リフォームローン借りれない!審査が甘いリフォームローンはどんな商品?

リフォームローンの審査に通過せず借りられない場合は、審査が甘いリフォームローンを検討しましょう。

審査が甘いリフォームローンはどのようなものがあるのか、ご紹介していきます。

リフォームローンには2つの種類がある

リフォームの際にご利用できるローンは、住宅ローンとリフォームローンの2つがあります。

住宅ローンは、中古住宅などの住宅購入と一緒にリフォームを行った場合にご利用できるローンです。単純にリフォームを行うのみで費用を得たい場合は、リフォームローンとなります。

住宅ローンとリフォームローンはどちらが審査が甘いのか

住宅ローンとリフォームローンとでは、リフォームローンの方が審査が甘めです。審査が甘い分、金利が高い、融資金額が少ない、融資期間が短いなどのリスクがあります。

リフォーム専用のローンなので、申し込みの要件や必要書類は住宅ローン審査よりもグッと緩和されており、少ない手続きでご利用することができます。

審査の甘いリフォームローンとは

リフォームローンの審査基準は、各金融機関によりことなります。

審査の甘い商品を選ぶ際は、金利が高い商品を選ぶと良いでしょう。金利が高いというリスクを与えることで、審査を甘くしています。

例えば、同じ銀行系でも三菱UFJ銀行とみずほ銀行のリフォームローンを比べると、みずほ銀行の方が金利が高いので審査が甘い銀行となります。金利の高さだけで審査の甘さが確実にわかるとは言えませんが、目安として確実性のある考え方といえます。

審査が甘く信用性が高い信販会社のリフォームローン

信販会社でも、リフォームローンを提供しております。

信販会社のリフォームローンはリフォーム会社にて受付をしているので、契約などの手続きは全てリフォーム会社で行ってくれるので便利です。審査結果は当日わかる場合もあり、すぐに審査結果を把握することができます。

金利は銀行のリフォームローンよりも高めとなってしまい、取り扱っているリフーム会社によって金利も若干異なります。様々な金利体系となっており、業者によっては1%台での金利適用となる場合があります。

信販会社でも金利が低いほど審査は厳しくなりますので、審査の甘さを期待するなら金利が高い商品を検討されることをオススメします。

消費者金融のリフォームローンはオススメできない

消費者金融でもリフォームローンの提供を行っておりますが、金利が高いのがデメリットです。そのため、リフォームで多くの費用を借入れしてしまうと、莫大な利息がかかってしまいます。その分審査は甘めであり、余程のことが無い限り審査通過は望めるといえます。

消費者金融のリフォームローンをご利用する場合は、少ないリフォーム費用リフォームを行う場合のみオススメです。

リフォームローンの審査ポイント

リフォームローンでは、このような審査基準に目を向けています。

信用情報

最初にチェックするのが、信用情報です。ブラックの人や他社の債務の多い方、クレジットカードや借入金の支払いに遅延や延滞がある方は、審査通過は難しくなってしまいます。

借入時年齢と完済時年齢

リフォームローンは長期間の返済期間となるので、借入れ時と完済時の年齢は非常に重要な審査ポイントとなります。

新築した住宅に経年劣化が出てきて行うリフォームが大半なので、申し込みの際の年齢は若い場合は少ないです。完済の年齢があまりにも高齢になっている場合、審査通過は難しくなります。

なるべく若い時に申し込みをし、年齢が上になってから申し込む場合は借入期間を短く設定するようにしましょう。

返済比率

他の債務とリフォームローンの返済額の合計で、年収の35%以内に納めることが理想となります。年収の35%以上の返済となってしまうと、審査通過は厳しくなってしまいます。

勤務先と勤続年数

リフォームローンは多額の費用を融資してもらうので、返済は長期となってしまう場合が大半です。そのため、勤務先と勤続年数はとても重要となります。

大企業や公務員の方は、離職率が低いといわれています。勤続年数は長ければ長い方が離職が少なくなるので、評価が高くなります。

健康状態

リフォームローンの商品の中には、団体信用生命保険の加入が義務付けられている商品もあります。その場合、健康じゃないと団体信用生命保険に加入することはできません。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
審査が甘いリフォームローンのポイントを、ご紹介いたしました。これらのポイントで、審査が甘めのリフォームローン商品をチェックしましょう。

審査が甘いということは、その分金利は高くなってしまいます。審査の甘さと金利の高さのバランスをよく考えて、理想のリフォームローンを探しましょう。