リフォームローンの審査落ちた|金融機関の審査の厳しさの確認

リフォームローンの審査に落ちた場合は、厳しい審査の金融機関に申し込んでいる可能性があります。リフォームローンは様々な金融機関で取り扱っており、それぞれ審査の度合いに違いがあります。

リフォームローンの金融機関ごとの審査の厳しさを、ご紹介していきます。

リフォームローンの審査に落ちた場合は審査が厳しくない金融機関に

リフォームローンは、様々な金融機関で取り扱っています。

リフォームローンの審査に落ちてしまった方は、審査レベルの高い金融機関に申し込んでいませんか。その場合は、金融機関のレベルを下げて申し込むことで、審査に通る可能性があります。

1番厳しい審査 メガバンク

メガバンクは、住宅ローンの審査と同様に、厳しい審査となっております。そのため、それなりの属性じゃないと審査には通りません。

メガバンクで住宅ローンのご利用やメインバンクとしている場合は、それが加味されて審査に通りやすくなる可能性があります。

メガバンクよりも審査が緩やかなネットバンク

ネットバンクは都市銀行とは違い、専門の店舗を持っておりません。そのため、少し審査基準を緩くして多くの方に融資する傾向があります。

メジャーなネット銀行で取り扱っており、日ごろ口座を利用している場合は審査が緩めとなる場合もあります。

住宅金融支援機構

審査は甘くはありませんが、銀行よりも緩めの審査でご利用することができます。

耐震リフォームやバリアフリーリフォームなどのリフォーム向けの、長期固定金利のリフォームローンを取り扱っています。また、高齢者向けの返済特例のリフォームローンもあり、高齢の親がいるご家庭でご利用される場合も多くあります。

あるいは、フラット35やフラット35(リフォーム一体型)、フラット35リノベでは、中古物件の購入によるリフォームを行う際に知用できるプランもあります。

住宅金融支援機構は金利もお安いので、便利にご利用いただけます。

緩い審査なら信販会社

金融機関の中でリフォームローンに積極的に取り組んでいるのが、信販会社などのノンバンクです。

信販会社といえば高額ローンを手掛けている会社ですが、リフォームローンも主力サービスです。リフォーム会社や住宅機器メーカーなどとタイアップして、金利の優遇などのキャンペーンを行っている場合もあります。

リフォーム工事の内容に合わせたローン商品もあり、該当する住宅リフォーム工事がある場合はリフォーム物件に合った借入額を得ることもでき、自治体の補助金なども受けることもできます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
このように、審査の厳しい金融機関ではなく緩めの審査の金融機関のリフォームローンに申し込むことで、審査通過となる確率が出てきます。よく検討して、再度リフォームローンの審査の申し込みをしてみましょう。