リフォームローンのメリットとは

リフォームローンを多くの方がご利用する理由は、多くのメリットがあるからです。

リフォームローンにはどのようなメリットがあるのか、詳しくご紹介していきます。

リフォームローンのメリット

リフォームローンには、このような魅力的なメリットがあります。

カードローンと比べると金利が低い

一般的なカードローンは、借入れ理由に制限がない代わりに金利が高いのが特徴です。実質年率は10%前後のものが多く、それ以上の高い金利を設定している金融機関もあります。

リフォームローンは使い道をリフォームと限定していることにより、カードローンと比べると金利が低いです。銀行のリフォームローンの金利は1%台ものもあり、高くても5%台の低金利となっております。

また、住宅ローンをリフォームローン使う場合はもっと金利が低く、住宅購入と一緒にリフォーム資金のローンを組むこともできます。

所得税の控除を受けることができる

リフォームローンを受けてリフォームを行った場合、ローン型減税と住宅ローン減税を受けることができます。

ローン型減税は、バリアフリーや省エネのリフォームに使うことができます。そして、住宅ローン減税は、様々なリフォームに対応している減税制度です。所得税の減税は適用となる要権があり、それらの要件に当てはまるのかどうかを事前に確認すると良いでしょう。

所得税控除の適用は、リフォーム工事完了後の確認申請にて申告することで減税とすることができます。

担保なしの商品もある

リフォームローンの中には、担保不要で借入ができる商品もあります。有担保のローン商品とは違い、抵当権の設定や保証料金が不要であり、面倒な手続きがないのも大きなメリットとなります。

ただし、無担保リフォームローンの場合は、融資金額が少なく金利が高い場合もあるので、大がかりなリフォーム工事には適さない場合もあります。

不測の事態があっても安心

リフォームローンの商品に中には、団体信用生命保険が付いている商品もあります。

団体信用生命保険付きというのは、リフォームローン返済中に死亡または高度障害になってしまった場合、本来支払いをするべき本人に代わって保険会社が残高を支払うという流れです。団体信用生命保険がついているリフォームローンにすることで、万が一のことがあっても残高の返済に困りません。安心して家族が住み続けるためには、とても重要な保険といえます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォームローンは多くの金額の融資を受けるローンとなりますが、メリットがたくさんあるのでご利用しやすいローンといえます。スムーズに返済できるように計画をして、無理のないリフォームローンのご利用とするようにしましょう。