必ず通るリフォームローン|補助金や助成金にも目を向けよう

リフォームローンは借入れ金額が少ないので、計画しているリフォーム工事の費用としては足りないこともあります。そこで目を向けてほしいのが、自治体で取り扱っている補助金や助成金です。

自治体で取り扱っている補助金や助成金にはどのようなものがあるのか、ご紹介いたします。

リフォームローンの審査通過と一緒に目を向けるべき補助金や助成金

リフォーム費用の補助金や助成金などの様々な制度を利用することで、もっとお得にリフォームを行うことができます。

どのような補助金制度や助成金精度があるのか、一例をご紹介していきます。

断熱リノベ

住宅に高性能な断熱材や窓な度を使った、断熱改修工事です。平成30年度から、家庭用蓄電池や蓄熱設備も補助の対象となるように追加されました。

補助してもらえる額は、補助対象費用の1/3~1/2以内、かつジョイ減額は戸建て住宅が120~200万円、集合住宅が15~125万円となっております。

長期優良リフォーム

住宅を末永く大切に使うためのリフォームにする場合、その工事費の一部を国が補助してくれる補助金です。最大300万円までの、補助金となっております。

複数の補助メニューがあり、申請の形により要件、補助額、申請方法が異なります。専門家による建物調査を行って、判断します。

ZEH

ZEHはゼット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略であり、省エネ性の高い建物里リフォームをしてエネルギー収支をゼロにする住宅が対象となっております。太陽光発電にて発電したエネルギーを使って、家の中の消費エネルギーをまかなう住宅を対象とします。

ZEHの取得若しくはZEHに改修する建物に対して、国の補助金が出ます。申請の内容により補助金が異なり、最低70万円から最高150万円の補助金を受けることができます。

地域型住宅グリーン化事業

主に新築住宅の省エネルギー住宅に該当する補助金ですが、ゼロエネ住宅の場合のみ改修工事でも利用が可能となり補助金です。100~160万円+αの補助金を受けることができます。

長期優良リフォーム補助金

耐久性があって地震に強く、省エネ性が高く、維持しやすい建物へとリフォームする場合、補助金が交付されます。最大300万円の、補助金を受けることができます。

エネファーム設置補助、家庭用燃料電池システム導入支援事業

家庭用燃料電池システムであるエネファームを、住宅に導入する際尾補助金を受けることができます。最大12万円+αの、補助金を受けることができます。

市町村住宅関連補助金制度

市町村により、様々な住宅関連の補助金制度を行っております。自治体により内容が異なるので、自治体のホームページにて確認してみましょう。

補助金制度や助成金制度はいつもやっているとは限らない

住宅リフォームの補助金制度や助成金制度は、いつでも行っているとは限りません。一定の期間しか取り扱っていない場合も多く、一定の人数が集まったら受付を終了してしまうものもあります。

リフォームを行う際は、地方自治体のホームページをチェックしたり、電話をして問い合わせてみると良いでしょう。補助金や助成金制度を行っている期間に合わせてリフォームを行うことも、1つの方法といえます。

リフォームの補助金制度や助成金制度の行っているかどうかは、リフォーム会社の方でも調べてくれますので、相談してみると良いでしょう。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォームローンの審査の通過も大事ですが、補助金や助成金でリフォーム費用を補うこともできます。リフォーム工事検討の際には必ずチェックして、リフォーム費用に余裕があるリフォームとしましょう。