リフォームローンの審査基準「年齢制限」とは

リフォームローンの審査基準の中には、年齢制限があります。

年齢制限はどのような内容となっているのか、注意すべきポイントなどをまとめてみました。

リフォームローンの年齢の審査基準とは

多くの金融機関のリフォームローンでは、20歳から60歳、若しくは70歳あたりを限度としている場合が大半です。このように年齢の上限を設けていても、年齢上限の年齢に差し掛かっている方は実際は審査に通りにくい傾向があります。

55歳以下であれば審査に通りやすい傾向があるようですが、それ以降の年齢の場合は完済時の年齢が高くなってしまうことにより、審査に通らない場合があります。そのため、大手銀行のリフォームローンは、年齢の高い方は審査が通りにくいといえます。

年齢制限ギリギリの方はどのようなリフォームローンを選ぶと良いのか

大手銀行などのグレードの高い金融機関は、年齢制限に近づくと審査で足切りされてしまうことが考えられます。

そのような方は、このような金融機関に目を向けてみると良いでしょう。

地元の信金や信組

地元に根付いている信金や信組は、地元の方に多少甘めの審査をすることがあります。

自分がメインで使っている銀行

自分が日頃メインで使っている銀行であれば、多少審査が甘くなる可能性があります。銀行給与受け取り口座や残高が多い銀行に申し込むと、優遇してくれる可能性が高くなります。

高齢者向けのリフォームローン

銀行や信販会社では、高齢者向けのリフォームローンの商品を用意していることがあります。

少子高齢化になってきていることにより、各金融機関では高齢者向けのローン商品を取り扱っているところが多くあります。60歳以上など対応年齢が高齢者向けとなっていますので、高齢者の方でも審査に通りやすくなります。

公的機関

住宅支援機構などの公的機関では、高齢者向けの返済特例制度を設けていることがあります。借入れの申し込み時の年齢が60歳以上と、かなり良心的な内容となっているローンもあります。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
リフォームローンは審査通過しやすいのですが、年齢が高いと審査落ちしてしまうことがあります。年齢制限ギリギリの方は適したリフォームローンがありますので、そちらに目を向けて申し込んでみると良いでしょう。わかりにくい場合は、リフォーム会社に問い合わせてみると探してくれますよ。

年齢制限ギリギリの方は、バリアフリーなどの住宅リフォームが必要となります。リフォームローンを使ってローン費用を捻出して、老後も住み心地の良い住まいを作りましょう。