リフォームローンの審査通らない原因|返済比率

リフォームローンの審査通らない原因の中で意外と多いのが、返済比率に引っかかっていることです。

返済比率とは何なのか、詳しくご紹介していきます。

リフォームローンの審査通らない原因|返済比率とは

返済比率とは、別名返済負担率といいます。年収に占める、年間の返済額の割合です。

リフォームローンの審査で、銀行などの金融機関がチェックするポイントです。返済比率が基準を超えることにより、返済負担が重くなってしまいます。返済が滞ってしまう可能性が高くなってしまうので、審査が通らなかったり融資額を減額されることがあります。

近年はカードローンなどのご利用が多くなり、多くの支払いがあることにより返済比率が高くなってしまうことで審査に通らないことが多くあります。

返済比率の基準

返済比率は、金融機関やローンの商品により異なります。一般的に、30~35%程度となっております。

参考として、民間住宅ローンの返済比率をご紹介いたします。

  • 年収100万円以上300万円未満の場合:返済比率20%以下
  • 年収300万円以上450万円未満の場合:返済比率30%以下
  • 年収450万円以上600万円未満の場合:返済比率35%以下
  • 年収600万円以上の場合:返済比率40%以下

住宅ローンの返済比率ですが、リフォームローンも似たような返済比率となっております。年収が高くなることにより、返済負担率の基準も高くなっていきます。

返済比率の計算方法

返済比率は、ご利用するリフォームローン以外の借入も含めて審査金利で計算をします。

年間返済額÷年収×100という計算方法であり、ここでいう年収とは保険料や税金を差し引きする前の支給年収となります。

リフォームローン以外のカードローンなどの借入がある場合は、それらの借入額全ても含めて計算をします。そのため、クレジットカードでのお買い物の借金の残金や携帯電話の端末代金の分割払いなども、返済比率の計算に加算します。

もちろん、他の支払いをきちんと返済しているのかどうかもチェックの対象となります。リフォームローンの審査の際には、ローン会社が個人信用情報機関にて他の借金の内容をチェックします。そのため、他に借金やカードでのお買い物の残金がある場合は、全てチェックし把握されます。

吹き出し 左

いかがでしたでしょうか。
リフォームローンの審査に通らなかった場合は、返済比率を計算してみてはどうでしょうか。年収が低い方は少ない借金でも引っかかってしまうので、意外と該当している方が多くいます。