必ず通るリフォームローンにするためのポイント!

リフォームローンの審査は通りやすいと言われていますが、審査が通らないこともあります。せっかく大がかりなリフォーム工事を検討しているのに、リフォームローンの審査に通らないようであれば、大問題となってしまいます。

必ず通るリフォームローンにするために把握すべきポイントを、ご紹介いたします。

リフォームローンの審査はどのようなポイントを見ているのか

リフォームローンの審査はどのようなポイントを重視しているのか、ピックアップしてみました。

貸し倒れリスクの有無

勤続年数や年齢、過去の金融事故などにより、貸し倒れリスクがあるかどうかを判断されます。貸し倒れリスクが高いと判断された場合は、審査には通りません。

他社からの借入金額の多さ

他社の融資のご利用があっても審査には通る傾向がありますが、他社のご利用分があまりにも多い場合は審査に通らない可能性があります。多くの他社からの借入がある場合は、整理するようにしましょう。

所有しているクレジットカードの多さ

クレジットカードというのは、使っていなくても利用限度額が負債としてみなされます。そのため、クレジットカードの所有枚数が多ければ多いほど負債額が多いと判断されてしまいます。使っていないクレジットカードは、解約するなどの整理をしましょう。

収入が少ない

収入が少ない場合は、審査の対象とならない可能性があります。申し込みされる人の年収だけでは審査に通りにくい場合は、配偶者の年収と合算して申し込みすることができます。

健康状態が良くない

リフォームローンの中には、団体信用生命保険に加入することが融資の条件となる金融機関もあります。そのため、健康状態が良くなければ審査の対象とならない場合もあります。

借入れ時の年齢や完済時の年齢、勤続年数、返済負担率に対して厳しくチェックし、近年は健康状態を重視する場合も多くなってきています。

リフォームローンの審査に落ちる傾向がある人はこんな方

リフォームローンの審査に落ちる傾向がある人は、このような方です。

  • 消費者金融からの借入が多い
  • 返済負担率が高い
  • 勤続年数が安定していない
  • 個人信用情報機関に事故情報が掲載されている

このような方は、リフォームローンの審査に通ることは厳しくなってしまいます。

他社からの借入は、個人信用情報機関にてチェックすることで全て把握できます。そのため、申し込みの際に正直に申告しなくても、金融機関側が個人信用情報機関をチェックして把握します。

安定して返済できる人であり、万が一返済できない場合はどう対処できる人なのかを、金融機関は判断します。そのため、年収さえ多く大きな会社に勤めていれば、必ず審査に通るという訳ではありません。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
必ず通るリフォームローンにするためには、これらのポイントに注意して申し込みを検討しましょう。これらのポイントが網羅されていれば、リフォームローンの審査の通過は間違いないといえるでしょう。