リフォームローンの審査基準|審査に通過する方の特徴

リフォームローンの審査は甘めなので、誰でも審査に通ると思うかもしれません。しかし、リフォームローンの審査では、一定の審査をした上で合否を出しています。

リフォームローンの審査に通過する人の特徴はどのような感じなのか、まとめてみました。

年収が高い

年収が高いことにより、返済能力が高いと判断されて有利な審査へとみちびきます。ただし、自営業等収入が一定じゃない方の場合は、年収が高くても好評かとならない場合もあります。

公務員や大企業で勤務している

勤務先の安定性が高い人は、低収入を見込めて返済が滞るリスクがない人と判断されます。そのため、審査に通過しやすくなります。

融資時の年齢が若い

50歳を超えている人が35年ローンとなると、完済時は85歳となるので審査通過は難しくなります。融資時の年齢が若ければ若いほど、審査通過の可能性が高くなります。

25歳で申し込んだ場合は、35年ローンでも完済時は60歳となります。収入が途切れず、これから収入も増えていく人と審査されるので、審査通過率が高くなります。

夫婦2人に収入がある

今現在の職業というのは、必ずしもずっと働き続けるとは限りません。そのため、収入が途切れてしまうこともあります。

夫婦そろって働いているお宅は、仮に片方が離職して職を失ってしまっても、もう1人の方が継続して働いていれば収入は途切れません。夫婦2人で働いている場合は、審査には大きなプラスとなります。

もし、夫の勤務先に安定性がない場合は、妻とペアローンにすることで審査通過を期待することができます。

住宅ローン以外に借金がない

リフォームローンのような多くの融資を受ける場合、気にすべき点といえば返済負担率です。他のローンと合算して返済負担率を考えなくてはいけなく、他に借金がある場合は返済負担率を上回る場合があります。

返済負担率は、住宅ローンがある程度であれば返済能力があるとみなされます。しかし、他に車のローンやカードローンなどの借金が多い場合は、返済負担率が大きくなってしまい、返済能力が乏しいと判断されることで、審査通過しない場合もあります。

頭金を多く支払う

頭金を多く支払うことで、審査通過しやすくなります。頭金を用意できる人は返済能力が高いと判断されて、審査通過の可能性が高くなります。

吹き出し 右

いかがでしたでしょうか。
リフォームローンの審査に通りやすい人のポイントを良く踏まえて、審査通過できるようにチャレンジしてみましょう。