームローンよりも審査難易度が低めなのが、消費者金融のリフォームローンです。しかし、金利が高めで借入金額が少ないので、良い条件ではありません。小規模のリフォームを行う場合であれば、消費者金融のリフォームローンも選択肢の1つといえます。

リフォーム会社に紹介してくれる分審査難易度が低くなることもある

ジャックスのような信販会社のリフォームローンは、お客様本人が直接信販会社に申し込むのではなく、リフォーム会社を通して申し込むことが大半です。

リフォーム会社で扱っている信販会社のリフォームローンは、いつもご利用している分審査難易度が低い場合があります。そのため、ジャックスのリフォームローンをいつも利用しているリフォーム会社からの申し込みであれば、審査が通りやすくすることができます。

リフォーム会社から申し込む信販会社のリフォームローンは、素のリフォーム会社が加盟店になっている信販会社のリフォームローンしかご利用できません。そのため、ジャックスのリフォームローンをご利用になりたい場合は、ジャックスのリフォームローンをご利用できるのかを事前に問い合わせて検討するようにしましょう。

リフォーム会社によっては対応しやすい信販会社もありますので、ジャックス以外を得意としているリフォーム会社であれば、そちらの信販会社の方が審査通過しやすくなることも考えられます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
ジャックスのリフォームローンは、審査難易度は割と低いといえます。しかし、消費者金融と比べると難易度は高いので、決して誰でも審査に通る金融機関とはいえません。

ジャックスリフォームローン厳しい|審査落ちする理由

ジャックスのリフォームローンは、残念ながら申し込みをした全員が審査通過するわけではありません。

審査落ちとなってしまう傾向はどのようなことが理由となっているのか、ピックアップしてご紹介していきます。

携帯電話料金の滞納

近年はスマートフォンなど高い携帯端末をご利用されている方が多く、分割払いで毎月の利用料金と合算して支払いをしている方が多くいらっしゃいます。携帯電話の分割払いはローンでの支払いとなりますので、料金の支払いの滞納や遅延というのは個人信用情報機関に記載されます。

携帯電話代金でよくあることといえば、引き落とし口座の残高不足により形態料金の支払いができなかったというケースです。これは、カードローンの遅延や延滞と同じ扱いとなります。携帯電話料金の支払いの遅れにより、ブラックリストに載ってしまうケースもありますので、注意しましょう。

カードローンなどの遅延や延滞

他社ご利用のカードローンの遅延や延滞も、審査落ちとなってしまいます。基本的には簡易的な遅延や延滞は影響はないようで、61日以上または3ヶ月以上の支払いの遅れである「異動」という情報がある場合は審査通過が厳しいようです。

クレヒスがだらしない

ブラックリストではありませんが、毎月の入金がだらしない方も要注意となります。

カードローンなどの毎月の支払いというのは、個人信用情報機関でチェックできます。ジャックスのリフォームローンの審査の際も必ずチェックし、遅延や延滞とまではいかないけれど毎月の支払いがだらしない方は要注意人物とされてしまいます。

約定日通りに返済しない可能性がある人と捉えられるので、お金にだらしない人と思われてしまいます。金融機関というのは、お金にだらしない人を極端に嫌う傾向があります。

ブラックリストではないけれどお金を貸してもらえない方は、このような傾向があります。契約が続いているクレジットカードは、約定日通りに返済をするようにしましょう。

返済比率のオーバー

返済比率というのは、年収の対するローンの返済割合です。年収が350万円で1年間のローンの返済が120万円の場合は、返済比率は約34%となります。

ジャックスでは返済比率の上限を公開していませんが、一般的に35~40%に達している場合は審査落ちしている傾向があります。収入が低い方はもっと返済比率の上限は低くなりますので、注意が必要となります。

クレジットヒストリーがない

クレジットヒストリーの内容はだらしないとダメですが、全くのクリーンも審査に影響を与えてしまいます。

金融機関というのは、申込者の返済能力を審査上大きく重視しています。借金をしても期日通り返済してくれるのか、を見極めています。

クレジットをした内容があると、どのような返済をしているのかを把握することができます。しかし、全くご利用が無い場合は、返済能力があるのかどうかの見極めができません。

ある程度の年齢で社会経験もあるのにクレジットカードやキャッシングの利用をしていないのは良いことに思えがちですが、金融機関側は利用しなかったではなく利用できなかったという判断をしてしまいます。1度も利用していなくクリーンな方は、1度クレジットカードでお買い物をして支払いの履歴を作ってからのご利用が良いといえます。

多重申し込み

1ヶ所の金融機関の審査に通るのか不安で、数多くの金融機関のリフォームローンに申し込んでしまう方がいます。

しかし、複数の金融機関に1度に申し込んでしまうと、多重申し込みという判断となってしまい、審査通過しなくなってしまいます。多重申し込みは1ヶ月の間に3社以上に申し込んでしまうと、多重申し込み判断となってしまいます。

1度に3社以上に申し込んだり、1か月間の間に3社以上に申し込みをしてしまうと、属性が良くても審査落ちとなってしまいます。多くの金融機関に一度に申し込んでしまうと、お金に困っている人と判断されてしまうからです。

多重申し込みは、申し込み情報として6か月間記録されてしまいます。もし多重申し込みをしてしまった場合は、6か月間経過してから申し込みを行うようにしましょう。

自分の信用情報を開示して確認してみよう

自分の信用力に不安がある場合は、ジャックスのリフォームローンお申し込みの前に自分の個人信用情報の開示をしましょう。ご自分の信用情報は、手続きをすることで開示して中身を確認することができます。手数料が取られますが、1,000円程度の手数料となります。

信用情報に事故情報の記載がある場合は、あとどれくらいで記載がなくなるのかの確認もできるので、その期間を踏まえた申し込みも可能となります。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
ジャックスのリフォームローンは審査に通りやすい傾向がありますが、これらの理由ある場合は残念ながら審査には通りにくくなってしまいます。

ジャックスは信販会社ですので、リフォーム会社の方であっせんしてくれるリフォームローンです。審査通過しやすいリフォームローンですので、絶対に審査に通るように万全の状態にして申し込みをするようにしましょう。

ジャックスリフォームローン厳しい|審査に通過するためのポイント

ジャックスは信販会社ですので、審査は厳しい方ではありません。しかし、属性によっては審査通過しない場合もあります。

ジャックスリフォームローンの審査に通過するためには、どのような審査ポイントに目を向けるべきなのか、まとめてみました。

ジャックスリフォームローン審査厳しい?審査落ちしてしまうのか

ジャックスは大手信販会社であり、審査はそれほど厳しいというほどではありません。銀行系のリフォームローンと比べると審査基準は低いので、審査通過する方は多いと言えます。

しかし、審査基準が低いといっても一定の審査は行いますので、審査落ちしてしまう方もいます。大事なのは、審査通過する属性を持っていることです。当たり前のことですが、その当たり前が欠けていて審査落ちとなってしまう方は少なくありません。

審査落ちとなってしまう属性を取り払って、審査通過するようにしましょう。

申し込み基準は満たしているのか

リフォームローンの申し込み基準というのは、金融機関や商品により異なります。他の金融機関のリフォームローンの申し込み基準と、ジャックスリフォームローンの申し込み基準が同じとは限りません。事前にチェックして、自分が該当しているのかを確認しましょう。

ジャックスリフォームローンをご利用できる方は、このような条件となります。

  • 申し込み時の年齢が満20歳以上65歳以下、完済時年齢満75歳以下の方
  • 勤続2年以上、継続して安定した収入がある方
  • リフォーム対象の物件が本人または同居の配偶者、親、子の所有物件であること
  • 団体信用生命保険に加入が可能な方
  • 保証会社の保証を受けることができる方

これらの条件に欠けている場合は、審査の対象とはなりません。

嘘のない申し込み内容なのか

ローンの申し込みの際によくあることといえば、申し込みの際の入力項目に嘘を記載してしまうことです。

よくある嘘の内容は、これらがあります。

  • 年収を多く記載する
  • 勤続年数を長く記載する
  • 勤務していない勤務先を記載する
  • 他社借入れ件数を少なく記載する
  • 他社借入れ金額を少なく記載する

これらは、嘘をついてもすぐにバレてしまいます。個人信用情報機関の閲覧などですぐにわかるので、嘘が通ることは一切ありません。嘘とばれた場合、いくら属性がよくても審査通過はありません。

審査通過しないどころか、嘘をついた記録は個人信用情報機関に記載されてしまうので、他社のリフォームローンの申し込みの際も審査通過しなくなってしまいます。嘘は避けて、本当のことを記載するようにしましょう。

申込書に空欄を書かない

申込書の記載を求めている内容は、審査に必要な項目なので求めています。しかし、記載したくないのか空白を作ってしまう方がいるようです。

リフォームローンの入力項目は多くあるのでうんざりするかもしれませんが、頑張って全て埋めるようにしましょう。記載するのはご自身のことですので、難しくなく簡単に記載できるはずです。

空白がある申込書は申し込む姿勢が見られなく、審査落ちとなってしまうことがあります。

複数のリフォームローンの多重申し込みはしない

リフォームローンの申し込みは1件ずつとし、何件も同時に申し込むことは絶対にしてはいけません。審査の過程で何件も同時に申し込みをしていることがわかると、多重申し込みという判断となります。金銭的に困っていると判断されて、審査にマイナスとなってしまいます。

よほど属性に問題が無い場合、ジャックスのリフォームローンは審査に通りやすいといえます。不安に思って何社にも申し込んでしまわないように、注意しましょう。

金融事故を起こさない

金融事故がある場合、リフォームローンの審査には通りません。他社のカードローンの返済を少しでもした場合でも、立派な延滞となってしまいます。その延滞の情報は、信用情報に記載し残ってしまいます。

既に金融事故を起こしている場合は、金融事故の情報が消えるまで待ってからリフォームローンの申し込みを行うようにしましょう。信用情報の内容は自分でも閲覧できますので、あとどれくらいで金融事故情報が消えるのかを確認することができます。

希望融資金額を低めにする

リフォームローンは、希望融資金額を低めにすればするほど審査の基準が低くなります。

リフォームローンの申し込みの際は、必要最低限の限度額で申し込むようにしましょう。必要最低限のリフォーム内容にして、その内容に合った希望融資額としましょう。

リフォーム業者に相談すると、適したリフォーム内容の金額をはじき出してくれます。せっかくのリフォームはあれもこれもとリフォームしたいものですが、リフォームローンの審査通過のためには余計な融資金額を作らないことが大事となります。

クレジットヒストリーを育てよう

クレジットカードを全く使ったことがない方は、クレジットヒストリーがないのでリフォームローンの審査通過が難しくなってしまいます。

クレジットカードなどの融資経験がある場合、その返済により返済能力をチェックすることができます。しかし、全くご利用したことが無い場合は、融資しても本当に返済してもらえるのかの信用がなく、審査落ちとなってしまうことがあります。

クレジットカードを使ったことがない方は、クレジットカードを作ってご利用してクレジットヒストリーを作ることをオススメします。年会費無料で申し込み条件が細かくないカードを作ってご利用して、クレジットヒストリーを育てましょう。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
ジャックスのリフォームローンの審査はそれほど厳しくないので、申し込むなら必ず審査通過すべきといえます。これらの審査基準にクリアしていれば、審査通過できるといえます。どれもごく普通のことばかりですので、クリアできるような属性とするようにしましょう。

ジャックスのリフォームローン厳しい?太陽光発電ならソーラーローン

ジャックスのリフォームローンは、審査基準は厳しくないといえます。中でも審査通過しやすいといえば、太陽光発電システムの購入に利用できるソーラーローンです。

ジャックスのリフォームローンのソーラーローンはどのようなリフォームローンなのか、詳しくご紹介していきます。

ジャックスのソーラーローンとは

太陽光発電設備の設置はローンを組んで購入する場合が大半ですが、リフォームローンにも太陽光発電専門のローンがあります。銀行の他に信販会社でも取り扱っており、ジャックスにもソーラーローンという商品があります。

住宅用は古くから取り扱っており、1997年から取り扱っています。産業用の投資物件用のソーラーローンは、2013年ごろから取り扱いをしております。

ジャックスのソーラーローンの特徴

ジャックスのソーラーローンは、借入額の限度額は設けておりません。一般的な年収の場合、1,000万円くらいが融資上限といわれています。

金利は固定であり、申し込み時の金利が適用されます。2019年5月現在、2.500%程度が目安の金利といえます。返済期間は15年ですので、便利にご利用できるソーラーローンといえます。2,000万円のご利用の場合、月々の返済額は約13万円となります。

他にもセディナやアプラスなどの大手信販会社でも取り扱っていますが、審査のスピードや提携企業の多さにより、ジャックスを選択される方が多くいらっしゃいます。信販会社から借入れするのは不安と思われる方もいると思いますが、ジャックスはしっかりとした信販会社ですので安心して活用することができます。

ジャックスのソーラーローンの魅力

ジャックスのソーラーローンには、このような魅力があります。

手続きが簡単

ジャックスのリフォームローンは、提携しているリフォーム会社での申し込み手続きとなります。

お客様は必要事項を記載するだけであり、面倒な手続きは全てリフォーム会社の方で行ってくれます。ローンの手続きというのは意外に難しいので、それをリフォーム会社が行ってくれるのは大変便利で助かるポイントといえます。

素早い審査機関

申し込みから審査の結果がわかるまで、1~2日程度となっています。即日とはなりませんが、すぐに審査結果がわかる便利なソーラーローンといえます。

支払い期間中は固定金利

金利は固定金利であり、全期間固定金利でのご利用となります。変動金利のように不安定な支払いとならず、計画的な支払いとすることができます。

事務手数料がかからない

リフォームローンでよくある難点といえば、事務手数料が高い場合があるということです。いくら金利が低くても、事務手数料などの諸経費が高かったということは少なくありません。

ジャックスのソーラーローンは事務手数料がかからないので、余計な経費の支払いがありません。

一部繰上返済が可能

毎月のお支払いとは別に一部繰り上げ返済ができるので、資金の目途が立った際に繰り上げ返済をすることができます。将来支払うべき分割手数料が減額となるので、お得な支払いとなります。

一部繰り上げ返済後のお支払いは、支払額減額方式と支払い期間短縮方式の2つの方法から選ぶことができるので、自由で支払いしやすい方法を選択することができます。

リフォームローンは多くの融資金額となるので、繰り上げ返済ができるのはとても便利で助かることです。繰り上げ時の手数料は0円ですので、手数料を気にせずにご利用できます。

補助金制度に対応している

国や地方自治体などの、太陽光発電設置補助金制度に対応しています。補助金や助成金を受けながら、太陽光発電のリフォームを行うことができます。

団体信用生命保険が付帯している

団体信用生命保険が付帯しているので、ソーラーローンの被保険者が保険期間中にケガや病気で働くことができなくなった場合でも、保険会社の方でローンの返済をサポートしてくれます。病気持ちの方は加入できませんが、健康な方は安心した返済とすることができます。

長期支払いが可能

最高15年の支払い期間とすることができ、返済計画に応じて支払いができます。

担保型ソーラーローンの取り扱い

ジャックスが太陽光パネル設置場所の土地の第一順位抵当権の仮登録をして、売電収入にも質権を入れることによりお客様の債権保全を行いつつ担保型ソーラーローン専用の余震基準の対応となるローンです。

設備代はフルローンを組むことができる

太陽光発電の設備を、フルローンで組むことができます。そのため、手持ち金がなくてもローンを組むことができます。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
ジャックスのソーラーローンは、他社のソーラーローンと比べてもご利用しやすい点がたくさんある目的別ローンです。太陽光発電設置をお考えでしたら、ジャックスのソーラーローンは絶対にご利用すべきローン商品といえます。

ジャックスリフォームローン厳しい|他金融機関の商品との比較

ジャックスリフォームローンの審査は、厳しいのでしょうか。金融会社のローンの審査基準は異なり、審査が厳しい金融機関と緩めの金融機関があります。

ジャックスリフォームローンの審査は他の金融機関と比べて、厳しいのかどうかをご紹介していきます。

ジャックスリフォームローンの審査の他の金融機関との対比

リフォームローンを取り扱っている金融機関は、銀行、信販会社、消費者金融などがあります。この順番で審査基準が低くなっていき、1番審査基準が高いのが銀行、1番審査基準が低いのが消費者金融です。信販会社は、中堅クラスの審査基準といえます。

銀行は、各種ローンの審査基準はレベルが高いのが特徴です。その理由は、銀行は信用できる相手にしか融資しないからです。その代わり、信用できる相手には好条件での融資とし、低い金利で多くの融資金額としてくれます。

逆に、消費者金融の各種ローンの審査基準は低めです。消費者金融は顧客を多く手に入れたいために、審査基準を低くしております。信用性が低い顧客も多くいるので、その分金利は高く融資金額も少なめとなります。審査には通過しやすいですが、金利が高く融資金額が少ないという悪条件となってしまいます。

信販会社は、銀行よりも審査基準が低く、消費者金融も審査基準は高めです。銀行ほどの安心感はありませんが、銀行のリフォームローンの審査落ちとなってしまった方でも審査通過が期待できる審査難易度といえます。銀行のご利用はできないけれど消費者金融系ローンのご利用はしたくない、そんな方に信販会社のリフォームローンはぴったりといえます。

ジャックスは信販会社の中でも大手であり、信販会社といっても大変人気の安心できる信販会社です。リフォームローンの他にも様々なローン商品を取り扱っており、自動車ローンやブライダルローンなど様々なローン商品を取り扱っています。

手間いらずのジャックスのリフォームローン

銀行のリフォームローンにも消費者金融のリフォームローンにもない大きな魅力といえば、申し込みの際の手間がないことです。

ジャックスのリフォームローンは、加盟店を通して利用するリフォームローンです。お客様が直接ジャックスと契約するのではなく、リフォーム会社が間に入って契約を行う形式となっています。

申し込みは加盟店であるリフォーム会社で行うので、リフォーム会社の指示に従って手続きを行います。必要な書類はリフォーム会社で集めてくれるので、お客様は必要事項を申込書に記載するだけです。あとは、おまかせにしておくだけで、毎月指定の口座から返済していく流れとなります。

リフォームローンの手続きは手間がかかるので、リフォーム会社で全て行ってくれるのは大変助かります。

手数料0円の残債型リフォームローン

ジャックスのリフォームローンは、一部繰り上げ返済が可能な残債型のリフォームローンです。しかも、手数料は0円ですので、繰り上げ返済したいなと思ったタイミングに便利に繰り上げ返済をすることができます。

リフォームローンの商品はほとんどの場合繰り上げ返済に手数料がかかるので、手数料0円というのは大変ご利用しやすいリフォームローンです。

事前にローン審査ができる「JACCSリフォームローン Webエントリーシステム」

「JACCSリフォームローン Webエントリーシステム」は、リフォームローンご利用前にWebにてローンの審査を受けることができるサービスです。ソフトのインストールをせずに、簡単にご利用ができます。

インターネット環境があれば、いつでもどこでもご利用ができます。Web審査ですので、24時間365日ご利用いただけます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
ジャックスのリフォームローンは、審査は厳しいというほどではありません。消費者金融系のリフォームローンよりは審査は厳しいので、属性が良くないと審査には通りません。様々な便利ポイントがありますので、是非リフォームローンはジャックスのリフォームローンをご利用しましょう。