リフォーム会社へ見積もりの上手な断り方ははっきりとした理由を伝えること

リフォーム会社選びは、とても大変です。そのため、相見積もりを取って業者選びする方も多くなってきています。

相見積もりの中の業者のうち1社を選ぶので、おのずと残りの選ばなかった業者にはお断りをしないといけなくなってしまいます。せっかく見積もりをしてくれた業者にお断りをいれることは、抵抗があると思う方もいると思います。

そこで、リフォーム会社へ見積もりの上手な断り方である、はっきりとした理由を伝えることについて、詳しくご紹介していきます。

はっきりした理由がある場合はそれをしっかり伝える

選ばなかった正当な理由があるけれど、それをストレートに伝えることは嫌だと思われるかもしれません。

しかし、リフォーム業者は断られることは日常茶飯事であり、よくあることです。中には理由がわからないまま断られることもあり、リフォーム業者としては何が悪くて断られたのか疑問に思うこともあります。

そのため、具体的ではっきりとした理由を伝えてもらうことは、リフォーム業者にとってものすごくうれしく助かることとなります。断られた理由がはっきりして、解消することができます。優良な業者であれば、正当な理由を聞いて納得してくれます。

中には、正当な理由を伝えても納得してくれないリフォーム業者もいます。諦めきれないのか、何の根拠もないのに相見積もりの他の業者の悪口を言いはじめたり、曖昧な理由を正当化してお客様を非難するようなリフォーム業者は、優秀なリフォーム業者ではありません。

このような営業マンがいるリフォーム会社では満足できるリフォームにはなりませんので、丁寧にお断りをするようにしましょう。

はっきりとした理由とはどんな理由があるのか

はっきりとした理由は、浮かびそうで明確に浮かばない場合があります。

そこで、リフォーム会社の見積書の断り方のはっきりとした理由は何があるのかを、ピックアップしてみました。

費用が合わない

リフォーム会社にお断りをする理由で1番多いのが、費用が合わないことです。費用が合わないことはよくあることですので、はっきりと費用が合わないと伝えましょう。

見積書が明確ではない

リフォーム業者の中には、一式計算で見積書を作ってくる業者がいます。

小さい工事の場合は一式で記載することもありますが、外壁や屋根、内装などのある程度大きな面積の工事の場合は面積×単価で見積書を記載することが原則となっています。大雑把に一式で記載している見積書を作成するリフォーム業者は、お客様目線でリフォームを考えていない業者という証拠となります。

見積書が明確ではなくわかりにくいと、はっきりと伝えましょう。

他社の提案内容の方がしっくりきた

リフォーム会社にはそれぞれ様々な考えがあり、リフォームプランも三者三様です。他社の提案内容がしっくりきたのであれば、その旨を伝えましょう。同じ提案方法にすると言ってきますが、それでは時間がかかってしまうので、とお断りしましょう。

営業マンがしっくりこない

リフォームの見積もりを依頼する際は営業の方と会うことが大半ですが、リフォーム営業マンの中には雰囲気が信頼できない方もいます。

この場合、他の業者の工事担当の方の知識や技術面が信頼できるので、とお断りを入れましょう。営業マンの比較はさすがにいいにくいので、企業としての比較で差があると伝えるようにしましょう。

プランが合っていない

お客様が思うプランとかけ離れている場合、それを理由にしてお断りができます。しかし、その場合ニーズに沿ったプランで再度作成してくると業者はいいますが、そのような時間の猶予がないということを話すことにより、お断りとすることができます。

しつこい営業マンのリフォーム会社は信用できない

お断りを明確に伝えても、しつこく付きまとうリフォーム会社の営業マンはいます。

一般的なリフォーム業者の場合断りが合うと諦めますが、しつこく諦めないリフォーム業者は、企業として良くない体制があるといえます。腕が良くなく仕事がないなどの何らかの不具合があるので、信用出来ないリフォーム業者といえるでしょう。

断っているのにしつこく付きまとう営業マンがいるリフォーム会社は、お客様のことを全く考えていない良くない業者といえます。

断るのは面倒だがリフォームには相見積もりが大事

相見積もりをすることで利用しないリフォーム業者にお断りといれないといけませんが、リフォームには相見積もりは非常に大事です。

リフォーム業界には様々な業者がいるので、比較検討することがとても大事だからです。最低でも3社以上のリフォーム業者から相見積もりを取って、比較検討するようにしましょう。

相見積もりは、地元の優良業者にお願いしましょう。地元の業者は地元のお客様を大事にしますし、工事完了後何か不具合が合った場合でもすぐに対応してもらえます。

大手の有名なリフォーム会社に頼みたいと思うかもしれませんが、意外と管理が行き届いていなかったり、何か不具合があってもすぐに駆けつけてくれない場合があります。わからない場合は知り合いやツテを頼って、地元の優良業者から相見積を取って業者の選定をするようにしましょう。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
相見積もりを取ると、選ばなかったリフォーム業者へお断りとしないといけません。その場合は、はっきりと思っている理由を伝えるようにしましょう。相手もはっきり伝えられることが大事で今後の仕事に活かすことができるので、例え嫌なことでも文句は言いません。

リフォーム工事の見積もりの断り方と理由の伝え方

リフォーム工事の見積書は相見積もりをすることが大半ですが、お願いしないリフォーム業者にはお断りを入れないといけません。

見積書をもらった後のお断りなどのマナーを、わかりやすくご紹介いたします。

見積書をもらった後のマナーはとても大事

リフォーム工事を行う前にはリフォーム業者に見積書を作って提出してもらいますが、その中身が納得できない場合もあります。そんな時は、お断りをしないといけません。

見積書の作成はほとんどのリフォーム業者の場合無料ですので、別途料金がかかることはありません。しかし、見積もりをしたということは仕事が来ると思っているので、良いお返事がくることを業者は期待しています。お互いが嫌な思いをしないように、丁寧にお断りをすることが最低限のマナーといえます。

リフォーム工事の際に欠かせない相見積もり

リフォームというのはリフォーム業者により考え方が全く違うので、1社だけの見積もりではそれが相場の金額なのか考え方なのかの判断ができません。

そのために必要となるのが、いくつかの業者に見積もりをお願いする相見積もりです。工事を頼むお客様側としては、相見積もりにて多くの情報を得ることができる大事な手段です。

相見積もりは、地元の優良な業者にお願いをしましょう。多くても3社程度にとどめて、あまり多くの業者に相見積りをお願いしないようにしましょう。3社以上から見積もりを集めてしまうと、比較する側が比較しにくくなってしまい、どの見積書が良いのかの判断が付きにくくなってしまいます。

見積もり後の業者への断り方

納得ができない見積書の業者には、お断りを入れないといけません。見積書の作成は無料ですが、相手への配慮として必ずお断りを入れるようにしましょう。

見積書のお断りを入れる方法は、これらの2つの方法があります。

電話で断る

見積書のお断りは、電話でお断りされる方が大半です。電話は直接お話をして伝えるので、配慮が大事となります。

大事なのは、断る理由や話す内容を事前にしっかりまとめておくことです。相手は断りの連絡を受けるのが得意な相手ですので、断りの電話をしても食い下がってきて断れないようにしてくる場合もあります。

相手に丸め込まれないように、話す内容を事前にメモして見ながら話をすると間違いのないお断りとすることができます。

メールで断る

近年は、メールにてリフォーム業者にお断りを入れるケースも少なくありません。メールは打ちながら記載する内容を考えながら記載できるので、相手に失礼がないように言葉を選んで伝えることができます。

メールでのお断りの仕方の内容は、ビジネスマナーに沿った書き方であれば問題ありません。件名は「見積もりの件について」の様な感じでOKです。挨拶と見積もりをしてもらった感謝の気持ちを記載し、結果なぜ断ることになったのかを記載しましょう。

断る内容は細かく書くことはなく、ある程度の内容でOKです。最後に、謝罪の気持ちも添えておきましょう。メールの場合は、シンプルな内容で伝えることがポイントとなり、くどくどと書かないようにしましょう。

断ることは悪いことではない

日本人は断ることを悪いことと思いがちであり、断ることがストレスとなってしまい後回しにしてしまう傾向があります。

しかし、断ることはリフォーム工事での見積もり段階ではよくある話であり、断るなら素早く断ってもらった方が相手も期待せず次に進むことができます。なるべく後回しにせず、断る予定があるのであれば早めにお断りを入れることも相手のためといえます。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
リフォーム工事の見積もりの断り方と理由の伝え方について、ご紹介いたしました。お断りは、相手を気遣ってお断りすれば何の問題もありません。相手を気遣って言葉やタイミングを選んで、お断りをしましょう。

リフォームで見積もりを取った際の断り方の注意点

リフォームでは相見積もりを取った際、合わないと思ったらお断りをしないといけません。せっかく見積もりをしてもらったのにお断りをするということは、なかなか大変なことです。

そこで、リフォーム工事の見積もりのお断りをする際に目を向けるべき注意ポイントを、ご紹介いたします。

お願いしないリフォーム業者には必ずお断りをする

1番大事なポイントは、お願いしないリフォーム業者には必ずお断りをしないといけないということです。

お客様は発注する立場ですので、別にこっちから声かけなくてもいいでしょと思う人もいるようです。しかし、人としてのマナーとして、頼まないのであればお断りとしないといけないのは当たり前です。電話でもメールでもいいので、必ずお断りをしましょう。

金額を理由に断る

断ることには理由が必要であり、1番無難な理由として金額で断ると良いでしょう。他社の方が安かったのでそちらにお願いします、とお断りしましょう。

金額は他社も歩み寄ることはできますが、その見積書が出てくるまでは時間がかかってしまうので、今回は他の業者にお願いすると伝えてみましょう。

横柄な断り方は絶対にしてはいけない

お客様の方がリフォーム業者よりも立場が上なので、大きな態度を取ってしまうお客様もいるようです。

発注する側と受ける側の関係性ですが、それに優劣をつけては絶対いけないのが、お客様と業者のルールです。先に声をかけて頼んだ方として考えると発端はお客様の方ですので、丁寧にお断りをすることが大事となります。

時間を割いて見積書を作ってもらったことに感謝の気持ちを込めて、お断りをしましょう。

後回しにせずに早めにお断りをする

お断りとなると先延ばしにしたくなりますが、業者としては早く断ってもらった方が助かります。返事がないと、工事が来るのではないかと期待してしまうからです。そのため、お願いする業者を決めたら、すぐに他の依頼しない業者にお断りを入れるようにしましょう。

次回に繋がるような断り方をする

今回は合わなくお断りをしますが、また次回機会がございましたらよろしくお願いします、と伝えるようにしましょう。例え次がない場合でも、そのように業者にいうことで業者もすんなり納得して引いてくれます。

契約には至りませんでしたけれど、お互いが納得できるすがすがしい断り方が大事となります。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォームで見積もりを取った際の断り方は、これらの注意点に目を向けてお断りをするようにしましょう。消して横柄にならず、相手を考えての断り方が大事となります。

リフォームの見積もりの断り方の文例

複数のリフォーム業者に見積もりをしてもらった後は、断るのが一仕事です。しかし、相手も時間を割いて見積書を作ってくれたので、お断りはしないといけません。

どのようにお断りを入れるべきなのか、断り方の文例をご紹介いたします。

予算を理由にお断りする場合

お客様はあらかじめ予算を決めていますので、予算に対する断り方が1番ベストともいえます。予算を理由にお断りする場合は、相手に配慮した伝え方が理想となります。

「お見積り金額に対して十分な検討をしましたが、費用が予算と合わず今回は見送らせていただきます。」このような文章でOKであり、丁寧にお断りすることで今後も関係性を良好に保っていくことが可能となります。

納期を理由にお断りする場合

お客様にとってリフォームを完了させたい理想の日というのがありますので、納期に対して断るということも1つの理由となります。その納期では予定の完成に間に合わないということを、相手を配慮した文章で伝えるようにしましょう。

「ご提示いただいた納期が予定していた納期とは合わないので、今回は見送らせていただきます。」このように、具体的な理由を伝えながらはっきりと自分の意見をいうことで、相手に柔らかく明確に伝えることができます。納期が間に合わないのはどうしようもない理由なので、リフォーム業者も納得してくれます。

他の業者に決めた理由にてお断りする場合

相見積もりを取っている場合は、その中の1社に決める場合があります。

その際、その他の業者にお断りをしないといけません。まず、相見積もりをしている場合は、あらかじめその旨をそれぞれのリフォーム業者に伝えておくようにしましょう。

「数社に見積もりをお願いして検討しておりましたが、今回は御社の見積もりをみおくらせていただきます。」事前に数社に相見積もりを取っていることを知っているので、このような伝え方でスムーズに伝えることができます。

見積もりのキャンセルは素直にはっきりと伝えることが大事

見積もりのキャンセルは、素直にはっきりと理由を伝えることが大事です。曖昧に伝えると脈があると勘違いしてしまい、見積もりを改善することで工事を取ることができると思わせてしまいます。断ることが目的ですので、相手に可能性を与えてしまってはいけません。

理由をはっきりと伝えて、相手に苦痛とならない伝わり方で伝えることが大事です。そして、最後には「申し訳ございません」と、謝りの言葉を入れておきましょう。申しわけない気持ちを一言入れておくことで、相手も気持ちよく納得してくれます。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
リフォームの見積もりの断り方に迷ったら、これらの例文を参考にしてください。きちんとお断りすることでしつこくされないので、スムーズなやり取りにすることができます・柔らかくはっきりと相手に示して、今回は縁が無かったのだと伝えるようにしましょう。

リフォーム工事の見積もりの断り方|しつこい業者に要注意

リフォーム工事の見積もりの断り方は、そんなに大変なことではありません。しかし、業者の中には断っても執拗に関わってこようとする業者もいます。しつこい業者は、悪徳業者の可能性もあります。

断ってもしつこい業者とはどのような業者なのか、対処法なども含めてご紹介いたします。

リフォーム工事の見積もりの断り方はどのような理由でも納得してくれる

一般的な優良業者の場合、見積もりの断りの際はどんな理由でも納得してくれます。少しは歩み寄りたいところですが、お客様が既に決めてしまっている以上、これ以上時間を割いても契約には至らないと思うからです。

そのため、大半のリフォーム業者は歩み寄れないとわかると、それ以上関わろうと思いません。次のお客様に目を向けた方が、効率的な業務だと思うからです。

しかし、中には断ってもしつこく関わってこようとする業者もいます。お客様が断ってもしつこく関わろうとする業者は、悪徳業者の可能性があります。

1度断った後は相手にしなくていい

1度断ったということは、もう関わらないという意思を見せた証拠となります。そのため、1度断った後に連絡が来ても相手にする必要はありません。

再度コンタクトを取られると相手にすべきと思うかもしれませんが、そんなことはありません。1度決めた業者に依頼すべきですので、その他の業者とはもう関わる必要性は一切ありません。

断っても関わろうとする業者への対処方法

断ってもしつこく関わろうとする業者には、このような対処方法で関わらないようにしましょう。

家のカギをかけて家の中にいれない

しつこい業者は、家に訪問して長い時間居座ってなんとか契約へとつなげようとします。家に入れてしまうと帰らなくなってしまうので、家に入れないようにしましょう。家のカギをかけて玄関越しに話すようにすると、ある程度の話で業者が帰るようになります。

一般的なリフォーム業者はプロの専門家ですので、お客様が依頼する気がないのであれば執拗にはしません。執拗に関わろうとするのは、お客様のことを全く考えていない悪徳業者の証拠となります。そのような業者にリフォームを依頼するとトラブルが発生してしまう可能性があるので、絶対に関わらないようにしましょう。

業者の電話には出ない

リフォーム業者は電話にて営業をしてくる場合もあり、どうにか契約してくれないかと電話をかけてくることがあります。もう1度断っているので関わる必要性はないので、電話が来ても出ないようにしましょう。業者の電話番号を登録しておくと着信がわかるので、出ずに済みます。

あまりにもしつこい業者で対応しきれない場合の対処方法

あらゆる断り手段や応対をシャットアウトする手段を取ってもしつこい場合は、このような対処がオススメとなります。

消費者センターに相談をする

消費者センターでは、執拗な業者に対しての相談を受けてくれます。

弁護士に相談

あまりにもしつこくてどうしようもない場合は、弁護士に相談をすることで解決することができます。しかし、費用が掛かる場合がありますので、無料相談からご利用してみると良いでしょう。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォーム工事業者の中には、見積もりを断ってもしつこく付きまとう業者もいます。既にお断りしているので、しつこすぎる場合は冷たくあしらいましょう。丁寧に対応すると相手の思うつぼにはまるので、よくありません。