自営業のリフォームローンの審査基準|収入の安定性

自営業の方は安定性がないとみなされてしまい、ローンの審査に通るのか不安に思われる方もいると思います。自営業者のリフォームローンの審査は、収入の安定性に大きなウエイトを置かれます。

自営業者の収入の安定性とはどのようなことを判断されるのか、ご紹介していきます。

自営業のリフォームローンの審査のポイント 収入の安定性

会社経営者や個人事業主、フローランスなどの、いわゆる自営業者は、その時によって収入に差が発生してしまいます。景気の影響を受けやすい仕事であり、病気やケガとなってしまうと収入が途絶えてしまう大きなリスクもあります。

そのため、自営業者のリフォームローンの審査は、安定した収入が継続的に得られる人なのかどうかを1番にチェックされます。融資をしても最後まできちんと返済してくれる人なのかを判断されるのです。

会社員などの安定した収入を得ている人に比べると、審査基準のハードルはグッと高くなってしまいます。しかし、審査の対象とならない審査基準の高さではありません。会社員と比べると審査の基準が高くなる訳であり、中には年収200~300万円の自営業者でもリフォームローンの審査に通ったという人はたくさんいます。

また、年収が1,000万円を超えてる自営業者でも、その収入が一過性のものと判断される場合は審査には通りにくくなります。例えば、旬の芸能人や人気スポーツ歌手などは、一過性の収入の人と判断され、借り入れを断られてしまうことがあるのはこのケースに該当するからです。

収入の安定性や継続性の判断基準

自営業者の収入の安定性や継続性の判断基準は、直近3期分の所得を年収とみなして審査を行うことが一般的となっております。

一般的な会社員は前年度の収入を証明できる書類を提出すれば良いことに比べて、自営業者は直近3期分の決算書や確定申告書の提出を求められます。また、会社経営者の場合は、本人の収入を証明できる直近3年分の源泉徴収票と3期分の決算書の2つが必要となります。

役員は収入が多いですが、いくら収入が多くても母体となる会社の決算内容が悪い場合は審査には通りません。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
自営業者のリフォームローンの審査の基準は収入の安定性です。収入さえ安定していれば、自営業者だってリフォームローンのご利用ができます。収入の安定性を証明できる書類を提出して、安定した収入を理解してもらいましょう。