リフォームローンの重要度が年々高くなってきている「返済負担率」

リフォームローンの審査は、様々な審査基準がありますが、中でも近年重要度が増してきている審査項目が返済負担率です。

返済負担率とはどのようなものなのか、詳しくご紹介していきます。

リフォームローンの近年重要度が増している審査項目「返済負担率」

リフォームローンの借入額を決める際にポイントになるのが、返済負担率です。金融機関の返済負担率の審査基準は、30~35%程度となっています。

借入金額別に返済負担率の基準が違い、おおよそこのような返済負担率の基準があります。

  • 年収が100万円以上300万円未満の場合:返済負担率20%以下
  • 年収が300万円以上450万円未満の場合:返済負担率30%以下
  • 年収が450万円以上600万円未満の場合:返済負担率35%以下
  • 年収が600万円以上の場合:返済負担率40%以下

この様に細分化されていることが、多くあります。

この返済負担率というのは、新しく融資を受けるリフォームローンの分だけではありません。他に借金がある場合は、そのすべてを合算した金額が返済負担率よりも低くなければいけません。住宅ローンも、合算となります。

リフォームローンは返済負担率に引っかかってしまうことで、審査落ちとなってしまう方がいます。リフォームローンの審査に落ちてしまう人は、返済負担率の関係で審査に通らなかった方が多い傾向があります。

事前に計算をして、いくらのリフォームローンの融資なら返済負担率内に収めることができるのかを把握しておくと良いでしょう。

返済負担率シミュレーション

それでは、実際に返済負担率を借りに設定して計算をしてみます。

年収600万円の方の場合で、返済負担率を35%、返済期間を35年で計算をします。他に一切借金がない場合、600万円の35%となるので、年間返済額が210万円となります。金利が年3%の場合、約4,540万円の借入可能額の上限となります。もっと金利が低い場合は、借入可能額も大きくなります。

このような計算は、リフォーム会社でもシミュレーションしてくれます。そのため、わかりにくい方は、リフォームの相談の際に業者に計算してもらうと良いでしょう。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
返済負担率は、リフォームローンのような多くの融資を受ける際にはとても重要な審査基準となります。計算がしにくい場合は、リフォーム会社の方で丁寧に計算してわかりやすく説明してくれます。返済負担率に引っかかる場合は、他の借金を返済するか借入金額を少なくするなどをして、審査に通過できるようにしましょう。