リフォームローンのメリット|住宅ローン借り換え

住宅ローンを現在ご利用されている場合は、住宅ローンの借り換えにリフォームローンの費用もまかなってみてはどうでしょうか。住宅ローンの借り換えにリフォームローンもプラスすることは、大きなメリットを生む場合もあります。

住宅ローンの借り換えによるリフォームローンのメリットとはどのようなポイントがあるのか、ご紹介いたします。

住宅ローンにリフォームローンを追加しての借り換え

リフォーム費用を住宅ローンに追加しての借り換えは、多くの銀行で対応しております。住宅ローンの残債+リフォーム工事の費用が、銀行が設けている返済負担率を下回っている場合、基本的には問題なく借り換えとすることができます。

しかし、住宅ローンに現在利用中のリフォームローンをまとめるというのは、どの銀行でも行っておりません。

リフォームローンと住宅ローンの借り換えはどっちがお得?

リフォームローンでリフォームの費用をまかなうのと、住宅ローンの借り換えにリフォーム費用を上乗せするのとでは、どちらにメリットがあるのでしょうか。

住宅ローン借り換えローンは金利が低い

リフォームローンの金利は、1%台後半から3%くらいの金融機関が大半です。また住宅ローンの金利は3%台の場合が多く、意外と多くの利息を支払っている方が多くいます。

住宅ローンの借り換えなら1%台の金利なので、もっと低い金利でのご利用ができます。

住宅ローン借り換えローンは借入期間が長い

また、借入期間も住宅ローンの借り換えの方が断然長い期間となります。

住宅ローンとリフォームローンの2つの支払いにせずに済む

リフォームを行う時は、住宅ローンの返済中に行うことが大半であり、別々の2つのローンとなると支払いが大変になってしまいます。

1つのローンとすることで毎月1回の支払いとなるので、支払いが楽になります。住宅ローンの借り換えに合わせてリフォーム資金も一緒に借入れすることで、低い金利でまとめて借入れすることができます。

住宅ローン借り換え+リフォーム費用の借り入れ条件

住宅ローンの残高にリフォーム費用を上乗せして借り換えができる金融機関は、たくさんあります。しかし、利用には条件があります。

りそな銀行を例にとると、このような条件となります。

  • 他の金融機関にて借入れしているご本人居住住宅の住宅ローンの借入開始後、2年以上遅延や延滞なく支払いをしている方
  • 瑕疵責任法人が登録しているリフォーム工事業者、または「増改築工事証明書」を発行することができるリフォーム工事業者が行うリフォーム工事の場合

これらの条件は金融機関により異なるので、あらかじめ確認しておきましょう。

リフォーム費用を住宅ローン借り換えに組み込む場合の注意点

リフォーム費用を住宅ローン借り換えに組み込む場合は、このようなポイントに注意しましょう。

リフォーム資金を住宅ローンの残高に上乗せることで借入金額が億なるので、審査が厳しくなることがあります

そのため、借入金額は無理なく返済が可能な借入額としましょう。

着工済みや既に完了しているリフォーム工事の費用は、融資の対象とはなりません

あくまで、融資審査が完了した後に工事着工をすることが条件となります。リフォーム工事の計画をし始めた時点で、金融機関に相談に行くことが理想となります。

リフォーム資金と住宅ローン融資の実行日は同じ日となるので、リフォーム工事の前金や中間払いなどの支払いに困ることがあります

そのため、融資実行費と費用の支払い費に関しては、あらかじめ金融機関と相談をしておくと良いでしょう。

融資の実行は、工事完了後なっている金融機関もあります。そのような金融機関から融資を受けた場合は、前金や中間支払いは自己資金で支払うなどの別途費用の用意を考えないといけなくなってしまいます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォームローンを住宅ローンの借り換えでご利用することには、多くのメリットがあります。住宅ローンの支払いとリフォーム費用の支払いを一体型ローンとしたい場合は、検討してみると良いでしょう。