高齢者でもOK!リフォームローンの年齢制限の把握しておくべきポイント

リフォームローンは現役の方だけではなく、高齢者の方もご利用したいローンです。しかし、高齢者ではご利用は難しいと思われている方もいると思います。

高齢者がリフォームローンをご利用する際に把握しておくべきポイントを、ご紹介いたします。

高齢者はリフォームローンをご利用できるのか

高齢者は、病気になるリスクが高くなることにより、リフォームローンの審査に通りにくいことがあります。

金融機関により年齢の上限が違いますので、何社かチェックしてみると良いでしょう。一般的には、申し込み時の年齢制限が60~70歳までであり、完済時の年齢制限は80歳未満となっている金融機関が多くあります。

そのため、金融機関の年齢制限にもよりますが、60~70歳以上の方は審査の対象とならないということになります。高齢者の方は、申し込み時の年齢がより高い金融機関を選ぶことが大事となります。

高齢になればなるほど利用目的が増えるリフォーム

リフォームには様々な内容がありますが、高額なリフォームが必要となるのは築30年ごろとなります。築30年になると建物のあちこちに劣化が発生してしまい、必要リフォームの量が多くなります。

また、築30年となると、ほとんどの方が60歳くらいの年齢になります。そのような年齢になると、バリアフリーや二世帯住宅の検討が必要となり、大がかりなリフォームも必要となっていきます。高齢になればなるほど、大がかりで費用がかかるリフォームが必要となるということがわかります。

退職金や貯金でリフォームの費用をまかなうことができますが、それらのお金は老後に残しておきたいものです。そのため、必要となるのがリフォームローンなのです。

リフォームローンは年齢以外にも重視される審査ポイントがある

高齢者の方は年齢ばかり気にしてしまいますが、リフォームローンの審査ポイントは年齢だけではありません。

このようなポイントに、注意が必要です。

団体信用生命保険の加入が可能なのか

リフォームローンの多くは、団体信用生命保険の加入が義務付けられています。高齢者の方は病気を持っている方も多く、その場合は審査には通りにくくなってしまいます。

リフォームローンを返済できる収入や貯蓄があるか

高齢者の方は先の収入が見えなくなるので、リフォームローンの返済できる収入や貯蓄があるのかを厳しく審査されます。

過去のローンやクレジットカードなどの返済に遅延や延滞はあったか

過去のローンやクレジットカードの支払いに遅延や延滞がある場合は、審査通過は厳しくなります。5年経っていると個人信用情報機関の記録からは消えるようですので、気になる方は個人信用情報機関をチェックしてみましょう。

現在返済しているとローンがあるのか

リフォームローンは総量規制の対象外ですが、他に返済しているローンが多くある場合は、返済能力が低いと判断されて審査の対象とはなりません。

これらの審査項目にプラスして高齢という情報が揃ってしまうと、リフォームローンの審査に通るのは非常に難しくなってしまいます。

リフォームローンの審査に通らなかった場合の対象法

リフォームローンの審査に通らなかった場合は、このような対処を取ってみましょう。

審査レベルが低い金融機関のリフォームローンに申し込んでみる

銀行のリフォームローンに申し込んだ場合は、審査レベルが低い金融機関のリフォームローンに申し込んでみると良いでしょう。

信販会社は審査レベルが低いので、申し込んでみると審査に通る可能性があります。信販会社はオリコやジャックスなどの有名な大手信販会社ですので、安心してご利用ができます。

住宅支援機構のリフォームローンに申し込んでみる

住宅金融支援機構の「リバース60」は、満60歳以上の方がご利用できるリバースモーゲージ型のローン商品です。毎月の支払いは利息のみであり、元金の支払いは建物の売却費用か相続人の支払い似て返済します。

住宅改修費支給制度の利用

住宅改修費支給制度とは、介護を行うために住宅をバリアフリー化のリフォームを行う際、介護保険よりリフォーム費用を支給してもらえる制度です。リフォーム費用の支給額は、リフォーム内容にかかわらず最大20万円となっております。

また、20万円のうちの1~3割は申込者の自己負担となります。1回のリフォームで20万円の支給額を使いきれない場合、残った支給額を後で使うこともできます。

住宅改修費支給制度の利用条件は、要介護認定された方または認定された方のご家族が住んでいる住宅の場合であり、手すりの取り付けや段差の解消など、決められたリフォーム内容を行わないといけません。

属性が良い家族の名前で申し込んでみる

世帯主が高齢者の場合、世帯主の名義で申し込まないといけないわけではありません。一緒に同居しているご家族であれば、属性が良いご家族の名義で申し込むことも1つの方法といえます。

奥様やお子さんなど、収入が安定していて審査の対象となる方の名義で申し込んでみましょう。

リフォーム内容を縮小する

リフォームローンの審査に通らない場合は、希望融資金額が高い場合があります。その場合は、リフォーム内容を縮小して希望収支金額を少なくしてみると良いでしょう。必要な物は取り付けないわけにいかないので、グレードを下げるなどの検討をしてみると良いでしょう。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
高齢者の方はリフォームローンの審査通過が心配になると思いますが、細かく計画することで審査通過も夢ではありません。計画的に検討して、リフォームローンの審査に通過するようにしましょう。

リフォームローンとは|年齢制限など把握しておくべき特徴

リフォームというのは、大がかりになると1,000万円を超える程の高額となってしまうこともある、大きな工事です。そのため、リフォームの費用をローンで補う方も大変多くいらっしゃいます。

リフォームローンとはどのようなローンなのか、年齢制限などの知ってほしい特徴をご紹介いたします。

リフォームローンとは

リフォームローンとは、住まいのリフォームの際に使うことができるローンです。大きく分けて2つあり、住宅ローンは住宅購入時と一緒にリフォームを行う際に、リフォーム費用としてご利用することができます。

リフォームローンは、リフォームのみを行う際にご利用できるローンです。住宅購入をせず今住んでいる住宅のリフォームを行う場合は、リフォームローンのご利用となります。

担保型と無担保型どちらが良いのか

リフォームローンには、担保型と無担保型の2つがあります。

担保型

担保型は自宅を担保とする方法であり、借入金額が多いのが特徴です。低金利でご利用ができ、借入可能額が高く返済期間が長いという特徴があります。

低金利がとても魅力であり、担保型と無担保型を比べると、年2%以上も差がある商品もございます。そのため、無担保型と比べると利息が少ないので、月々の支払いが少なくなります。

無担保型

無担保型は担保を有さない方法であり、担保がない分提出書類が少なく済み、審査時間も短く審査基準が低い特徴があります。

担保型は1週間ほど審査に時間がかかることがありますが、無担保型は申し込み当日に審査結果がでる場合もあります。保証人が不要の商品が多く、気軽にご利用できる商品です。

ただし借入可能額は低く、多くても500万円程度が大半です。返済期間も10~15年と短いので、長期スパンでご利用することはできません。また、無担保型は諸費用もお安く、少ない諸費用でご利用することができます。

この2つのうちどちらを選ぶかは、工事費用によります。1,000万円以上の大がかりなリフォームの場合は、担保型が適しています。500万円以下の小規模のリフォームなら、審査基準が低く審査結果が早く出る無担保型がオススメとなります。

年齢制限は各金融機関により異なる

年齢制限は、各金融機関により異なります。

一般的には、借入れ時は60~70歳を上限としている場合が多く、完済時に80歳上限としている場合が大半です。金融機関ごとに微妙に違うので、年齢制限ギリギリの方は様々なリフォームローンの商品を比較して決めると良いでしょう。

近年審査の基準として重要視されている返済負担率とは

リフォームローンの審査項目は大変多くありますが、中でも近年重要度が増している審査項目は返済負担率です。

返済負担率は、ご利用している他のローンやキャッシュカードなどのご利用分も合わせて検討されます。希望融資金額と合計して返済負担率があまりにも高くなる場合は、審査通過しない場合があります。

事前に、現在ご利用しているマイカーローンやショッピングのローンなどを合計して返済負担率をチェックして、返済負担率のパーセンテージを超えないかどうかを計算しましょう。

返済負担率の基準は、年収250万円未満の場合25%以内、年収400万円以上の場合35%以内といわれています。もしもこれらの数字を超える場合は、他のローンの返済をして返済負担率のパーセンテージ内に納めるようにしましょう。

〇¥審査はどのような流れで行うのか

リフォームローンの審査は2段階で行い、仮審査と本審査が行われます。

仮審査は借入れ希望額など簡単な項目の入力であり、すぐに終了します。インターネットで仮審査に申し込んで仮審査が通過したら、その後本審査を行って電話やメール、郵送などにより審査結果が通知されます。

銀行のリフォームローンは1ヶ月ほど審査に時間がかかる場合がありますが、信販会社などの銀行以外の金融機関は早くて当日に審査結果が出る場合もあります。

どの金利タイプが良いのか

金利には大きく分けて3つの種類があり、全期間固定金利型や変動金利型、固定金利選択型があります。

全期間固定金利型

借入期間中は、ずっと同じ金利が適用します。返済の最後まで同じ金利なので、世の中の景気に左右されることはありません。しかし、世の中の金利が低くなっても、最初に設定した金利で払い続けないといけません。

変動金利型

市場の金利の動きに合わせて、1年に2回金利が見直されます。世の中の情勢に合わせて金利が変わるので、低金利の恩恵を受けることができます。

近年は低金利となっているので、変動金利を選択される方が増えています。しかし、世の中の情勢によって金利が高くなってしまうこともあります。

固定金利選択型

返済が始まって最初の数年間は固定金利であり、固定金利の期間が終了した後に固定金利にするか変動金利にするか選択することができます。

支払いし始めの数年の固定金利期間は、金利優遇措置を受けることができます。しかし、固定金利期間が終わると金利が大幅に上がって損をしてしまうこともあります。これらの3つの金利を比較してみると、どのタイプもメリットとデメリットがあります。その時の情勢により、どれを選ぶべきかは異なります。

金利の上昇が気になる方は、変動金利は不向きといえます。世の中の情勢と便利だと思う金利方式をよく考えて、自分に合った金利タイプを選ぶようにしましょう。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
ローン商品というのはわかりにくい部分がありますが、これらを把握しておくことで審査に通過しやすくなります。リフォームローンは審査時準が甘めといわれているので、審査が通る属性としておき申し込むようにしましょう。

高齢者でも年齢制限が気にならないリフォームローン|高齢者向け返済特例

高齢者の方は、リフォームローンの年齢制限が気になると思います。そんな方にオススメなのが、住宅金融支援機構の高齢者向け返済特例制度です。

高齢者向け返済特例制度とはどのようなリフォームローンなのか、ご紹介していきます。

高齢者向け返済特例制度とは

高齢者向け返済特例制度とは、借り入れ申し込み時満60歳以上の高齢者が自ら居住する住宅のリフォームにご利用できるローンです。

満60歳以上の方がご自宅をバリアフリーリフォームや耐震改修工事含むリフォームを行った場合に、申込人が亡くなった時点で相続人が担保とした土地や建物を処分することで一括返済とすることができる、死亡時一括償還型リフォーム融資制度です。1,000万円を限度に融資を受けることができるので、大がかりなリフォームも可能となります。

この制度は、申込人が亡くなるまでの毎月の返済額は利息のみとなる大きな特徴があり、少ない毎月返済額とすることができます。年齢制限は、申し込み時期満60歳以上であれば年齢の上限はありません。また、満60歳以上の同居親族は連帯責任者となることもできます。

どのようなリフォームが対象となるのか

このようなリフォームを行うことで、高齢者向け返済特例制度をご利用することができます。

バリアフリー工事

床の段差解消、廊下幅の幅員の確保、居室の出入り口の幅の確保、浴室や階段の手すりの設置

耐震改修工事

建築物の耐震改修の促進の関する法律や住宅金融支援機構の定める基準に適合する耐震改修工事

これらのいずれかのリフォーム工事を絡めて、他の一般的なリフォームを含めて行うこともできます。

審査の日数は銀行並みにかかってしまう

高齢者向け返済特例制度は、最初にカウンセリングを行った後にお客様から保証限度額設定申請書を提出してもらいます。カウンセリングからリフォーム工事着工までは、2ヶ月程度かかってしまうので日数を要します。そのため、余裕を持って申し込むことが大事となります。

申し込みの際に様々な費用がかかる

制度ご利用の際は、このような費用がかかります。

保証料

借入額の4%が、かかります。

保証限度額設定料

30,000円に消費税で、32,400円かかります。

保証事務手数料

70,000円に消費税で、75,600円かかります。

適合証明書の発行

適合証明機関や適合証明技術者によりことなり、50,000~100,000円ほどかかります。

不動産鑑定士により価格調査の際の費用

不動産鑑定士により価格等調査が必要な場合があり、100,000円程度かかります。

抵当権などの登記費用

土地や建物の状態によりますが、80,000円程度かかります。

公的証明書の入手費用

住民票などの、公的処理を取得する際の入手手数料などがかかります。融資額が300万円の場合、合計で50万円程度かかる計算となります。

子供と同居している場合は要注意

この制度は、申込者が亡くなったら土地や建物を売却してその費用で元金を一括返済しないといけません。そのため、お子さんはそのまま住み続けることができなくなります。

売却を拒否する場合は一括返済となりますので、お子さんが一括返済できれば住み続けることができます。ただし、耐震改修のリフォームを行った場合は、申込者の方が亡くなった場合に相続人が満60歳以上の場合は、高齢者向け返済特例制度の借り換え融資を受けることができる場合もあります。

担保物件に第一順位の抵当権を付けないといけない

リフォームを行う建物というのは、住宅ローンご利用中の場合もあります。住宅ローンご利用中でも、高齢者向け返済特例制度のご利用はできます。

ただし、高齢者向け返済特例制度に担保である土地や建物に第一抵当権を設定しないといけません。住宅ローンでは、その建物に第一抵当権を設定している場合がありますが、高齢者向け返済特例制度のご利用の際は高齢者向け返済特例制度に第一抵当権を設定しないといけないので、注意が必要となります。

その辺は、住宅金融支援機構の方でご相談ができますので、わからない場合はご相談してみると良いでしょう。

必ず融資限度額の1,000万円まで融資を受けられるのか

融資限度額の1,000万円は、あくまで融資限度額です。そのため、誰でも申し込むことで1,000万円融資してもらえるわけではありません。

これらのうち低い融資額となるので、注意しましょう。

  • 融資限度額1,000万円
  • 住宅金融支援機構の計算にて算出した融資額

高齢者住宅財団が定めた保証限度額

高齢者財団が保証できる金額の上限額であり、一戸建ての場合は土地と建物を合わせた評価額に60%を掛けた金額となります。これらのうちの低い金額が融資限度額となり、1,000万円まで借り入れできるというわけではありません。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
高齢者向け返済特例制度は年齢を増した高齢者の方がご利用できるリフォームローンであり、年齢制限考えなくご利用できます。高齢者の方でリフォームを検討されている場合は、是非ご利用してみましょう。

年齢制限ギリギリの方のリフォームローン|オススメのリフォーム内容

年齢制限ギリギリの方には、是非オススメしたいリフォーム内容があります。減税制度など様々な恩恵も受けることができますので、是非参考にしてみませんか。

年齢制限ギリギリの高齢者の方にオススメのリフォーム内容を、ご紹介いたします。

バリアフリーリフォーム

バリアフリーは、高齢者の方には欠かせない工事です。

バリアフリー改修工事は、これらがあります。

廊下などの通路幅の拡張

廊下幅を広げるなどにより、車いすや介護者がいても歩行しやすくします。

床や敷居などの段差の勾配の緩和

床や敷居などを、斜めになるように緩く段差を緩和させて歩行しやすくします。

浴室改良

在来工法からユニットバスなど、高齢の方でも安心して入ることができる浴室とします。

便所改良

洋式便器に変えたり手摺を付けるなど、高齢者の方でも使いやすいトイレとします。

手すりの取り付け

玄関ホールや階段などに手すりをつけることで、高齢者の方でも安全に歩行できるようにします。

段差の解消

玄関や床や敷居などの段差をフラットにして、高齢者が歩行しやすくします。

出入り口の戸の改良

引き戸など手前ではなく横に引く戸のタイプとし、スムーズな出入りとします。

滑りにくい床への改良

滑り止め付きの床材など、高齢者が滑らない床仕上げとします。

省エネリフォーム

省エネリフォームは、建物のヒートショックを無くすことができるので、高齢者の方には欠かせない工事です。

省エネリフォーム工事は、これらがあります。

居室の窓の断熱工事

樹脂の内窓を付けたり樹脂サッシに変更し、サッシの熱伝導率を低くします。また、サッシのガラスを高断熱ガラスに取り替えて、ガラスからの熱伝導率を低くします。

床の断熱工事

床に断熱材を新たに充填して、床の省エネ効果を高めます。

壁の断熱工事

内壁の断熱材の充填や外断熱により、壁の省エネ効果を高めます。

天井の断熱工事に

天井に断熱材を充填することにより、天井の断熱効果を高めます。

これらのリフォームは減税制度に該当する

バリアフリーリフォームや省エネリフォームは、ローン減税制度に該当します。バリアフリーリフォームも省エネリフォームも、上記のリフォームを1つでも行うことで受けることができる減税制度です。

ただし、5年以上の返済期間のローンで、リフォーム工事の額が50万円を超える場合に対象となります。年末のローンの残高上限に対して、工事費の2%が所得税額から控除してもらえます。控除される期間は、リフォーム後居所住し始めた期間から5年間です。

実際に戻ってくる還付金ですが、年収400万円の世帯が100万円のこれらのリフォームを行った場合、バリアフリーリフォームと省エネリフォームの2つとも該当する場合、7万円の還付金となります。100万円で7万円戻ってくるということは7%戻ってきるので、とてもお得となります。

減税制度をご利用する場合は、確定申告が必要となります。リフォームローンをご利用する方のほどんとが会社員ですので、確定申告を自ら行うという習慣はないと思います。減税制度に該当する場合は、お住まいの地域の税務署にて確定申告を行うことで、還付金が戻ってきます。

はじめて確定申告を行う際はわかりにくいと思いますが、税務署で丁寧に教えてくれますので問い合わせてみると良いでしょう。

バリアフリーや省エネリフォームを行う際に優遇してくれるリフォームローン

リフォームローンの商品の中には、バリアフリーや省エネリフォームを行う際に優遇してくれるリフォームローンの商品があります。バリアフリーや省エネリフォームを行うために作られたリフォームローンであり、この2つのリフォームを行う場合は審査が優遇する場合があります。

また、金利も通常のリフォームローンよりも低く設定されていることも多くありますので、とてもお得となります。銀行のリフォームローンも信販会社のリフォームローンでも取り扱っておりますので、是非チェックしてみましょう。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
年齢制限ギリギリの方のリフォームは、こんなにたくさんあります。年齢制限ギリギリの方は、様々なリフォームが必要となる年齢といえます。これらのリフォームはローンも住宅ローン減税制度も優遇されているので、是非注目してみましょう。

年齢制限を気にせずに借入れができるリフォームローン

高齢者の方がリフォームローンをご利用したくても、やはり気になるのは年齢制限です。

高齢者の方が年齢制限を気にしないリフォームローンはどのような商品があるのか、調べてみました。

高齢者の方のリフォームにオススメのローン

高齢者のリフォームにオススメのローンは、これらが挙げられます。

リバースモーゲージ

持ち家を持っている高齢者が、その持ち家を担保として生活費などの一時金の借入ができる制度です。

リフォームローンではなく貸付制度ですが、終身で借りることができるので、その費用をリフォームに充てるという考え方です。多くの費用とはなりませんが、小規模のリフォームなら可能といえます。

フラット35リノベ

申込時現在70歳未満の方が対象となるので、60代の高齢者の方も審査の対象となります。中古住宅購入時にリフォームを行うことで、リフォーム利金の借入も可能となる条件となります。

高齢者向け返済特例融資

高齢者が申込者となり、利息だけを支払って行くことができるリフォームローンです。申込者が亡くなると相続人が全額一括支払いをしないといけないので、計画的なご利用が大事となります。

信販会社のリフォームローン

信販会社のリフームローンは対象年齢基準が低いので、高齢者の場合でも審査の対象となる場合があります。審査基準も低いので、すぐに審査結果が出ることでリフォームの計画も立てやすくなります。

オススメできないローン

高齢者はリフォームローンの審査に通りにくく、これらのローンはオススメできません。

銀行のリフォームローン

銀行のリフォームローンは素晴らしいローンですが、高齢者はほぼ間違いなく審査には通りません。リフォーム費用捻出に時間がかかってしまいますので、申し込みをすることはオススメできません。

消費者金融のリフォームローン

消費者金融でもリフォームローンを取り扱っていますが、リフォームローンの中では金利が高過ぎます。そのため、小規模の少ない融資金額であれば利息も少なく済みますが、大がかりなリフォームにはオススメできません。

カードローン

カードローンは使途自由ですのでリフォームにもご利用できますが、金利が高いのでオススメできません。

高齢者の方がリフォームローンの審査に通るためのポイント

高齢者の方がリフォームローンの審査に通りやすくなるためには、これらのポイントがあります。

希望融資金額を多くしない

希望融資金額が多いと、その分審査が厳しくなってしまいます。審査基準を低くする為には、希望融資金額を低めに設定しましょう。高齢者の方はあれもこれもと行いたいリフォームがありますが、最小限にとどめて希望融資金額を決めるようにしましょう。

夫婦合算の収入で申し込む

高齢者の方は、少しでも属性を良くしておいた方が審査に通りやすくなります。ご主人の収入だけではなく、奥さんが働いている場合は奥さんの収入も合算して申し込んでみましょう。

また、親子リレーができるリフォームローンの場合は、親子リレーを選択すると審査に通りやすくなります。

返済負担率を極力下げる

高齢者なのに返済負担率が高いと、返済能力がないとみなされます。他のローンを全て洗い出し、返済負担率が高くないかを確かめましょう。

年収250万円未満の場合は25%以内、年収400万円以上の場合は35%以内に抑えることがとても重要となります。

団体信用生命保険の加入が義務付けられていないリフォオームローンの検討

リフォームローンの中には、団体信用生命保険の加入が義務付けられている商品が多くあります。

高齢者の方は何らかの病気をお持ちの方が多いので、団体信用生命保険の加入は難しくなります。そのため、団体信用生命保険の加入の義務付けがないリフォームローンを選びましょう。

担保型リフォームローンの検討

担保型のリフォームローンは審査基準が低いので、高齢者の方でも審査に通る可能性があります。無担保型は高齢者には審査基準が上がってしまいますので、オススメできません。

リフォーム会社に融資先を探してもらう

リフォーム会社はリフォームをしてもらいたいので、融資先を探す様にお願いすると必ず探してくれます。ご紹介してもらったリフォームローンは、高齢者でも審査に通りやすい商品を探してくれているはずですので、審査通過を期待することができます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
年齢制限を気にせずに借入れができるリフォームローンは、色々あります。60代であればまだ見込はありますので、是非検討してご利用してみましょう。